月別アーカイブ / 2021年02月

「朝日小学生新聞」に、中村憲剛のインタビューが掲載されています。ぜひ、ご覧ください。

■掲載媒体

■掲載日
2021年1月29日(金)

■内容(編集部より)
昨季フロンターレの2冠に貢献し現役を引退した中村憲剛さんに、サッカーが大好きな小学生2人がオンラインで取材。
サッカー選手になるには?試合で緊張しないためには?といった質問や、3回のJ1優勝で気持ちの違いは?など選手生活を振り返る質問をしました。
子どもたちの目線にあわせ優しく答えてくれた中村さんに、取材した子どもからは「感動した」という感想も届きました。ぜひ、ご覧ください。

昨日はやべっちスタジアムの「解説者」として初めての生配信に出演させていただきました。

S__3105224.jpg

S__3105226.jpg


まさか引退からちょうど1ヶ月後に矢部さんの隣に座ってるとは夢にも思いませんでした。

やべっちF.Cが始まった2002年はまだ大学4年生で、将来やべっちに出るのが夢になり、目標になりました。その後Jリーガーになり、初めて取り上げてもらえることが決まった時の嬉しさ、夢が一つ叶った感動は今でも鮮明に覚えています。
プロ生活18年間で本当にたくさん出演させていただき、数多くの素晴らしい思い出を作らせていただきました。
その間に息子、娘も生まれ成長するにつれて「一緒にやべっちを見る週明け」が中村家の日常になっていきました。
それくらい中村家の(そういうご家庭は多かったと思います)日常生活に溶け込んでいたので、やべっちが放送終了すると聞いた時は家族みんなで落ち込みました。「月曜日にぽっかり穴が空いた」と悲しんでる息子を見るのは切なかったです。それくらい親子共に強い思い入れがあったので、やべっちスタジアムとして復活が決まった時には親子共に大喜びでした。

そして、引退から1ヶ月。
やべっちスタジアムの解説陣に呼んでもらったと伝えた時、子どもたちは「パパ!やったね!頑張って!」と大喜びしてくれました。
おかげで父親としての株が上がりました。
ありがとうございます。笑

解説者デビューの昨日。
控室に入り、みなさんに挨拶をして、リハーサルをして、メイクをして…。現役時代にも同じ流れでしたが、それはあくまでも「選手」としてで、今回からは「解説者」としてなので、全てが新鮮なものでした。

自分のコーナーも初回から持たせていただきました。解説をしながら、タッチペンを使って、マーキーングしたり、線を引いたり。
正直、初回からこれは…ハードル高いな…。
と思いました。笑
なので、本番が始まるまでに何回もスタッフさんにリハーサルをさせてもらいましたが、実際に本番の雰囲気の中ではどうなるかわからないという不安、生配信の中でやるというプレッシャー。
半端なかったです。笑(それでも全力で頑張りました。みなさん、感想お待ちしてます‼️)
そんな緊張感たっぷりの解説の中で矢部さんの解説に対するポジティブなリアクション、感想にかなり救われました。本当に優しく、ありがたかったです。神か。と思いました😂

そんなこんなでなんとかやり切ることができた人生最初で最後のやべっちスタジアム解説者デビュー日は一生忘れません。
矢部さん、黒木さん、スタッフのみなさんありがとうございました‼️
これからよろしくお願いします‼️

みなさんがもっと楽しく、より深くサッカーを観れるように解説者として頑張っていきたいと思います‼️

中村憲剛


S__3105227.jpg

↑このページのトップへ