こんにちは。

昨日、富士通スタジアム川崎にて「KENGO Academy WINTER CLINIC 2020」を開催しました⚽️

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4015.JPG

今回が4回目になります。

昨年の夏に「KENGO Academy SUMMER CLINIC2019」を開催しましたが、その時はシーズン中の為参加できなかったので、今回は2017年の「KENGO Academy CLINIC presented by Lenor」以来3年ぶりに参加することができました。

今回はまず最初に室内でセミナーを聞いてもらい、その後ピッチでトレーニングという流れでした。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4003.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4004.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4005.JPG

セミナーでは今回のクリニックでのメインテーマと狙い、そしてそのためにこの後のトレーニングで意識するべきことを昨年4月に開校したKENGO Academy Schoolでのトレーニング映像を用いながら当アカデミーのコーチが説明しました。

トレーニングから始めてもよかったのですが、今回のこのクリニックでの狙いと意識することをはっきりさせることで子どもたちの頭の中を整理してもらってからピッチでトレーニングしてもらう方がより浸透率は高くなるのかなと思いセミナーから始めました。

座学からのスタートなので、年明け早々だけど子どもたち大丈夫かな?と正直少し心配してたのですが、みんな集中して真剣に聞いてくれていた姿を見て感心すると共に嬉しかったです。
セミナーの途中で図を使ったペーパー問題を出したのですが、みんな紙に自分の考えをたくさん書き出してくれたことにまた感心しましたし、その後数人の子にそれぞれの考えをみんなの前で発表してもらったのですが色々な考えがあって個性が見えてそれもまた嬉しい発見でした。

なぜペーパー問題を出したかというと、文字に起こす・言語化をすることで自分の考えをまとめること・整理することができ、言語化をすることができれば自分のそのプレーに対する理解がより深まり再現性の高さに繋がるからです。
なのでピッチでトレーニングする前にどうしてもそこは外せなかったので室内で頭のトレーニングとしてやらせてもらいました✏️

その後はピッチに出て実技指導へ。

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4006.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4007.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4008.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4009.JPG

セミナーで話した内容をぶつ切りにせずしっかりと繋げて意識してトレーニングをしようという話をして始まりました。

という話をしても、次のトレーニングへ移って一本目に何も言わずにトレーニングをさせると、どうしてもその前のトレーニングで意識してたこと・できていたことが少しぼやけてしまうのですが、二本目のトレーニングをする前に少しヒントを与えると同じ内容のトレーニングなのに自分たちで質を上げてプレーができるようになっていく子どもたちの順応性と吸収力の高さに驚きました。
また子どもたちにはそういった形でアプローチをすることで、一本目で少し質の下がったトレーニングをしたのも二本目に質を上げてトレーニングができたのもどちらも同じ人間がやったことで、意識をもって取り組むことで自分でトレーニングの質を変えることができるし、質を高めるのは周りじゃなくて自分自身なんだということに少しでも気付いてもらえたのかなと思いました。

また時間が経つにつれて仲間同士でコミュニケーションを取るシーンが増えて、最後のメニューはミニゲームでしたがルールが設けられている中チームがどう勝つのかをひとりひとりが考えながら互いのプレーに対して要求する声が増えていい連携、面白い形でのゴールが見られたこともとても嬉しかったです。

どうしても大人になると頭が凝り固まってしまうものですが、子どもたちの柔軟性や型に囚われない発想のプレーに触れて凄い刺激を受けましたし、それと同時に子どもたちのその面白い発想やアイディアを大人がスポイルしたり、子どもたちの考えをねじ曲げてまで自分の考えを強要したりしてはいけないんだなと、あくまで大人はヒントを与え背中を押す立場なんだなと指導する側に立って改めて思いました。

そしてサッカーにおいて「自由さ」こそが楽しさの源なんだなと、自分のサッカーの原点を今回子どもたちと触れ合うことで思い出せた気がします。

そういう感覚に触れれたのに今ボールを蹴れないのが本当に悔しいのですが、そこはグッと我慢して(苦笑)今日子どもたちからもらったパワーをまた明日からのリハビリの活力へと変えてやっていきたいと思います。

最後になりますが、今回のクリニック開催にあたり協力していただいた、ミズノ株式会社様、株式会社明治様、株式会社イースリー様ご協力ありがとうございました。
また、参加してくれた子どもたちとそのご家族のみなさん、年明け早々で大変な中参加していただきありがとうございました。また怪我の心配、復帰への声かけをしてくださりありがとうございました😊

今回のクリニックが子どもたちの成長のヒントになってくれたら本当に嬉しく思います。また毎回子どもたちには話していますが、サッカーができるのも親御さんのサポートがあってのことなので感謝の気持ちを持って今後もプレーして欲しいと思います。

ボールは蹴れませんでしたが、天候にも恵まれ☀️最高の初蹴り⚽️になりました‼︎

_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4012.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4013.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4014.JPG

ありがとうございました‼︎

ケンゴ