月別アーカイブ / 2020年02月

こんばんは。

昨日で術後12週になりました。

ジョギング開始から約4週間。
今日からステップワークとボールを蹴れるようになりました⚽️😭😂🎉🎊


昨年の11月2日の試合で受傷して以来、約3ヶ月半振りのステップとボールメニュー。最初は少し怖さもありましたが、慣れてくるとそこからはただひたすらに楽しい感情と嬉しい感情に包まれた時間になりました。最初なので時間は短かったですが、今の俺にはおそらく1分でも充分です😊

_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5221.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5224.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5225.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5226.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5227.JPG

やっぱりサッカーって楽しい。
今までもそう思ってサッカーを34年近くやってきましたが、今日はただひたすらボールを蹴ることを楽しんでいた小さい頃の気持ちに戻ったような感覚でした。

ここまでも楽しく前向きにをモットーに室内でのリハビリに取り組んできたつもりでしたが、やはり芝生の上でボールを蹴ることより楽しいものは中村憲剛には存在しません(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5219.JPG

見てください、この笑顔😁
ニヤニヤが止まらない😋

やっぱり俺はサッカー選手なんだなとつくづく思いました😊

ステップとボールメニューがプラスされたことで、一気に視界が広がった感覚です。
術後から約2ヶ月は室内でリハビリ、1月19日からジョギングが始まって約4週間でステップワークとボールメニュー。その間、ドクターに定期的に診察とチェックをしてもらってここまで進んできました。
前にも言ったかも知れませんが、焦ってもないですし、急いでもないです。むしろこの時期は次への土台作りだと思っているので、本当にひとつひとつメニューをコツコツこなしてきて今があります。まだまだ先は長いなと思ってましたが、あっという間にボールを蹴るところまできました。ここからも、これまで同様室内トレをしっかりコツコツとやって、その後の外のステップ・ボールメニューを心から楽しみたいと思います(笑)

そして明日はいよいよ2020シーズンの開幕戦、等々力でルヴァン杯清水エスパルス戦です。キックオフは14時になります。
みんなで白星スタートできるように久しぶりの等々力で一体となって共に戦いましょう‼︎
よろしくお願いします‼︎

ケンゴ


スポーツ総合サイト「スポーツナビ」にて中村憲剛選手のインタビューが掲載されています。ぜひ、ご覧ください。

■媒体名
スポーツ総合サイト「スポーツナビ

■掲載日
2020年2月14日(金)

■掲載ページ
◇前編
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/202002110001-spnavi

◇後編(スポナビアプリ限定)
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/202002110002-spnavi

※後編はアプリ限定。記事公開と同時にお読みいただくことができます。

■内容(編集部より)
「スポーツナビ」にて連載がスタートした中村憲剛選手に密着した「REVIVE 中村憲剛、復活への道」。第2回では、チームドクターから左膝前十字靭帯損傷を告げられた際の心境。術前のリハビリに励む中、サポーター、チームメイト、そして家族への思いを明かしてくれています。

三栄書房「サカイクBOOK」にて中村憲剛選手のインタビューが掲載されています。ぜひ、ご覧ください。

■媒体名
三栄書房「サカイクBOOK」」

■掲載日
2020年2月14日(金)

■価格
本体1650円+税

■内容(編集部より)
3児の父としての顔も持つ中村憲剛が語る、サッカーにおいて「考える力」が大事な理由。
子どもたちが自分で考えるサッカーを身につけるために、中村選手自身が子どもたちを指導する時に気を付けていること、ご自身もサッカー少年の父親として普段どのように子どもと関わっているかなど、育児に関する考えを巻頭インタビューでたっぷり聞かせてくれました。
子どもが心からサッカーを楽しむために保護者はどうすればいいのか。
サッカー少年少女の保護者に向けたコンテンツを提供する「サカイク」がおくる、子どもとの接し方やメンタルケア、栄養素の解説など子どもをサポートするために役立つ情報が盛りだくさんな一冊となっています。
 
詳細は下記をご覧ください。
https://www.sakaiku.jp/books/2020/014461.html

↑このページのトップへ