こんにちは、中山です。少しずつ寒くなってきましたね。前回の更新からわずか3週間あまりと、これまでとは打って変わってあり得ない早さで更新しますが、世の中は例外で溢れていますゆえ、お許しください。

私は持病をいくつも持っている、辻本清美議員風に言うと「持病の総合商社」な訳ですが、その中でも代表的なものが肩こりです。 一日平均で14時間くらいパソコンの前に座っており、自宅作業の際は3台のモニターに囲まれているため、弾丸でも弾き返しそうなくらいの固さを誇っています。

先日、あまりの肩こりにうんざりして近所の整体に行ってきました。そこは、整体以外にも鍼や吸い玉なども施術してくれる、辻本清美議員風に言うと「代替医療の総合商社」な感じで、症状を伝えると、鍼と整体、猫背矯正、骨盤矯正のラインナップをお勧めしていただきました。

まずは鍼から、ということで頭痛の種になっているらしい首筋を鍼治療していただくことに。うつ伏せに寝かされて、はり師の方が首筋を触りながらどこに刺そうか当たりを付けていきます。これが中々のソフトタッチで、ただでさえ敏感な首筋をさわさわとやられるため、くすぐったくて堪りません。幸いうつ伏せになっているので、笑おうが、白目を剥いてよだれを垂らそうが、はり師の方からは死角になるため気付かれないのが救いです。されるがままに遠慮なく笑っていたのですが、

「くすぐったいですか?」

と、突然聞かれて面食らってしまいました。なぜ気付かれたのでしょう?確かにくすぐったくてものすごく笑っていたのですが、もちろん声には出していません。中年男性がうつ伏せでクスクス笑っている様を見たら気持ち悪くて、ツボではなく急所に鍼を刺して動きを止めたくなるでしょう。たぶん笑い皺が首筋にも寄っていたのか、気づかないうちに小刻みに震えていたのだろうと思います。とにかく穴があったら入りたい気持ちでしたが、実際、整体によくある顔を入れる穴の開いたベッドにうつ伏せになっていたので、きっちり穴には収まってはいましたが。とりあえず、

「いえいえ」
と、適当にやり過ごし、その後のくすぐりに堪えていると、ようやく目星がついたのか、「じゃあやりますね」と一言あったあと、おもむろに「鍼入りまーす!!」と、店中に響き渡る大声で叫ばれました。

「え?鍼ってそんな感じなの?」

と、鍼灸業界のことなどさっぱり分からない私は驚いてしまったのですが、その掛け声のあと、他のベッドで施術されている別の整体師さんたちから「お願いしまーす」と、応答が入ります。なんか、ファーストフード店で一万円札を出したときの「一万円札入りまーす」と、似ていますね。私の首に鍼を刺すこと、そんな感じで皆さんにお知らせしなくてもいいのに。知られざる鍼灸業界の愉快な一端を垣間見た気がしました。
ちなみに、こうなると気になってくるのが、鍼を「抜くとき」ですが、そこは無言で抜かれました。それはそれで肩透かしを食った格好となり、逆に笑ってしまったわけですが、せっかくなら、抜くときも皆さんにお知らせして欲しかったです。

尚、施術は素晴らしく、注射嫌いの私はやや鍼を恐れていたのですが、そんな心配もよそに痛みもまったくなく、経過も良好です。全ての施術が終わったあとに、週2くらいのペースで通うように言われました。週2で「鍼入ります」が聞けるのでちょっと楽しみが増えて良かったです。

肩こりとか腰痛は我慢するだけでなかなか病院ということになりませんが、今回、思い切って行ってみて随分と身体と心が軽くなりました。同じような症状で悩まれている方はぜひいかがでしょうか。「鍼入ります」以外に、「ご一緒に骨盤矯正はいかがですか?」とか、「吸い玉全品10%オフでーす」とか聞けるかもしれませんよ。

【今回の例文】

As Stefanie grew afraid of Bob's weird movements, she stabbed him with a needle through his vitals and stopped him.
ステファニーはボブが余りにも気持ちの悪い動きをしていたので怖くなり、彼の急所に針を刺して動きを止めた。


最後に、すっかり滞っている書籍の紹介を。

本日ご紹介する本は星新一さんの「できそこない博物館」です。星さんは、言わずと知れたショートショートの大家で、鬼籍に入って随分経ちますが、未だ色あせることのない名作を数々残してくれています。
この本は小説ではなく、そんな星さんがどのようにしてアイデアを捻り出していたかを、150本のボツネタとともに紹介しています。作品を読まれた方はご存じかと思いますが、作風は一風変わったシチュエーションが真髄で、アイデア勝負の作家さんです。日常で思いついたアイデアの断片を単語カードのようなメモに残して、それらを後から見直しながら練りこんでいく、というスタイルで書いていたそうです。

コンピュータが一般的で無かった時代ですので、アナログ的と思われるかもしれませんが、小さなアイデアの断片をエバーノートなどに保存して、後から組み合わせて創作物の叩き台にしつつ、ストーリーを肉付けしていく、といった制作スタイルを取られている方も多いのではないでしょうか。創作物と言うと大げさですが、例えば仕事のちょっとした企画などでも同様の手法は効果的で、そのような意味では「アイデアの作り方」の実践的な紹介本といった位置づけと言えるかもしれません。

そして、世に氾濫する「アイデアの作り方」的ビジネス書と異なるのが、実際のボツネタを紹介しながら、それの何が悪かったのか、どうして作品に昇華できなかったのか、をご自身で振り返りながら考察している点です。「こうすれば良いアイデアが生まれる」と銘打って、自説に都合の良い例を挙げるのではなく、「こんなアイデアを思いついた」けど、こういう理由でボツになりました、という内容を淡々と紹介しています。肩に力が入っていない感じが心地よいのです。講談調の語り口で読みやすく、考察も示唆に富んでいるため飽きさせません。読み物としても面白いので、手元に置いて気が向いたときにパラパラと捲るような感じで読んでみてはいかがでしょうか。ではでは。



【出ない順 試験に出ない英単語シリーズも元気に発売中です】
出ない順 試験に出ない英単語 電子書籍(キンドルで読めるお手軽版)
出ない順 試験に出ない英単語 文庫版(持ち運びに便利な文庫版)
出ない順 試験に出ない英単語 通常版(出ない順シリーズの第一弾。リスニングCD付き)
出ない順 試験に出ない英単語 実践篇(シリーズ第二弾。リスニングCDに加えて実践的問題付き)
出ない順 試験に出ない英単語 出る篇(シリーズ第三弾。試験に出る英単語を試験に出ない例文で学ぶ)

出ない順 中山の日本史C(出ない順シリーズ初の日本史版。役立たなさは同様です)













  

皆さん、こんにちは。
またまた時間が空いてしまい申し訳ありません。毎回、冒頭で遅筆の謝罪をしてから始めるのがこちらのブログの恒例となってしまいましたが、謝るのは特技ですのでこんな感じで頑張ります。

話は変わりますが、先日私は尻を痛めました。職場で、普段座りなれていない椅子に座ったことが原因らしく、立ち上がる瞬間、ピシッと裂けるような痛みが尻に走ったのです。一筋で足りているので、尻にこれ以上の裂目はいらないのですが、本当に裂目が増えたんじゃないかと思うほど強烈な痛みでした。

その場で一瞬立ちつくしてしまったのですが、職場で尻に手を当てて直立不動の状態でいるのは、下品な私でも数秒が限界です。仕方なく自分の席に戻るために歩き始めたのですが、これが中々の痛みでした。排泄時を除いて普段は自分の尻など意識したことはありませんが、こんなぶよぶよした贅肉野郎が、けっこうな割合で歩行に寄与していた事実を思い知らされます。一歩一歩が痛くて、脂汗が止まりません。分速100センチメートルくらいのスピードで何とか自分の席につきました。「秒速5センチメートル」は、桜の花びらが落ちる速度とのことですが、尻を痛めると分速100センチメートルくらいのようです。映画のタイトルにお困りの方はご自由にお使いください。

いったいこの痛みは何事なんだろうとネットで調べたところ、「ぎっくり尻」の症状に近いので、どうやら私は「ぎっくり尻」のようです。「そんなバカな。あれは腰だけのはず」という見解をお持ちの方は改めて下さい。ぎっくりは、腰の専売特許ではないらしく、人体のあらゆる場所に「ぎっくり」の危険がはらんでいるそうです。私は中一で人生初のぎっくり腰を経験し両親をあきれさせて以来、何度かぎっくり腰を経験しているのですが、確かにその時の息がとまるような痛みにそっくりでした。というわけで、まだ腰と尻の2か所のみですが、コンプリート目指して不摂生に努めます。賢明な皆さんは、私のようにならないよう、お気を付け下さい。

【今回の例文】

例文:The walking speed of a man who injured his hip is 100 centimeters per minute.
訳:尻を痛めた人が進むスピードは、分速100センチメートルです。


解説:「痛める」で使われるinjureですが、似た言葉にhurtがあります。hurtの方が意味の幅が広く、「心を痛める」"I was hurt by the news."や、「乳首が痛い」"My nipples hurt."などにも使用できます。injureは、本人の意図しない事故などで傷つく"The acident injured his nipples."といったケースで使用されることが多いようです。例文の尻のケースですと、どちらでもOKです。これ以外に、woundやdamageなども似たような表現としてありますね。ネットで検索すれば丁寧に解説されたサイトが山ほど登場するので読んでみてください。私もそちらを読んで、そっくりそのまま無断転載しました。

perは速度や時間の表現で必須ですね。知っていると誰でも恋人がすぐにできますので、額に油性のマジックで毎日書いて覚えましょう。

例文:Strained back occurs not only in lower back but also in every human body part.
訳:ぎっくり腰は腰だけではなく、人体のあらゆる場所に発症する可能性があります。


解説:ぎっくり腰は"strained back"、腰は"lower back"、肛門は"anus"と表現します。受験必修構文"not only but also"を使用しました。こちらの構文がどうしても覚えられない方は、下記動画をご参考にしてみてください。(動画は音声が流れます。かくれんぼ中に見ると鬼に見つかってしまいますのでご注意ください)

https://www.youtube.com/watch?v=sjTFI41VDTI


80歳くらいになっても忘れないほど深く脳に刻まれること請け合いです。

例文:Bob walked from his house at a steady speed of 75 m/m. 15 minutes after he left home, his sister chased him on her bicycle at a steady speed of 200 m/m. How many minutes later will she catch him up? However, Bob injured his hip.
訳:ボブは毎分75mの速さで歩いて家を出た。その15分後にボブの姉が自転車に乗り毎分200mの速さでボブを追いかけた。ボブの姉は家を出て何分後にボブさんに追いつくか。ただし、ボブは尻を痛めていたとする。


解説:時間・速度・距離の問題です。私は数学の専門家ではありませんので、大隅良典栄誉教授にお伺いしたところによると、どうやら距離=時間×速度、時間=速度÷距離、速度=距離÷時間で計算できるそうです。さすがはノーベル賞受賞者です。ちなみに、尻を痛めたスピードについては、本文をご参考にしてください。

今回のブログは以上です。
次回以降のブログですが、英語に関係させようとするとどうしても頻度が落ちてしまうという事実に2年掛かって気付きました。英語と無関係の話なども織り交ぜて更新しますので、もし良かったらそちらも読んでいただけると幸いです。

夏の暑さが少しずつ和らいで、秋らしい季節になってきましたね。美味しいものをたくさん食べて、皆さんが楽しい日々を送れますように。


こんにちは。とても久しぶりの更新になってしまいましたが、桜の開花に併せてこちらのブログも再開させていただきます。言い訳がましくなってしまい恐縮ですが、昨年から今年に掛けて公私ともに大変な生活を送る羽目になり、更新が滞ってしまいました。たくさんの方にご迷惑をかけ、色々なものを失い途方に暮れていますが、今後は週に1回くらいのペースで更新していきますので、改めてよろしくお願いいたします。

拙著「出ない順 試験に出ない英単語」関連でいくつか進捗がありました。まずは、こちらからご紹介させていただきます。
4月4日よりCBCテレビ(中部日本放送)にて、「ボイメンの試験に出ない英単語」という番組が放送開始されます。こちらは「試験に出ない英単語」を原作としたバラエティ番組で、男性アイドルグループ「BOYS AND MEN」の皆さんがご出演してくださいます。フレッシュでスタイリッシュなボイメンのメンバーが、ノンエッセンシャルなイングリッシュを紹介するという不可解な内容となっております。良かったらご覧ください。


【番組公式Twitter】https://twitter.com/shikennidenai_e

【番組公式Facebook】https://www.facebook.com/shikennidenai.en

boimen


番組は東海地区限定ですが、GYAOにて無料配信されますので、放送地区外にお住まいの方は、こちらをご利用いただけると幸いです。

☆初回放送:4月4日 25:53~25:59

毎週
  • 月曜日 25:30~25:36
  • 火曜日 26:04~26:10
  • 水曜日 25:30~25:38
  • 木曜日 25:39~25:45
  • 金曜日 26:03~26:09
※4月中は上記の時間より若干前後いたします。番組表などでご確認ください。

Gyaoでの配信は、各話CBCでの放送翌日16時から2週間限定で無料配信されます。
※4月4日(月)放送のものが翌日火曜日の16時から配信されます。
 

また、テレビ化に併せて「出ない順 試験に出ない英単語 文庫版」が4月8日に発売されます。

こちらは「出ない順 試験に出ない英単語 」を文庫にしたものですので、オリジナル版をお持ちでない方にオススメです。ただし、例文の音声CDは付いておりませんので、リスニングに活用されたい方はオリジナル版をお求めください。もちろん、どちらも役には立ちません。目だけで役立てないか、目と耳で役立てないかでお選びいただけると良いと思います。

別件で、4月22日に「出ない順 中山の日本史C 」という本が飛鳥新社さんより発売されます。こちらは日本史の登場人物や出来事を題材にした日本史コメディです。イラストは、前著でご一緒させていただいた千野エーさんに描いていただきました。残念ながら、こちらも「役に立たない」本です。

私の執筆業のテーマは「冗長」と「蛇足」であり、「書くべきを書かず、書かざるべきを書く」ことで、無用の長物を生み出す事をモットーとしています。回り道の人生を歩んできた私にはうってつけで、書籍を通して、多くの真面目な方々の反面教師たらんと心がけております。いつか、たくさんの人の心に残る無用の長物を生み出してみたいものです。

宣伝が随分と長くなってしまいましたので、今回は英語の例文紹介は割愛させていただきますが、最後にお勧めの漫画本と一緒に簡単な例文をご紹介させていただきます。

土田世紀さんの「同じ月を見ている」です。私はこの本の内容もさることながら、タイトルをとても気に入っています。英語に直訳すると、

We're looking at the same moon.

となります。そのままですとちょっと野暮ったい感じがしますね。
この漫画は映画化もされていますが、映画の英語版があり、そちらのタイトルは

Under the Same Moon

となっていました。こちらはしっくりきます。「同じ月を見ている」という日本語が持つ雰囲気がよく表現されていると思います。邦画のタイトルが英語ではどのように表現されているか、皆さんが好きな作品でも調べてみてはいかがでしょうか。

今回はこの辺で失礼いたします。


 

↑このページのトップへ