こんばんは。

今日はJリーグに足を運び、大東チェアマンと対談をしてきました。

11月10日清水戦でのマッチデー・プログラムの企画として、「チェアマンとの対談」を企画し、オファーをしたところ快諾してくれたことで実現しました。





受けてもらえるとは思ってなかったので、正直ビックリしました。
Jリーグのチェアマンが1クラブのマッチデー・プログラムに出ることは普通考えにくいですから。

対談の詳しい内容はここで書いちゃうと担当の人に怒られちゃうのでさすがに書けません…。
ごめんなさい。

話が決まってからここに至るまでに正直モヤモヤしているところもあったし、色々考えることもありました。
対談が始まり、今回の件をチェアマンの口から直接聞き、対話を重ねていくことで、決まったことに対しての感想だけを伝えるのではなく、これからのJリーグをどうしていくべきかをお互いの立場から話をすることができました。

「Jリーグを盛り上げたい」

Jリーグ、クラブ、選手、そしてサポーターのみなさん。みんな同じ気持ち、考えだと思います。

ただ見てる方向が違えば思ってることが同じでもそれはまとまらない。同じ方向を向き一緒に頑張って行かなければならないと改めて思いました。

予定時間を軽くオーバーしてしまうくらい色々な話ができたので、ぜひ多くのサポーターの方に見て欲しいなと思います。




中村憲剛