中村憲剛が書籍『ラストパス 引退を決断してからの5年間の記録』を出版することになりましたので、お知らせいたします。

■題名
『ラストパス 引退を決断してからの5年間の記録』中村憲剛




■発行・発売元
株式会社KADOKAWA

■判刊ページ数
四六判並製、単行本、384頁

■定価
1,650円(本体1,500円+税)

■発売日
2021年6月30日(水)※電子書籍同日配信予定

■ISBN
978-4-04-111385

■内容コメント
引退決断から5年間、何を考えながらプレーしていたのか――「自分のパスでみんなが喜んでくれていると思うと病みつきですね」
2020シーズンで18年の現役を終えた中村憲剛は、その5年前に引退を決断していた。
川崎フロンターレを背負い続けたバンディエラの思い、痛みも弱みもさらけ出してきた家族の存在など、
プロサッカー選手として18年間自分に向き合い続けてきたすべてを綴った一冊です。

■目次
プロローグ
第1章 2016年
第2章 2017年
第3章 2018年
第4章 2019年
第5章 2020年
第6章 2020年最終章
エピローグ

■中村憲剛コメント
中村憲剛です。この度、KADOKAWAさんより書籍『ラストパス 引退を決断してからの5年間の記録』を出版することになりました。
タイトルの通り、40歳で引退をするまでの2016シーズンから5年間の記録となります。小学1年生の時から始めた34年のサッカー人生の中で最も濃密で濃厚だった5年間。
誰にも明かしてこなかったものも含め全てをこの本に書き記しました。
是非多くの方に読んでいただきたいと思います。


詳しくはこちら