「この二人が乗っていても
 そっとしておいてあげて下さい。」

という、
吉田さんからの伝言さずかりました。

お納めください。

神戸公演も神戸公演で、
始まって終わったという意味では
無事に完走。

みいみい、むうむう、
ばあばあ、よんよん、
キューティー・クリスのバトルで

剥離骨折中の俺の頭の中は複雑骨折。

これも残すところ

俺以外は神々の競演を見逃すな。

そんな俺を癒してくれるのは
WONKの皆様。

カッコいいし上手いしセクシーだし。

ハンサム・バンド、WONKも見逃すな。

#吉田美和 #上原ひろみ #Chris_Coleman 
#古川昌義 #馬場智章
#beaut_and_harmony
#WONK #artless



ここで修正しときますよ〜。

「ある音楽系ライター」さんによると、

「不倫系の大ヒットで
思い出されるのが、」という文脈で

「近年でいうとドリカムの
『やさしいキスをして』」が
その類の曲として取り上げられてるけど、

この楽曲は2004年に放送された
TBS系ドラマ『砂の器』主題歌として
書き下ろした楽曲で、

運命に翻弄されながらも
主人公 和賀英良を必死で支える
この作品のオリジナルキャラクター
成瀬あさみの目線で描かれたもので
不倫の歌じゃないんだなぁ。

こういうのは
ドラマ自体も傷付けるよね。

自由に詩を楽しんでもらえるのは
我々の本望だけど、

誤った情報が記事になって
多くの人がそう思ってしまうのは
ほんと残念だよね。

この誤り、訂正の上
情報の上書き頼みます。

この記事のために取材を受けた
「ある音楽系ライター」さんは
ちゃんと調べてからの発言のほうが
いいと思うんだけど。

みんなもそう思うよねぇ〜。

#やさしいキスをして



わかったことがある。


で行われる

LOVE SUPREME presents 
DREAMS COME TRUE 
eaturing 上原ひろみ, Chris Coleman, 
古川昌義, 馬場智章 

& WONK

に行こうか行くまいか迷ってる人は
行くべき。

なぜなら昨日のLIVEは
音楽の誠の喜び、
JAZZの究極の楽しさが、
魂レベルで感じることができたからだ。

メンバーの一人である俺でさえ。

一生で一度きりの奇跡の音の集積に
身を委ねることの快感は
なかなか体験できない。

まさに魂のエクスタシ〜。

「じゃあそれどんなんだったの?」
と聞かれても
言葉にできる人はどこにもいない。

だからこそ、おいでやす。

「あえて私がお話ししましょう!」
という
昨日の目撃ラブシュプ・ベイビーズは
どんな表現でもいいので
ドリカム公式SNSで
その奇跡を伝えてほっし〜の源。

#WONK
#DREAMS_COME_TRUE 
#上原ひろみ #Chris_Coleman 
#古川昌義 #馬場智章
#LOVE_SUPREME_JAZZ_FESTIVAL
#うちの女神は再び雨を止めた

↑このページのトップへ