文藝春秋「Number Web」に中村憲剛の解説記事が掲載されています。ぜひ、ご覧ください。

■掲載媒体

■掲載日
2022年5月25日(水)

■内容(編集部より)
6月2日のパラグアイ戦を皮切りに、6日にブラジル、10日にガーナ、14日にチリまたはチュニジアと、カタールW杯前の貴重なテストマッチに臨むサッカー日本代表。EL優勝を成し遂げた鎌田大地や、所属するPSVでリーグ8得点をあげた堂安律が復帰するなど、森保一監督は28人の選手を招集しました。
大迫勇也が不在の最前線はどうなるのか? 日本代表の基本システムとなった「4-3-3」における鎌田と堂安の起用法とは? 本大会に向けて各ポジションの“序列争い”に注目が集まるなか、サッカー元日本代表の中村憲剛さんに今回の招集メンバーについて解説していただきました。
シュツットガルトの1部残留に貢献した初招集・伊藤洋輝の可能性や、本大会の23人のベースとなる「30人強のグループ」についても語っていただいています。ぜひご一読ください。