月別アーカイブ / 2016年03月

ようやく落ち着いてきた…。苦笑

自分たちで苦しいゲームにしてしまい、課題が多くでた試合でしたがそれでも勝ち点3取りきれたのは大きかったです。

とにかくこの寒いナイターゲームに足を運び応援してくれたみなさん、テレビで後押ししてくれた皆さんに本当に感謝です。



まだまだ先は長いですが、とにかく1試合1試合大事に粘り強くみんなで戦っていきましょう‼︎

ケンゴ

P.S.
わたくしごとですが、J1通算50ゴール目を決めることができました。50ゴール目が決勝点だなんて…、一生忘れない。



ウーイェイできたし。笑

あの日から5年経過しました。

今日でこそ多く取り上げられていますが、こちらでは日常的に取り上げられることが少なくなってきました。
ただ、何かの区切りがついたわけでもなく、まだまだ復興はしていないし、いまだに助けが必要な方たちが多くいます。行き続けてきたからこそ、それを今強く感じています。

5年前、テレビで流れる映像を見て、自分は何ができるだろう。と正直思いました。なんて声をかけていいのかわからないまま現地に向かいました。

でも高田のグラウンドで一緒にボールを蹴って楽しそうな子ども達を見て、「行くことでも意義があったのかな」と思ったことを覚えています。
何かしてあげたくても、出来ることは限られている。でも、ただ、そこにいて、短い時間だけど寄り添い、話しをすることだけでいいのかもしれない。サッカー一緒にやったんだよ!って喜んでもらえたならそれでいい。それがスタートでした。

そこから一気に輪が広がった。そう感じています。
毎年行くたびに子どもたちの成長が見られること。嬉しい気持ちでいっぱいです。ただ、それ以上に毎年まだ変わってないな、まだまだ復興には時間がかかるなと実感もしています。

今では輪が大きくなり、昨年には陸前高田市とパートナーシップを結ぶこととなり、さらに今年の夏には「高田スマイルフェス」が行われること、継続と同時にこちらが支援をするだけの関係じゃなくなりパートナーシップという素晴らしい関係が築けたこと。互いが互いを想い合い行動した結果こういう形になった。本当に素晴らしいことだと思っています。

川崎フロンターレと選手会では、「東日本大震災復興支援活動Mind-1ニッポンプロジェクト」と銘打ち、復興支援活動を継続してきました。

「続けて想う」ことのパワー。
一人一人の力でできることは限られていますが、みんなが力をあわせ、心を一つにすることでとてつもないパワーにつながります。

僕たちのプレーを見て元気になった、勇気をもらった。そう感じてくださる方がいるのであれば、それは本当に嬉しいことです。ただ、何より普通の生活・元の生活を取り戻せるように何か一つでも力になりたい。

その気持ちは5年たった今でも変わりませんし、これからも変わることはありません。

「支援はブームじゃない」
ここまでもこれからも微力ですが続けていきたいと思います。

中村憲剛

3/10(木)発売、「THE21」に中村憲剛選手が登場します。ぜひ、ご確認ください。

■媒体名
「THE21」4月号

■発売日
2016年3月10日(木)

■発行
PHP研究所

■定価
630円(税込み)

■内容(編集部より)
連載「原点の1冊 これからの1冊」(ブックレビュー)
各界でご活躍する方々に、昔読んで心に残っている本、何度も読み返している本など「原点の1冊」と、最近読んで影響を受けた本、面白かった本など「これからの1冊」をご紹介いただく連載企画です。

↑このページのトップへ