昨日、富士通スタジアム川崎で「KENGO Academy CLINIC presented by Lenor」を開催しました。
昨年に引き続き2回目になります。

今回が第2回ということでしたが、今年はレノアさんが協賛してくれるということで初めて開催した昨年とはまた違う意味での緊張感が…。

今年は午前に3.4年生40人、午後に5.6年生40人という形で行いました。

S__14204941.jpg

S__14204946.jpg

S__14204947.jpg

今回も感じましたが、子ども達の飲み込みの早さと吸収力にはホントに驚きでした。それと同時に子どもたちが素直な分、教えすぎることの危うさも感じました。

言われたことをただやるだけではなく、言われたことを自分で考えて理解した上で積極的にプレーすること、言われなくてもチームが勝つために自分で判断・選択してプレーすることが大事で、そのプレーを可能にするための土台が「止める、蹴る」でありそこは自分の中では蔑ろにしてはいけない部分、譲れない部分です。

そういう意味では自分が伝えたい内容をどこまで話すべきか、これ以上話したら情報が多過ぎるのではないか等のさじ加減を考えることは、普段小学生を教える機会の少ない現役の自分にとってとても勉強になりましたし、考えさせられることでした。刺激的でした。

S__14204948.jpg

S__14204942.jpg

クリニックの後は昨年に引き続き、プロホペイロである松浦紀典さんに「スパイクのお手入れ講座」を開いてもらいました。

S__14204943.jpg

S__14204944.jpg

自分が普段使っているスパイク、シューズがどれくらい汚れているか、そしてケアをすればどれだけキレイになって長持ちするのかを体感できるいい機会になったと思います。
これを機に用具を大事にする選手になって欲しいです。

午前、午後とそれぞれ短い時間でしたが、子どもたちにとってこのクリニックが刺激になり、ヒントを掴んだり、先に進むきっかけになればこれほど嬉しいことはありません。

最後になりますが、今回の開催にあたり協賛して頂いたP&G株式会社、協力して頂いたミズノ株式会社、株式会社明治、株式会社ドールのみなさま、そしてクリニックを円滑に進めるためにサポートしてくれた各関係者のみなさま本当にありがとうございました‼︎

そして、このクリニックに参加してくれた子どもたち、応募して頂いたご父兄のみなさま本当にありがとうございました‼︎

昨年も書いたかもしれませんが、子どもたちにはこのクリニックに参加できたこと、そして普段楽しくサッカーができることはみんなのお父さん、お母さんのサポートがあってこそということを自覚して、感謝の気持ちを持ってこれからもプレーして欲しいと思います。

S__14204939.jpg

ありがとうございました‼︎

中村憲剛

P.S.
ミズノブランドアンバサダー、プロホペイロの松浦紀典さん

S__14204945.jpg