皆さんいかがお過ごしですか?
私はここ3日ばかり、ブログを書き続けているので、無頼街のこと考えすぎて頭パンクしそうです😂
書きたい事が多すぎるんじゃい!
まっ♪そこが気に入ってんだけどな♪

って事で続き書きます!(長い)
もう要らなくない?って思うけど一応。
草臥さんの事ばっかり見てるオタクの感想です。
ラストに向けて本当に草臥さんの事たっぷり語るぞーーー!

ええと、前回の中編は地下水路に到着したところまで書きましたね。
ここで永流が凶介の蠍に襲われます。
銃で撃たれて三日三晩寝込んで、ようやく動けるようになったら蠍に刺されるの酷くない??www
この時永流が自分にぶっとい何かを刺しますね。(意味深(は?))
血清や解毒剤はまだないだろうし、何打ったんだろう。

凶介が「京の街に火をつけて、その間に帝を掻っ攫う」って言ってるときの動き全部好き😳
掻っ攫うがもうほぼサンタクロースなんだよな😂

「でもにゃー🐱永流はもう、助からにゃい🐱助かる薬はどこにもにゃいんだ🐱」
でた!猫!!!😂隠れ家で「甚五!甚五!」って甚五コールされた時ぶりの猫🐱
猫の手で顔の毛繕いするみたいな仕草(伝われ)が好き😂
ほんで草臥に「てめえ!」って言われたら、にゃ〜🐱って下がるの可愛いけど、その後の一瞬の間がシュールすぎて笑っちゃう😂

「モロチンだよ」とか「だいじょうV」とか凶介の言葉選びが一々古くてダサ可愛い。
「始まり 始まり〜〜」がすっごく歌舞伎っぽくて、このライトな歌舞伎感がたまらんのよ〜〜〜☺️
「甚五じゃねえ!凶介でい!」でピンスポの音ハメかっこよくて気持ちいい〜
凶介って1番歌舞伎感がある気がする。歌舞伎の名残を感じる。

そういえばお銑さんが上手に棺桶押してく時、
めちゃくちゃヒョコッヒョコッて足びっこひいてるみたいというか、跳ねるように移動するの意味あるのかな?
いや急いでるのはわかるんだけど、あの不思議な運び方するのここだけだから気になる。

「お前が蛇蝎を止めてくれ!」って永流に言われて突き飛ばされてから、
草臥が右回転したり左回転してて、クルクルしてるの可愛くて見ちゃうんだけど、
なんであれ回転すんだろね?ファンサービスなの?(違います)
お銑さんと草臥が並んで棺桶押してはけてくのめちゃくちゃ可愛い。いいコンビなのよね〜お銑さんと草臥!

下手で揚羽と永流の手が触れて、慌てて揚羽が手を振り払うのめちゃくちゃ可愛い。
でも永流は手に触れた事に動じてないの。
草臥はめちゃくちゃ女に慣れてる感があるけど、
永流は逆に女に慣れなすぎて超鈍感な気がする。
揚羽が勝手にドキドキして意識するけど、永流は気づいてないんだろうな〜〜〜〜
草臥と別のラインで罪作りなの良いですねーーーーー!

「父親?麗波の事?」って揚羽はどこでその事を知ったんだろう。
秘密主義の麗波が話すとは思えないし、蛇蝎に聞いたの?それとも盗み聞き?

ほんで永流と揚羽が手を握り合って見つめあってるとこ、日が経つにつれてめちゃくちゃロマンチックになってきてません?!www
最初あんなにガッツリ手握ってなかったと思うのだけど、そりゃ「何2人で良い感じに話してんだよ」って言われるよ😂

「おれだじょ」とか「だのに!」とかちょっと古くてダサ可愛いんだよなあ凶介語録…☺️


地下水路
宮野真守がああやって樽に入って川下るのはカチカチ山で免疫があるんですけど、
相変わらず足がチョコンと見えてるのが間抜け可愛い😂この時点で既に黄色の羽織がボロボロなんですよね。

私オペラ座の仮面を存じてなかったので、不思議な歌詞だなあと思っていたのですが、パロだと聴くとめちゃオモロい😂

「闇の彼方にある」の一言目マジで「かっこいい顔」と「かっこいい美声」を作って歌ってるからめちゃくちゃシュールおもろ😂
…なんだけど、宮野真守ガチオタクは軽率にそれやられると、美声にもお顔にもときめくので気をつけろよ…?😭💕

「闇の彼方に"ある"」って"ある"をめっちゃ強調するじゃん?好きです。
「揺れる〜棺桶!」棺桶!の時にめちゃくちゃ前方に迫ってくる。
あれ前方の草臥のど正面(センブロ上手)に座った時、いきなり推しが3Dで迫ってきて「ヒェッ!」ってなったな。IMAX3Dよりも立体でした。(そりゃそうじゃ)


「乗り心地最悪」のさあ、「ご↖︎こー↑ちー↗︎」って首にコマンド入ってるよね😂
「腹が減ったら鯖を煮てやろう」草臥さんの煮た鯖が食べたいの会会長です。よろしくお願いします(?)

清水湊に到着!
みんな大好き生お着替えタイム。
草臥さんの忍者インナーから伸びる、すらっとしてるけど筋肉がある両腕に目がギンッ!👁👁ってなりますよね(こわい)脇毛無いような気がしますけど剃ってますかね👁👁(こわい)

お着替えさせてもらってるのめちゃくちゃ可愛くないですか??
引っかかって、おそでから中々手が出なかったり(可愛い)、
髪の毛ファサって引き出してもらったり、帯巻いてもらう時に手が邪魔にならないように両腕広げてたり、
ずっっっっっっと草臥さんの背中見すぎてて、ここで他の連中が何してたか全く記憶にねえや…😇


次郎長が蛇蝎の考えに乗ったと聞いた時の草臥
「そんな…なんでそんな馬鹿な事を?!」って
最初の「そんな」が泣きそうなお声で胸がギュッとなる。
「そのために京の人たちが犠牲になってもいいのか!!!!」って次郎長親分と頭ごっつんこするとこ、マジで次郎長との距離近くてドキドキしますね🥺
私の頭の中の男子高校生が「きーす!きーす!」って囃し立ててくる(絶対にしません)
2回おでこごっつんこするけど、ほんっと草臥さんの距離感よ、もう、距離感バグ😇

小政に首元に刀突きつけられて「口出し屋ァ」って言われるときの草臥さん、
控えめにいってもお顔顔面国宝じゃない???
前は「…あ?」って声出してたけど最近は声無し。
宮野真守さんの見下ろしのお顔が大好きなので、ここ本当毎回双眼鏡で見て「顔が…良い…😭💕」って思ってます(作文)
その後白目になってるのもセクシーでカッコいい。

「お銑さん出番だ!棺桶持ってこい!」「あいよ!」の阿吽の呼吸😂どこで待機してたの?ずっとそこにいたの??😂

「永流に伝言を頼まれたんだ。その約束が守れねえんなら惜しい命じゃねえ。
さっさと俺をぶっ殺してこの棺桶に叩き込んで、とっとと蛇蝎に引き渡してくれ!」
「さっさと  やれ」
もう、もう〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!このシーンめちゃくちゃ好き!
ブチギレ草臥さん大好き。
「さっさと やれ」のお顔見ました?国宝でしたよね??国宝でした〜〜〜〜〜〜〜!!!!

ここからマジで語彙力なくなります(元から無い)
いやほんと大好きなんです。
棺桶ソングが1番好きなんです〜〜〜〜〜〜😭一晩かかるよ、、

イントロが始まって「いいねいいね〜〜〜〜〜」ってお銑さんの声が聞こえてきて、もうこの時点でテンションブチ上がってます私😂
犬だったらとっくに嬉ションしてるわ🐶

「これだけ死にっぷりのいい男は棺桶屋冥利に尽きるよ。さっさとやっとくれーーーー!!!」
あっお銑さんもテンションブチ上がってますね!www

「無頼街の宿で言わずと知れた」ハッ!って草臥さんの合いの手と全身、ノリノリなの好き〜〜〜〜〜〜😭💕この時点で最高に楽しい、勝ったな!(何に)

「何が棺桶だどれでも同じだ」みたいな事言われて「馬鹿だな棺桶は終の住処さーーーーー!」
から、棺桶の後ろで合掌してた草臥さんがスァ!って前に出てくるんよーーーーー!!!!(スァ!って何語)

ワンフレーズごとに全部感想書きたいけど!!
2番の歌詞は一文字残らず大好きだから2番の話だけは沢山語らせて!!語るね!!!

「人にはあるよ意地ってもんが
だけど返せよ 手の平なんか
ここ一番で自分の気持ち
裏切るようじゃ仁義が泣くぜ」
もうね、全文字好き。
「手の平なんかぅぁぅぁぅぁぅぁーぅっ!」ってめっちゃ高いシャウトしてるのめちゃくちゃ良くないですか????文字で伝えるの無理だな??

ほんでシャウトしたらンベ!😜て口開けて悪戯っ子みたいにベロ出すの〜〜〜〜〜!!
可愛いしかっこいいし脳汁ダラダラすぎて見ててずーーーーっとハワハワしちゃう。
国で保護しようそうしよう。

ほんでよ、ほんでさ、
「裏切るようじゃ仁義が泣くぜ😉」のとこで耳打ちしたかと思ったら次郎長の胸ポンて叩くんですよ!!
次郎長親分の「えっ?😳えっ?😳」って顔しててそっちにも触れたいけど、もうね、草臥さんオンステージ最高すぎて頭真っ白で草臥さんの事を目で追う事しかできない…。


1番好きなフレーズがあるんです。
「嘘つき逃げてきたんだ 俺だって」の部分。
これって、箒衆の事ですよね。若頭の責任から逃げてきたんだって言ってるんですよね。
「嘘つき」って、一体どんな嘘をついたのか深掘りして教えてくれませんか……、、、
ほんでそうやって都合の悪い事からは目を背けて嘘ついて逃げてきた卑怯もんの奏之進…草臥が、今、自分のピンチ、相棒のピンチから逃げずに啖呵切って正面から向き合ってるのが熱すぎる!!!!!!!!😭😭😭💕
マジでこのワンフレーズだけで美味い酒が飲めそう。誰か飲みながら語りませんか????


ほんでこの後に続く言葉が素敵で泣ける。
「世の人の為なんて綺麗事 言う気はないがせめて桶の中
人の道は守ったと笑いたい
どうだあんたの任侠 人が狂うの"人狂"か!!!!」
って叫ぶように啖呵を切ってるのが、爽快でカッコよくて痺れる〜〜〜〜〜〜!!!😭

「人の道は守ったと笑いたい」って、紛れもなく草臥の本心で、人として大事なところは無くしたくない!って叫びが聞こえる…。
ほんっっっっとにこの棺桶の歌の歌詞が好きすぎる。

あと「人が狂うの」で右手で頭クルクルして、
「人狂か!!!!」で右手拳をあげてバシッと決めるの、か、かっこいいいい〜〜〜〜😭😭😭💕

マジで棺桶の歌だけでどんだけ語るの??これでも端折ったんだょ🥺
「蛇蝎とおんなじ、狂った道か?めえさませ!清水次郎長!!!!」心の中でスタオベじゃんそんなの!!😭💕


次郎長親分のおひかえなすって!の長台詞。
めちゃくちゃ余談ですが、私が足で踏むタイプの消毒液踏んでる姿を見た友達に、
「ほぼ次郎長じゃん」「おひかえなすってじゃん」と言われたことがあります😇
腰がひけてるのかしら(余談ってレベルじゃねーぞ!)
いや、おひかえなすっての所はみんな好きだろうしみんな好きな所は特に語ることなくて、そりゃ好きでしょみたいな…、(天邪鬼すぎん?)

あっ!てめえら出入りの支度だ!って出入りの支度してる時の次郎長の足が綺麗です(?)

そういえば全て終わった後って、清水湊で待ってるお銑さんの所に迎えに行ったんだろうか?
お銑さんはここで待っててくれ!って言ったんだから迎えに行くか。
でも戻ってきたら永流だけじゃなくて赤ん坊まで増えてたらめちゃくちゃびっくりするよね?!
お銑さんに赤ん坊の育て方聞いとくれ。多分赤ん坊の育て方知ってる気がする(根拠はありません)

シュッシュの歌の話しますか??
満を辞して感あるけど案外感想はないな(えっ)

棺桶ソングからのサソリコロリが怒涛の歌連チャン。
次郎長親分の歌声美声すぎん??あと笑顔素敵すぎん??
「先生が残してった 殺虫剤 殺虫剤」の後の「アーーーーーーイ!!!😆」の合いの手いつか一緒に言いたい(しません)
私マジでこの時草臥さんの一挙手一投足しか見てないんで、もしかしたら一番歌詞曖昧で聞き取れてないかも。そもそも歌詞出てたっけ?(記憶にない)

「山道 坂道超えたら♪「行け行け〜〜〜向かうは〜〜〜〜♪」(草臥さんの声被ってくるから子分たちがここなんて言ってるか一生わからん)
無頼漢といい、歌で移動しがちね草臥さん。
この先、永久凍土並みに謎に満ちてる。
全然記憶ないなりに文字にしてみますね。
「だって ご褒美の こころ〜〜〜び〜〜き〜〜〜〜」←ここマジでなんて言ってんの????
あっちだこっちだ シュパッパ♪
あっちらこっちら シュパッパ♪×2
「行くぞサソリ(語尾吐息←ここめちゃくちゃ好きなのに歌詞曖昧) 踏んづけ潰して 息の根とめろ
だけど油断はダメダメ♪
蛇蝎(だキャッツ🐱みたいなシャウト)の罠に〜」

シュッシュッシュッとやって♪のとこの草臥さんの足長すぎてスルン♪とした動きが滑らかでちゅき。大丈夫??この説明で伝わってますか?!www
アーーーーー〜〜〜ッから私めちゃくちゃ緊張するんですよ。
投げキスの雨が始まるんで、どこに落ちんの?!?!って。
東京来てから必ず投げちゅが1〜3回くらいはあるのでめちゃくちゃ研究したんですけど、結局F13F14とその前後列が優勝なんですか???
毎回どこにキスが落ちたか研究し続けましたけど、センブロ下手は一回も座ってないので研究しても意味無いんですけどね😂
私が見た時はDとかE1314あたりだったんですけど、噂では最近は後ろめに落ちてるらしい。
お客様の中に投げちゅ研究家の方はいますかーーーー?!
ドセンちゅは必ずあるので、0番0ズレが狙えるF20かH20かな。
個人的には無頼漢の「闇に口出す馬鹿」の0ズレ指差し貰える席が気になってるんですけどE21ですかG21ですか誰か教えて🥺
まあどっちにしろその席番は握ってないけどな!ガッハッハ!
確定ファンサ欲しがりオタクなんで、確定の席を特定しがち😇

ってサソリコロリの歌から脱線しすぎたww
「アーーーーー〜〜〜〜撒き散らして」でキス撒き散らしてると思ってたけど合ってますか???
なんか投げちゅがどこに落ちるのかに集中しすぎて、どのタイミングで投げちゅしてるか記憶にないんですけど本末転倒すぎない??www

ちなみにこれを書いてる今日の公演では4回投げちゅしたらしいですよ奥さん!
よ、4回?!いつもの倍じゃん?!これ千穐楽に向けてキスが増えたら私がお陀仏する😇


「毒虫はお陀仏さ♪」ジャッジャン♪て終わった時にシューーーーーーーーーーーって草臥さんが煙で円を描くんよね。
アーーーーー〜〜〜〜の時もだけどそのシューは大丈夫な煙??喉痛めない??
彼の喉は国の宝だから、プロポリスキャンディーみたいな成分の煙にしませんか??

ほんで操り蟲に操られた百千代たちがきて、
ここはいいから口出し屋行けと言われて舞台奥に草臥が行って、次郎長たちが守ってくれるんですけど、
次郎長たちが戦うまで見守ってるの好きだ。
ドセンだとその時の草臥さんが見えないけど、
次郎長と子分たちの千手観音みたいなポジション取りがめちゃくちゃ綺麗で、でもサイドからだとワクワクして見守ってる草臥さんのお顔が見れるから、
この瞬間はサイドも正面もどっちも違ってどっちも良い。
「次郎長一家 推して参る!」を合図に草臥さんが走り出す!
で走り出したと思ったらお梅一家と遭遇、からの操り蟲に操られた箒衆と遭遇
ここのスピード感というかバッタリ感好き。
最初箒衆たちが正面向いて刀取り出して草臥に向かうのだけど、無表情のつまぎがめちゃくちゃ綺麗で、実はつまぎめっちゃ美人じゃね…?となる。
箒衆は表情筋が発達してないとなれないの??リアクション部門とかあります??

あと何回でも言うけど、操り蟲いなくなった箒衆に対する草臥の触れ方がちょっと色っぽくて優しくて意味深。

てゆーか衣装よ!!
真っ白の草臥と真っ白な永流。
初見の時は「白無垢…?」って思っちゃったけど、そうだとしたら永流が嫁で草臥が婿だなあとか思っちゃったけど!!(あくまで衣装がね)
今ではなんと言うか眩しくて綺麗に神格化しちゃったかのような神々しさが見える。
関係ないけど白衣装の草臥さん、後ろ姿が羽織越しにうっすら青い帯が透けててたまらない気持ちになるのよ。

揚羽の縄を切ってあげるとこ好き!
「大丈夫か?」「礼は言うよ♪」って、揚羽は草臥にはそういう対応なのに、だのに永流にはツンツンしてるんですよねいいねいいね〜〜〜!


永流を見て蛇蝎が、
「凶介が蛇蝎毒を食らわせたって言ってたが、やり損なったのか」って言って、
「蛇蝎毒はくらったよ。凶介は嘘を言っていない!!!」って永流が言った時の草臥さんの表情めっっっっちゃくちゃ好きなんですよ。
この時上手の端に立ってるんですけど、「凶介は嘘を言っていない!」にめちゃくちゃ得意げに、嬉しそうにフン!て上手花道の方に視線やってて、
もうここほんと好き!!!!
なんていうか、人の喜びを一緒に喜べる人ですよね草臥さん…。嘘を言っていないって言われて、自分のことじゃないのにこんなに喜んでくれるなんて好きしかないですけど……😭💕

でここだったかちょっと前後するか忘れましたけど、お梅一家がくるじゃないですか。
で揚羽が「逃げてー!」って言いに来て、ピューッ!って音と共に逃げるの。
その時の草臥さんが「行け行け!気をつけてねーっ!気をつけて!」ってやった後、上手の花道で「ヨシ…ッヨシ…ッ」って静かにガッツポーズしてるのが愛しすぎて苦しい😭💕ヨシ、ヨシ…ッ!はオフマイクでちゃんと言ってた気がするけど幻聴か??
そんな草臥を次郎長と大政さんがジッと訝しげに😒😒見てるのも好きww

麗波が逃げてった揚羽に向かって銃向けて「殺す?」って言ったら蛇蝎が「放っておけ あんな小娘」って言うけど、
揚羽の事可愛がってたから殺したくないんだろうなあ。
中編でたくさん妄想語りましたが、そこにも通ずるセリフだと思います。


「親分たちもだ(逃げてくれ)」ってとこの大股開きと舌ぺろが罪なんですよ。
もー舌ぺろほんと罪。口開けてベーッ!のやつじゃなくてヌロンてやつ。ヌルゥってやつ。あれマジ心臓跳ねる。
親分たちがいなくなってから、上手のそで付近で刀蛇蝎に向けながらチラチラ袖の向こう見てるの好き。
そうなんだよ〜〜〜〜〜草臥さん、ここぞと言う時の口数が少ないけど、いつでも助けられるように見守っていてくれる(この時は見張っていてくれた)んだよ〜〜〜〜〜!!好きだ。

蛇蝎と永流が戦ってる時に凶介が乗り込んで来る。黒焦げサソリの話をして、
「お前の相手は…俺がする」のお顔と声音国宝じゃないですか?!?!?!「俺がする」の「俺」でピクッと眉毛が持ち上がって挑発してるの好き。
ほんで…、ほんで…、え、凶介戦の話しますか……。

凶介の刀踏んで、凶介を振り払うとこの圧倒的強さが好きだ。やっぱり若頭は草臥だったんだな。甚五は期待の星って言われても、永遠の二番手で、草臥には追いつけなかった。
圧倒的な力の差が悔しくて情けないけど、それでも逃げないところに男気を感じるし、そこだけは草臥には負けないと誇りに思ってるんだろう。
草臥が「甚五」と呼び続けるのも腹が立っただろうなあ。今は生まれ変わって、あの頃のガキじゃねえ。あの頃の俺じゃなくて、今の俺を見てくれよと。
「奏之進と甚五」じゃあ奏之進には勝てなかったけど、人を殺すことも覚えて、非道なことも沢山して、「凶介」なら「草臥」に勝てると信じたかったのだろうな。

そんな時に「ケリはついた。お前の負けだ。」なんて刀踏まれながら言われたら、
劣等感と悔しさで頭がカッとなって草臥を挑発したくなったんだと思う。

以前は最初の「俺の命を背負う覚悟もねえのかよ!」の所で草臥さんの心が決まったと思ってたのですけど、

東京に来てからはセリフが増えてよりわかりやすくなったからか、最後の「卑怯者!」で覚悟を決めているような気持ちでいます。

でも「俺の命〜」を受けた時の草臥さんのハアハアと息が荒くなるの、胸がギュッとなる😭😭😭
やっぱりあの言葉がグサリと草臥さんに刺さっているのがわかるから苦しい〜〜〜〜!😭😭
草臥さんにはどの言葉が1番刺さっているのかなあ…

カチャンと刀を凶介に投げて、「…刀拾え」の押し殺した声からもうすでに苦しい。
「決着をつけるぞ 身堂 凶介!」
この時やっと、過去の甚五ではなく今の凶介を見てくれたのかな。
決めポーズがかっこいいのは勿論なんですけど、このセリフから既に涙声の時があって、胸が苦しい…😭

そして凶介が微笑んで倒れる。
「(俺の命を背負う覚悟もねえのかよ!に対して)やれば出来んじゃねえか」も感じますし、
「これでおめえはもう俺の事を忘れることは出来ない」と勝ち誇った笑みにも感じました。
あと、「ようやく奏之進の影を追いかけなくて良い」っていう安堵かな。ここどんな気持ちだったのか木村さんにいつか聞いてみたいな。

一方草臥は底なしの絶望に打ちひしがれている。
呆然としてる時も、泣いてる時もありますね。
「しょうもない挑発に乗って人斬りをしてしまった」ショックと、
「甚五を自分の手で殺してしまった」絶望
さざれ、つまぎの言葉も苦しい。
「骨折り損の草臥儲け これくらいが俺にはちょうどいいんだよ」って笑いますね。

ここ、私は本当に劇団☆新感線憎い演出をするなあと思いました!草臥を草臥れるって読むって、
これその場では気づかないで感想なり考察をした時にハッ!となる事ですよね。
見終わった後の考察の楽しみまで演出出来るなんて凄すぎる。思えば2周3周した時に楽しめる要素モリモリでしたよね。永流の父親の話をした時の麗波へのスポットライトとか。
草臥の事も後から気づくように仕向けられてて、憎い演出だぜ…!

「こいつを 弔ってやってくれ…」
泣いてる時と、力強い時、どちらがお好みですか??
私はマモちゃんの泣きの演技が大好きなので、胸がぎゅっとなるので、泣いてるのを見ると貰い泣きしてしまう😢
マモちゃんの頬から滑り落ちる光の玉が綺麗で、苦しくて、忘れたくないんよな…。
俺はまだやる事があるから、とつまぎたちに頷いて足早に去る時には意志が強くて、
甚五の死を乗り越えた…は違うな。受け入れた感じがしました。
先日、平日に観劇した時にはその下手へのハケの時に膝から倒れ込むように、足がもつれるように倒れかけながらハケていってて、
疲れも勿論あるだろうけど、甚五を殺した動揺で足が言う事をきかなくなってしまってるみたいで、儚げで苦しくて泣いちゃったな…😢

永流と蛇蝎のラストバトル。
といっても麗波の最期のセリフだったり、振り向いて死ぬ話だったりもう既にチョイチョイ話してるからなあ。

あ、永流が麗波の首を刺して「ああ…、いい手だねえ。人殺しの手さ!」って麗波がいうところ、
刺した瞬間は永流笑ってるんですよね。でも麗波の言葉で、うわああああって逃げ出そうとする。
ここの心の機微が素晴らしいなと思います。

手を見つめる永流。それを暗がりから心配そうに見つめる草臥。
草臥、あんなに口が上手いのに、こう言う時に上手い言葉が見つからなくて、心配そうに見つめてるの、情けないね。情けなくて、人間らしくて、愛しいね。

でも心配そうに見ていてくれて、蛇蝎が立ちあがって、麗波が蛇蝎を後ろから打つ時、「なが…ながる!」ってオフマイクでつぶやいて走って永流の元に来ようとするんですよ😭😭😭😭😭
もうほんと草臥さんが好きだ、、、

中編でも語りましたが、「死ぬほど綺麗だ」からの「当たり前だよ、あんたが作ったんじゃないか」の最期の言葉。
私にはイラついて聞こえるんですよね。
最期は、やっと死ねる安堵の笑み。
「生きて生にしがみつくのがそんなに良いかい」って言ってたし、麗波は誰かに殺して欲しかったのかな。
どんなに死にたくても、蛇蝎は命懸けで麗波を救おうとするだろうし、一緒に死ねた事でようやく生から解放されたんだろうな。
蛇蝎も蛇蝎で死ぬほど愛する麗波と死ねて幸せだろうし、もしかしてメリバってやつですか?(メリーバッドエンド:一見バッドエンドだけど、読み手によってはハッピーエンドに見えること)
でも幸せならOKです👍

そしてエンディングへ。
焼け落ちた街の残骸のところにお梅一家が来た時、上手の一番手前のそで凝視しがち👀(視線が先回りして草臥を探しがち)
「でも、おももは元気だぞ😊」
「おももだ❤️おももだ❤️」
ビエーーーーーーーーーーーーーー!!!!😭😭😭😭😭この音源くれーーーーーーー!!!!!
草臥さんのおももをあやす甘い声が可愛くて優しくて、あ"ーーーーーーーーーー!!子供に優しい草臥さんッッッッ好きーーーーー!!!!!😭😭ってなる。
なんなんそのデロデロに甘ったるいお声、可愛いという次元じゃねえぞ……
「おももだ❤️おももだ❤️」
はい、リピートアフターミー。
「おももだ❤️おももだ❤️」(何)
世界一尊い4文字じゃん。
おももだ❤️に動揺してたらいつの間にかお梅一家ハケてる気がする(動揺が長い)
「今度会った時はたっぷりなんだか煮食ってもらうよ〜」
「えー?🤭冗談じゃねえよっ!」
「はい!冗談じゃねえよ饅頭追加!」
この関係いいよね〜〜〜!っていうかさ、イチャモン丼、なんだか煮、ふざけんな焼き、冗談じゃねえよ饅頭ってなんか定食出来てない??ww
この店の定食、結構品数豊富なんですね〜じゃねえわ(?)

「俺は背負ってくぜ、甚五の命を。」
背負ってくのは、死じゃなくて命なんだね。ていうか、「俺の命を背負う覚悟もねえのかよ!」という言葉がずっとずっと草臥に突き刺さっているのだと思う。
良かったね、甚五。
永流の「お前は強いな」を受けて、
「おい〜😭」←これめちゃくちゃ可愛くない?!めちゃくちゃ泣きそうな情けない声出してない?!?!

「もう会うことはない…」(涙の別れ)
ってした数秒後に「草臥、どうしよう…🥺」って赤ちゃん拾うの前言撤回早すぎて可愛くない??😂
咄嗟に頼るのが草臥なんだな〜
永流って全部自分で抱え込みがちというか、自分で解決したがりだと思うんですけど、
困った時に咄嗟に草臥に頼ってるの、心を許してる感じがとても可愛い🥰


「〜〜〜ッ仕方ねえ、俺たちで育てるか!😊✨」がマジでマジでマジで好き。
めちゃくちゃマモちゃんみを感じてしまうのは私だけ??
そうなんだよ〜〜〜〜!マモちゃんって突き放さないで「一緒に」って言ってくれる人なんだよ!!!!
当事者になって、一緒に頑張ろうねって言ってくれる人なんだよーーーーーー!!😭😭
ってワーーーーーーー!って好きが溢れて胸がいっぱいで泣きたくなるんだけど、偶然なのかな、それとも当て書きだから??
役と本人を一緒にする気はないけど、
めちゃくちゃこの言葉の懐の広さと当事者になってくれるとこに心が打ち震えたわ😭

「育てられるのか、この血まみれの手で…」
「…どんな手でも!人の手だよ」
ここの声が、優しさも強さもあって、でも弱さも抱えていて、胸がぎゅっとなる。草臥さんの涙を堪えるような声が刺さりすぎる。

「俺は口出し屋!お前は!!!」
「……………………」
「………医者だよ。」
の間のコクッ!って頷きですら泣いてるように見えて、もう全部切ない。
「どんな手でも、人の手だよ」も「医者だよ」も「麗波とは違う。お前はお前なんだ」って言ってるみたいで😭😭
草臥さん、口出し屋でお喋り上手なのにこういう時口下手というか言葉が足りないの愛しすぎる。

でもきっと、「嘘つき逃げ出す」ことはもう辞めたんだよね。不恰好でも言葉が足りなくても、嘘つくことなく、正面から向き合ってくれる気持ちになったんだなあ、ってそこでもグッときますね。

「ああ!!!!そうだな!!!!!」のクソデカボイスと全開笑顔めちゃくちゃ感動するしこの2人ならどんな困難でも乗り越えられるよって思う!!!

「よし!そんじゃあ…行こうぜ!!!!!相棒!!!!!!」
ここで無頼漢かかるのあまりに天才すぎない???????アニメのEDじゃん。
いつもOPで聴いてるあの曲が最終回のEDで流れてて、その後のキャラクターたちの生活が流れるアニメの最終回EDじゃんんんんんん!!!!
カテコがEDってあまりに最高すぎないか?

いやーーーいいもん見たなーーー!って爽やかな気分で帰れる作品だと思います。
まあ…ね、このカーテンコールが最高に楽しいしマモ蒼の生歌デュエット聞けちゃうしね、話したいこと山ほどあるけど、
とりあえず本編の話はここまで!!!

語彙力なくて読みにくい文章だったと思いますが、
所々考察というか妄想挟んであってややこしかったと思いますが、
最後までお読みいただきありがとうございました!!!😊✨








……





……




無頼街終わっちゃうのやだよーーーーーー!!!
一生見てたいよーーーーーー!!!



ビエーーーーーーーーーーーーーー😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭

えっ中編?って思いましたか?私は思いました😂
どこまでいけるかな。地下水路まで行けたらいいなと思うけど、撃たれるとこまでで終わったらごめんなさい(フラグ)

前回に引き続きほぼ可愛いと好きしか言ってない草臥をウキウキウォッチングしてるオタクの感想を書きます。
こちらは二幕。戯曲本未読です。
※今回妄想多いのでご注意ください。(今更感)


また幕が上がる前の話なんですけど(またか)、
ピュルルルルルって鳥の鳴き声みたいな音が鳴って始まるじゃないですか。舞台上は暗転。
この時、頑張って目を凝らすとちっちゃい影、1番おっきい影、中くらいの影が下手から上手に早歩きで出てきます。
早歩きなんだけど、先頭がテクテクだったら、真ん中がスゥ〜スゥ〜みたいに歩数が違うのが頭の動きでわかるんですよ😇
コンパスの差にときめきの導火線着火ですよ。
あと追い越さないようにちょっと歩きがゆっくりで、足の長さを感じて僕は私は…、、


ほんで幕が上がる。
「熱いから気をつけろよ」「美味いか?」「ほら、気をつけろって言っただろ〜」は組み合わせで言ったり言わなかったりかな。
さざれをニコニコしながら見てる草臥さんにときめき(まだ幕は上がりきってません)
いつも思うけど私ときめくタイミング早くない?!?!幕が上がる前の話が多くない?!?!


つまぎをふいに見て、あって顔をして、指でチョイチョイ、ヒョイパク…という流れを、
ドヤ顔とかじゃなくてめちゃくちゃ自然にやってて、
ヒョイパクした後、つまぎの顔確認しないのなんなん〜〜😭💕〜〜このモテ男〜〜〜〜😭😭すきでーーーーーーす!!!


そういえば一度だけ3階から見ましたが、鍋の中身ちゃんと入ってるんですね。(鍋の中身の絵がついた板みたいなやつ)芋浮いてたわ。


で、永流が出てきてお話。
「俺も忍だ。暗殺の技はそれなりに知ってる。…でもお前らのは、ちょっとケタが違う。」
暗殺の技は"知ってる"ってことは、
「俺も忍だ。それなりに暗殺もしてきた。」とかではないから、やっぱり知識だけなのかな。泰平の世だったしね。

…ってことはですよ。草臥が「初めて殺したのが甚五」だったりしますか?
もしそうならしんどすぎてオタク、碇ゲンドウのポーズになっちゃうんですけど。


狼蘭の話があって、ここの匙の使い方天才的だよね。
「やっと俺は毎日が楽しいって思えた。」がしんどくて涙脆いオタクもう涙目なんだが?
「呑気に鳴り物かついで、ブラブラするような生き方をしてもいいんだな〜と思った。…見本もいたしね。」
「そんな奴がいんのか。気楽なもんだな〜顔を拝んでみたいぜ」ってさーーーー!!前はチラッと永流と目を合わせてクスクス笑ってたのに、いつからか顔も見ないで笑ってるじゃん?!?!
お、大人の会話だーーーーーーーッ!
チラッともしないの、めちゃくちゃ大人の言葉遊びみたいでシビれる…ちゅき。

甚五が目を覚まして、みんなに「甚五、甚五!」って言われてチョリッスみたいなポーズ取るじゃん?(伝われ)
あのとき、最後の「甚五」の時だけ猫のポーズするんですよ。
これさー、毎回必ずやってるけど、そこにいるのは「甚五じゃなくて凶介」って事ですよね。
フラグをあちこちに散りばめがち。

「蛇蝎が軍資金を使い切る前に取り戻さないと」って話してる時に、永流と草臥がコソコソ話をしていますが、
何回か聞き取れたんですよね…、なんだっけ。
「お前が言えよ〜」「いやお前が言えよ」みたいなのだった気がする。
なに、電車でお年寄りに席譲るのにひじ突きあってる中学生なの??って思った記憶があるので。
ここ多分日替わりでしょーもない話をしてるんだと思いますwww😂

甚五の想い吐露、結構切ないですよね。
めちゃくちゃ草臥に懐いていただろうし、それだけに一人ぼっちになって、草臥とも比べられただろうし、憧れていた草臥が逃げて、悔しくて心細かっただろうな。
ああちいせえよのとこ、クスクス笑いが会場から起きても私ここ苦しすぎて笑えないのよ。
箒衆から逃げ出して、みんなが自分の向こう側に草臥を重ねる事なく、ようやく自分らしく生きていこうって思った矢先にまた草臥に出会って、
草臥は凶介よりのびのびと暮らしていて、仲間も沢山いたら甚五のプライドもズタズタだろうな。
で、身堂一家として手柄を立てて自分を見て欲しくて頑張っても全部空回りしてて、凶介が哀れすぎる。
そういえばパンフレットの木村了くんのページに、
「身堂一家の中で、自分はみんなに認められてると思い込んでいます」って文章があるんですけど、そう言う事ですよね。


蛇蝎と麗波が登場して、この子が匂いを辿ったんだよのとこ。
ぴょん吉から始まって色んな名前がありますよねさし蔵とか、ヒロシとか。
名前をつけて可愛がってるサソリ(しかも匂いを辿ったやつ)をぶん投げてぶつけるなんて、さすが麗波外道がすぎる。
ていうか、そのサソリ、麗波が殺した男の名前だったら面白いな。今のところオスしかいないもんね。
まあお笑いパートにそんな業の深い話入れてもアレなんでアドリブなんだと思いますが。

草臥が作った鍋を蛇蝎が食べて「お前も食べるか?」「いいよぉアタシは」「そうか?美味いのになあ」って会話してますが、
さざれも、つまぎも、永流も、凶介も、蛇蝎も美味しそうに食べる草臥さんのお鍋私も食べたい。
きっと草臥さん料理上手だから鯖を煮ても美味しいと思う(?)
ていうかここで麗波が食べないのは、誰のことも信用していないからですよね、多分。
草臥が毒なんて入れるわけはないって考えなくてもわかるけど、自分以外誰も信用してないから城を爆破する計画とかも誰にも蛇蝎にさえ言わないし、他人の作った料理も食べないんだろうなあ。


麗波が永流の父親だとわかるわけですが、
ここの草臥さんのびっくり顔、遠くから見てもお目々おっきいし、近くで見ると顔力すごくてビビりますよねww
きっとあの月の夜を思い出してるんだろうなあ。どこまでいっちゃってたのかこっそり教えてくれないかな(無理です)

「バカバカしいでしょ」で毎回結構な人数の笑い声が聞こえるんだけど、なんでここみんな笑うの??🥺
「奔馬性蛇蝎毒」の名前が出た時と、この「バカバカしいでしょ」の時に起こる笑いが、
今だに全く理解できないんですけど何か元ネタでもあんの???

「てめえこの場でたたっきって殺すつもりだったんだよ」のとこでビビってハアハアしてる草臥さん好き。
いくら暗殺の技知ってても、誰かと刀を交わしていても、「本気で人を殺す人間」に出会う事はあまり無かったのかな。
草臥さんって完璧なわけじゃなくて、どこか欠点があるのが人間らしくて好きだ。
みんなチャンバラごっこのように斬り合う時代でも、「人を殺す人間」に会わないですもんね。(ちんたが中々手出せないみたいに、人を殺すのって覚悟のいることだ)
って考えると次郎長親分、あんたはすげえよ…。


蛇蝎と麗波の出会いの歌。
ここからちょっと妄想を語りますが(いきなり?!)、
蛇蝎って本来は人を殺す事に乗り気ではない気がします。
1幕冒頭の親分殺しの時も、賭けの時も、人を殺す時には必ず側に麗波がいるんです。
次郎長親分のとこに1人で行った時は丸腰でいって、人を殺さないで自分の言葉で説得しようとしてる。
だから、麗波へのアピールというか。
「お前の望み通り人を殺しまくるから、だから俺を愛してくれ」って言ってるみたいなんですよね。
揚羽を愛し、麗波を愛し、なんか、蛇蝎って狂ってるように見えて実はすごくまともで、ただ愛に生きているだけに見える。
反面、麗波はずっとイラついて狂ってる。
本当はあの時死ぬはずだったのに、「…生かした」のはこの男蛇蝎で、いつ死んだっていいけどせめてこの世を地獄に落としてから死にたい。
「当たり前だよ、アンタが作ったんじゃないか」って最期の言葉が最高に苛ついてますよね。
っていうか「…生かした」の「…」に不本意なのが出てる気がする。3点リーダに感情を求めがちなオタクは誰だ〜〜〜い?
あたいだよ!!!!!!!!!!!!

深陰童子(漢字に自信がない)と狼蘭の男が戦うじゃないですか。
その2人の間に蛇蝎が階段を降りてくる時、狼蘭の男が片手でニンニン!てして蛇蝎が前に出てきたら2人が戦っててウオーーーーー永流の血筋ーー!!ってなるよね。
っていうか説明するのに片手でニンニン!なんやねん語彙力無さすぎやろ😂

草臥さん、壇上の蛇蝎の事見てんのかなって思ったら、深陰童子と狼蘭の男の戦いをぼんやり見ていて、
白いスモークの向こうでも、暗闇でも、明るく輝く黄色の羽織が愛しくて胸がキュッとなっちゃったな(?)

「俺は愛を見つけた」って言ってるの蛇蝎だけなんだよなーー
「こいつとなら永遠に斬り合い殺し合いたい」は麗波も歌ってるけど、そうか、麗波は「愛して」はいないんだな。なんなら蛇蝎への憎悪すら感じるよ。
「悶え狂う愛が私を殺し そして…生かした。」って悶え狂う愛って蛇蝎側の一方的な愛だよね、何がなんでも生かすっていう執念。
っていうか着替えながら歌ってるのに麗波の歌声揺れないの凄すぎませんか????
普通動きながらだと声揺れない???

妄想ここまで。

「帝殺しの追手の目も誤魔化せる」って盆が回転しだして、
それまでぼんやりしていた草臥さんが、ハッと「女にするって?!」って刀振りながら言ってるの可愛いよねーーーーー!!!!
可愛いか好きって言うか妄想するかしか出来んのか私は。
階段の上って幕が降りてくる隙間が結構広めにあって、「顔作りの法」って言いながら蛇蝎が一歩踏み出して隙間を跨ぐ時、絶対そこぼんやり見守っちゃう😂

「狼蘭が行くところに必ず死人が出る。それがアタシたちの運命だ。あんたも同じさ!」カン!って音と麗波が段差に片足かけるのめちゃくちゃカッコ良くない?
「それは…、」
「それは違う!!こいつはあんたの教えで医者になった!人を救う道を選んだんだ!俺も助けられた…」
ってさーーーーーー!!躊躇なく麗波の間に入れる草臥さん、やっぱり心優しくて強いよ…、ここ大好き。

説得が上手い口出し屋の草臥の言葉に一つも揺さぶられない麗波はやっぱり壊れてんだよ(草臥過激派)

「おっと!大人しく捕まる俺たちじゃねえ!」
「無理だ草臥この2人相手じゃ逃げ場は無い」
「ほんとに??🥺」のお顔可愛すぎない???
テンポがコントで面白いわお顔可愛いわで直前まで切ないわで情緒ぶっ壊れますが???

で、次郎長親分にシーンが移って蛇蝎の歌。
丸腰の話とか上の妄想パートで語ったんで言いたいことは特に無いんですけど、
錦の御旗の歌、最近蛇蝎がめちゃくちゃアホっぽく歌ってるんだけどなんで??ww
アレ渋くかっこよく歌ったらめちゃくちゃキマるのになあ。ヘルメットグラサンのカラフル小僧が出てるのオモロ可愛いけど「お前ら誰?」感すごいよねww
次郎長親分のとこに麗波連れずに一人で来たのもなんというか、殺したく無いんだなって思っちゃう。麗波に内緒で来たんだろうな。
麗波がいたら「全員殺せばいいじゃないか」って言われそう。


立派な御殿を作る歌からの手鎖とはな〜のとこ。
高壱と仲良しすぎない??お梅さんに叱られて兄弟が永流にお礼を言うとき草臥めちゃくちゃニヤニヤしてて可愛い。そのあと高壱揶揄っててめちゃくちゃ可愛い〜〜仲良し🥰

揚羽のお話。
「親父様」と「麗波」って呼び名からも感じますけど、揚羽は麗波の事が嫌いなんだろうな。
蛇蝎と麗波の事を「アタシはあの2人に救われたの」とは言ってるものの、きっと助けた時に麗波は「殺す?」とか「操り蟲を入れよう」とか提案してそう。
それを、蛇蝎が阻止してくれたりとか。アッ妄想ここまでって書いてたのにまた妄想書いちゃった😂
妄想ついでに、麗波も揚羽の事邪魔な小娘と思ってそう。麗波と揚羽の間を取り持っていたのが蛇蝎なんだろうなと思います。
「親父様はアタシの境遇を面白がってくれた。蛇蝎一家の娘という新しい人生をくれた。」って言ってますけど、「2人に救われた」のにその後の話は蛇蝎だけなんだもんね。

時を戻そう。

「アンタの仲間にピカピカに掃除させっからね!」
「あっそれで助けてくれたの ありがとう」のとこ可愛すぎて面白すぎて毎回笑っちゃう😂
あと推しに甘いので「お礼言えて偉いでちゅね🥰」ってなるのどうにかならんか?私の脳よ。
それでいうと「何がしかの役にたちゅ」も可愛ちーーーーーーのよーーーー!
「蛇蝎がアンタを人質にしたいだけじゃないか?」のニヤケジロリンのお顔😏も好きだし、ピョンって揚羽の隣くるのさーーーそんな事したらまた女が惚れるわよ…距離感バグちゅき…☺️

「蛇蝎一家の暮らしは…〜〜〜ッ楽しい!」って大の字になる揚羽めちゃくちゃ可愛いよね。あの言い方好きなんだよなあ😳

「(永流は清水湊で次郎長親分に会ってくれ的な事を言って)俺は江戸に戻って幕府に報告する!」
ってドヤ顔めちゃくちゃ好きなんですけど、幕府戻れるの??いわば抜け忍なのに??
現代でいうとバックれた職場に給料取りに行くようなもんじゃない??強心臓すぎん???
それとも自分の話術で丸め込めると思ってるのかな…☺️(好き)

撃たれてからの手術のとこは全部好きなので敢えて割愛(えっ)
お梅さんちの襖、梅柄なの芸が細かくて好きだ。

で、朝チュン
羽織り脱いだ草臥さん、身体つきの良さがわかって好きだ〜〜肩幅とか小さくて位置の高いお尻とか羽織りの無い草臥さんを堪能する(どこ見てんの)
お顔洗う時パシャパシャ水音が追加されてますね。
お梅一家が井戸周りにいますけど、とめ蔵がピーちゃん🐓に餌あげてますけど、餌って卵なんですか??卵山盛りのカゴつついてますけどwwww
金塊のありかの話してる時の卯の吉に絶対笑っちゃうんだけどwwww😂卯の吉の事大好きすぎる😂

「なんでお前がここにいる!何を馬鹿なことを!」って言われた草臥さんの苛立ちとため息と…ここすっごい好き。
「馬鹿な事してるつもりは、無いんだけどね」があまりに好きすぎる。
大抵は「よっぽどマシなんだよ、俺には」の時みたいな優しい、言い聞かせるような言い方なんですけど、
一度、「馬鹿な事をしてるつもりは、無いんだけどねえ!!!!」って苛立ちを爆発させてる時があって、
「同じセリフなのに、その時の感情で年長者がダメな弟に言い聞かせるようにも、喧嘩してるようにもなるんだ!!!マモちゃんすごい😭😭😭😭」となりました。

「馬鹿な事をしてるつもりは、無いんだけどね」の声音の中にある感情をみるのが好き。
吐き捨てるように呟くように言ってた日もあった気がする。幻聴か?

あと「曖昧にしといた方がいい事もアンだよ」の「アンだよ」の言い方好きーーーーー!!!
やっぱり好きしか言えない私であった。
棺桶跨ぐ足が長くて尻が小さいんじゃい…。

ちょっと前後しますが、永流と揚羽が会話してる時(「その言い方、スッゲームカつく!」のとこ)、考え事して「ん…?待てよ?」ってお顔好きすぎるが?
「蛇蝎が持ってる金塊の隠し場所!…わかるか?」の言い方かっこよ!!!!
自分の手柄にするつもりないのに、こんなニヤリ顔するんだ。かっこいいなあ。

お銑さんに手出されて「んもう!」って手をピシ!ってして荷物取りに行くとこすき!!
あそこの悪戯っ子みたいな顔が可愛い🥰

んで地下水路!!
地下水路に来る時の草臥さん、マジでいつもよく間に合うよね??
だって棺桶に座ってる状態→
下手に下がるの同時に幕が降りてきて地下水路に→
揚羽に先導されて棺桶押して出てくる→
もう羽織り羽織って、鳴り物担いでる
ここマジで数秒しか時間なくない???
棺桶から出て羽織り羽織って髪の毛巻き込まないように鳴り物担いで、棺桶押して出てくるのすごく無い???
その前の手術後に羽織り脱いで首から手ぬぐいかけて寝起き風で出てくるのも時間ないし、草臥さんシビアなお着替えしがち。


あ!!!最初の目標の地下水路まで行けた!!😂
後編は…、お歌の話が一晩かかるのと、凶介戦語るのに一晩かかるので、三つにわけても文字数足りない気がする😂😂

神州無頼街も東京公演後半戦。
ライブビューイングも終わったところで、感想とかを書いてみようと思います。
こちらは1幕の話をします。例のごとく「ポニョ、草臥、好き〜〜〜〜〜〜!!」って感じで草臥さんばっかり見てます😂
※戯曲本未読です。

まず幕が上がる前の話になるんですけど、今回幕が透けていて、会場に入ると幕の向こうがうっすら見えるんですよね。
センターに浮かぶ「ふじつぼ」の文字。BGMが大きくなって、一度客席が真っ白に照らされて、プルルルルルル音が鳴って始まるわけです。
このプルルルル音のした時に、毎回草臥さんが暖簾の向こうで上手から下手(大政さんの方)に行って、上手の立ち位置に戻ってくるんですけど、
マジで何してんのアレ???????www
一瞬見覚えのある草臥さんのカラフルな着物とおみ足がタン♪と軽やかに通るんです。
始まる前も注目してると楽しいので、お試しあれ😂

ほんで幕が上がるわけですけど(草臥さんの待機の影が可愛い(?))、
始まるなりいきなり草臥さんが飛び出してきて、動きも表情筋も表現豊かな草臥さん!ww

「そこで(ウフッ)草臥さんの出番てぇワケだ」
の高めの(ウフッ)が可愛すぎて「カッッッッッワ😭💕」ってなるんですけどわかってくれる人いますか??(「そんなやつは、いねえよ」って幻聴が聞こえる)
草臥さんの軽やかな高速ターンが好きof好き。

「大政兄貴に足りねえ愛想を補って」
「勝手に清水一家の子分みてえな顔しやがって」
とかのワードや、当たり前のようにふじつぼから飛び出してくる事からも分かる通り、草臥は愛想と口先だけで清水一家の子分みたいな顔してお駄賃をもらって生活してきたんですね。何歳だかわかんないけど子供みたいで可愛い。
「口下手でしょ?」とか「足りねえ愛想」とかその気安い友達みたいな距離感好き。でも憎めないんですよね〜〜可愛いなあ〜〜〜!(ウェイトレスの感想を読んだ方ならわかると思いますが、私の文章は可愛いが9割を占めています)
大政兄貴には気安いのに小政には「これ使ってください」って敬語でお水差し出すのって、もしかして小政には一歩引いてるの??可愛いね?🥺

宴が始まって身堂一家全員登場しますが、家族全員で来るの仲良しで可愛いね?遠足か??😂
凶介も揚羽もかっこいいし可愛い🥰麗波歌上手くてビビる😳
揚羽ちゃん、目頭にピンクのラメがついてて、キラキラして可愛い。ギラギラメイクが好きなオタク「なんのラメ使ってるの〜??可愛い〜!」って思わず女子トークしたくなっちゃう。
お梅一家の三男が酔っ払いの親分として出てますよね。ほっぺが赤いの、子供と酔っ払いで共通の表現出来るんだねすごいね(?)
死の舞踏シーンで逆立ちになってる人毎回見ちゃう。あれ視線が吸い寄せられすぎるけどダイソンか??


永流を連れてふじつぼに来る時の、草臥さんの可愛い裸足を満喫タイム(?)からの凶介との初対面。ここの殺陣のスピード感がすっごい好き!
「見忘れたか?俺だよ、幼馴染の」で遮られるわけですけど、本来続く言葉は「奏之進」だったワケで、上手い切れ方だよなあ。


ほんで永流とのやり取りがあって無頼の宿に向かうのです。
このやりとりの表情の豊かさ可愛いのと、草臥クンと読んでくれって言われた永流のうるうるお目々🥺が可愛いww🥺←マジでこの絵文字通りの顔するんだもんww
あと鳴り物実際に弾いてるの好き🥰
無頼漢が始まる時の圧倒的なアニメOP感好きなんだよな〜〜盆が回って、そこを歩いて旅してるのほんとアニメのOP。
「死ぬまで後ろは見ねえ」って終わるわけですけど、確かに凶介と麗波は死ぬ時に後ろを振り向いてますね。
蛇蝎はどうだったかな。振り向いてたと思うけど毎回かは自信はないな。
多分考えすぎだと思いますけど、あー確かに死ぬ時は後ろ(というかこっち)振り向くんだなあって思いました。(作文)

無頼街に到着!
ここで、子持ちの女とお梅一家の子供たちが博打をしていますが、博打で負けた女が無い銭の代わりに子供を賭けます。
この時の赤ん坊が最後永流が拾うんだと解釈していましたが、これって今までは匂わされてはいたけど確定ではなかったんですよね。
でも、ビューイングでここのシーンがかなり強調されて映ってたので「やっぱり賭けの子=最後の赤ん坊で確定なんじゃん!!」と密かにテンションぶち上がりました😂
てゆーかお梅一家の子供たちと女だけで博打してるの、カモる気満々すぎる😳6歳の子までイカサマ賭博に参加しないといけないとは、流石無頼の宿。


ここのシーンで無頼街に着いた時の草臥と永流が何してるのか見るの、全人類好きだよね???
草臥さんその時々で、遊女の腰抱いたり、えまにえる入ったり女に串食べさせてもらったり、酒飲んだりしてますけど、
草臥さん女に慣れてるよね〜舌ぺろいっぱいしてるし"自分の魅力をわかってる感"が大好きなんですけど、
箒衆って草臥と凶介しか若い男がいなくて、草臥が若頭って事は跡継ぎ問題とかあるだろうし若い時から女抱きまくってそう。
後ろからさざれの肩ぎゅってしたり、つまぎの口元ひょいパクしてるのとか見てるとね〜
操り蟲いなくなった箒衆たちへの触れ方とかね、草臥さん全員抱いてそうだなって(やめなさい)
にしても、ワーワー賑やかな女たちに囲まれて育ったから、落ち着いて色気のある麗波にドキドキしちゃうのも頷ける。っていうか甚五と奏之進と女たちで賑やかにワーワー過ごしてるのめちゃくちゃ楽しそう😂
草臥が男女問わずへの距離感がバグってて触りがちなの、処世術に長けてるっていうかそうやって人の懐に入り込んで生きてきたんだろうな〜〜〜〜好きでーーーす!!

あとなんだか煮を注文して食べてる街の人がいるので、街の人には受け入れられてそうです。
草臥が食べさせて貰ってる串ってふざけんな焼きですよね。卯の吉が焼いてるやつだし。ふざけんな焼きの銭は取られたのかな😂
こうなってくると、いちゃもん丼が気になってくる😂



お梅一家の名乗り、情け無用の高壱から御陀仏とめ蔵まで段々適当になってるの子沢山って感じで好き😂
とめ蔵が12から6になった件ですが、元々6だったんじゃないかな〜とめ蔵の武器ってでんでん太鼓だけど、12歳がでんでん太鼓で遊ばんやろ…とは初めて見た時から思ってたので、6つになってしっくりした。
名乗りもそうだし井戸のとこでもそうだけど、卯の吉が一番アドリブ楽しんでて見てて楽しい☺️

「こいつぅ「うぅ〜」」が好きすぎる😂
うう〜って言いながらビビってる顔がso cute 
お梅さんの「こいつぅ」と「うう」が被っててめちゃくちゃ面白い好き😂


お梅一家の腹痛のシーンで草臥さん、端っこでゴクゴクぷはぁしてるのめちゃくちゃ可愛くないですか??
なんだか煮で酷い目にあったのにお梅さんの事心配なんだろうなあ、性格が出てて好きなシーンです🥰

凶介の取り立てシーンからのお歌。
お歌はもちろん好きなんですけど、軽やかステップでジャーン♪て曲始まるとこ好きなんですよね。
直前まで「見てらんねえ」って首振ってるのに、思いついた♪までぜーんぶお顔に出てるの好きだ。
「見てらんねえ」の首振り、蛇蝎の賭博でもしてますけど、そういうのに心痛めてる草臥って優しいね。
よく御庭番出来たな。泰平の世だったから、暗殺の術は知識としか知らなかったのかな。
歌い終わりの真顔のヌルンとした舌ぺろで毎回ピッ😭💕ってなるの私だけじゃ無いはず!草臥さんの舌ぺろで毎回ドキドキしとんねん。

麗波が登場しますが、「貴女にピッタリな出来立ての棺桶」貰って嬉しいんか??「まだ死んでねーよ」って言われない?なんで麗波ここ喜ぶんだろうね🤔
麗波に今夜部屋に来てって言われるくだり、草臥さんめちゃくちゃえっちな顔しません??
「上に立つなら陽気に賑やかに。でも色気が無きゃね?」って言われる時に「あっ💕あっ💕」ってなってるのも大好きだから、絶対双眼鏡でお顔見ちゃうので、永流が聴診器で聞き耳立ててるの知ったの結構後になってからでしたwww😂

棺桶宿屋のくだりがあって、麗波の部屋のシーン。
歌詞がまた良いんだよね「月が零した光の蜜 睫毛を濡らすせいなの? 困ったものね 今夜は無性に恋がしたくなる」麗波の詩人〜〜!
草臥が「炎が見えるぜ お前の瞳に 激しく踊る紅蓮の火が」って歌うわけですけど、蛇蝎も麗波の瞳に惚れたと言っていましたね。「麗波の瞳」って物凄く吸引力があるんだろうな。ダイソンか???(2回目)

もうこの2階のシーン好きすぎて絶対双眼鏡使っちゃう。
色っぽいんだよ〜〜!目つきも、手つきも、舌遣いも全部が色気爆発してる。あと汗でビッショビショで風呂でも入ったんか?ってくらい汗ビショ愛しい🥰
最初にチューしようとして麗波に躱されて口元押さえるのがまた可愛いんですけど、セクシーなのキュートなのどっちも好きです(?)
「とてもあんな息子がいるとは思えない」「どうでもいいでしょ?そんなこと…今は」
この時笑みながら言ってるのに麗波の言葉で緊張したように表情かたまるの、いやーーーー好きですねーーーー!

操り蟲で苦しんでからのトロンからの狂い笑いの怒涛の展開。
草臥さん、操り蟲が入る前は上ハモなのに、操り蟲が入ると下ハモになるの芸が細かすぎるんじゃい。
俺たち、入れ替わってる〜〜〜〜〜?!(「蟲の名は」coming soon(は?))


労働の歌からの出産。
三男の子供みたいなペタン座り可愛くない???
「もう決めてある。おももだよ〜」って言うとこで、後ろで手洗いながらニヤニヤしてる揚羽お嬢様可愛いんだよなあ〜 揚羽お嬢様みたいな人だから、街の人たちにも愛されてるし、お銑さんも揚羽お嬢様の頼みを聞いたりするんだろうな。
「蛇蝎一家の命の値段のつけかた、教えてあげる」の流れの時には、その後ろの隙間から目が離せなくなっちゃうんですよね、黒草臥さん出てくるから…。視線が先回りして草臥スタンバイしがち。
舞台上が暗くなって「朝まで時間が無いんだー!」って揚羽お嬢様が言って幕が降りてきますが、この真っ暗な時に月明かりだけあるんですよね。あそうだこれ深夜の話なんですよねって思い出す。


「見いつけたぁ」の言い方が好きすぎて、ひのふのみい、も嬉しそうなお声が好きすぎて。
戦ってセンターで振り向き様(客席に背を向けて)カン!という音とピンスポの音ハメめちゃくちゃカッコ良くないですか??奥森奏之進様ではないか!のとこ。
手を広げてバッ!って勢いよく背中向けるのかっこいい。あーそうだ歌舞伎でしたね!って思い出す瞬間。


箒衆のシーン面白くて大好きだけど、文字数足りなくなりそうだから割愛ww
「お前が御庭番箒衆の奥森奏之進だったとはな」って言われた時の草臥さんの間と「…知ってんの??」がコントすぎて好き😂
箒衆の名乗りも好きだけど、個人的には永流のキラキラを浴びてからのキャーキャータイムが好きすぎるwwさざれが我を忘れる度に爆笑してしまうww😂

200年ぶりのお役目のくだりの、半角片仮名発音の「ヤッタネ ヤッタネ」が好きなんですけど(半角片仮名発音てナニ)、
最近つまぎもヤッタネヤッタネしてる時あるんですけど、仲良しすぎん???
ダブピ合わせるとこもめっちゃ好き😂
つまぎ、草臥の事好きだと思うんですけど、
"落としのつまぎ"だけど、草臥を恋に落とす事は出来なかったのね(やかましい)

「あんたに襲われたってわけ!」のとこ草臥シュンてしてて可愛いんだけど、
「奥森奏之進さま」って言われるくらいの立場だったのに、クソがって言われたりあんたって言われたりしてるの愛しすぎない??🥺

で、賭け場の話。
ここ見てると思うんですけど、揚羽って身堂一家の中で唯一「殺し」に参加してないんですよね。
一度だけ蛇蝎の真似して弓を構えるシーンがありますが、誰も殺してはないんです。

冒頭の身堂一家の登場シーンもサソリ投げたのは蛇蝎だけですし。

だから、蛇蝎は殺しにも参加させず、操り蟲も使わず、揚羽を可愛がってたんだと思います。

「狼狽してつっかかってくるあんたが見たくなかったんだろうね」からも可愛がってるのはわかりますけど。

でも揚羽はそれが"仲間はずれ"だと思っていたのかもしれない。
だから、父親のくんだりを聞いて「自分の知らない話」がまだあるのが嫌だったのかも。
飲み直しだと言われた時の「…はい。」の意味をずっと考えてるんですけど、そうであればわかるんだけどなあ。
戯曲本読めばわかりますか?教えて有識者。
(でも知らなかったとなると地下水路で「父親?麗波の事?」って麗波=永流の父親って知ってる事に矛盾が出るかな?)


あ、賭け場の話ね。揚羽が高壱に小判を落としてあげるの好きでいつも見てるんですけど、ある時高壱が貰った小判にキスをしてる時があって、
「恋じゃん!!!!小判にキスはもう高壱揚羽の事大好きじゃん!!!」ってなりましたね😂


永流が蛇蝎を刺した時の草臥の「やった!」ってどういう感情なんだろう。
草臥って加勢するわけじゃなくて見守ってることが多いですよね。
でも見放してるわけじゃなくてちゃんと助けられるように見守ってるの好きだなあ。
甚五の背中支えながら「もう大丈夫だ」って言ってる声が弱くて優しくて好きだ。


アレッ!結局可愛いか好きしか言ってないですね?!
ウケる〜〜〜〜〜〜〜!!!

↑このページのトップへ