東日本大震災から8年。

8年前のことを子どもたちに聞いてみました。
当時2歳半の長男はあまり覚えてないと答えました。なので、子どもたちに3月11日に何が起きたのかその時の中村家はどうしたのかを改めて話をしました。そして改めて被災地の方への想い、防災への意識を家族で共有しました。

仕事に行けること、学校に行けること、サッカーができること、サッカーを応援できること、けんかしたり、仲直りしたり、喜んだり、悲しんだり…数え上げればきりがありませんが当たり前のことを当たり前のようにできる日々がいかに尊いことか。
お互いを想い合う大切さを話しました。

8年が経ち仕方のないことかもしれませんが、震災が取り上げられることは少なくなりました。しかし未だに復興は道半ばのところが多く、生活に苦労されてる方も多くいるとテレビでみました。

あの日何が起きて、どう乗り越え、もしくは乗り越えようとして今があるのか。
それを思い出し、伝える日。

「支援はブームじゃない」
継続することで生まれる力を信じて、今までもこれからも微力ではありますができることを続けていきたいと思います。

2019.3.11 中村憲剛