月別アーカイブ / 2012年12月

こんばんは。

オフに入ってからあっという間に大晦日になってしまいました。
ファイテンアゼリア店でサイン・握手会をおこなったり





キッザニアに初めていったり





リュウケイナにはまだ早かったか…。
唯一できた仕事はテレビ番組の観覧席で拍手する仕事…(苦笑)


中大に10年振りに行き300人以上の学生さんたちを前に講演したり





ちょっと偉そうですいません…。

タサとご飯行ったり、あっ、写真撮り忘れた…。

サンタが今年も我が家に来たり





何故今になって仮面ライダーW?ウィザードじゃないの?

ケイナのはこれ。





個性が出てて面白い。
でも2人ともすごく喜んでくれたので良かったです[E:happy01]

と本当にあっという間にここまできて、これから年越しを迎えます。

改めまして今年一年ありがとうございました。

それではみなさん良いお年を。

ケンゴ


だいぶ遅くなりましたが、16日の解散式を持って2012シーズンが終了しました。

改めて1年間応援ありがとうございました。

今年は開幕して早々に監督が代わるという難しいシーズンになりました。
そんな激動のシーズン、最後まで背中を押してくれたみなさんには本当に感謝しています。

この一年、サポーターのみなさんには例年以上に支えてもらいました。
監督交代をした他のチームが軒並み降格争いをした経緯を鑑みても、うちがそういう立場になってみてもおかしくなかった。
でもそれを最終的に免れることができたのは間違いなくみなさんの後押しがあったからだと思います。

ただリーグの順位は8位、ナビスコ杯は予選敗退、天皇杯は言い訳もできないほど情けない敗戦。最後の試合がああいう試合になってしまったので、正直何を言われてもしょうがないと思っています。

でも個人的に今年は例年にないくらい「サッカーをした」という実感がありました。
全試合に出場したからという時間的なものだけではなく、チームとしても自分たちがしっかりボールを大事にする戦い方になり、その中で自分がどれだけボールに絡んでミスなくプレーするかを問われる試合が増えました。
サッカー選手である以上自分たちが主導権を握り相手を崩してゴールをたくさん決めたい。それが理想です。

そういう意味では、今年たくさんプレーして成長できた実感はありましたが、それをチームの勝利・結果につなげられなかった。プレーヤーとしての充実度に比例した結果にならなかったことが本当に悔しいです。

そして、今シーズン等々力で勝ち越せなかったこと。フロンターレの選手としてこんなに辛いことはありません。
やっぱり俺は等々力で勝ってみんなで喜ぶフロンターレが好きです。

チームにより多くの勝利をもたらす選手になるために更に己を磨いてもっともっとレベルアップしたいと思います。

このオフはしっかり体を休めつつ今年を整理して自分を見つめ直したいと思います。

中村 憲剛




ご無沙汰してます。

今日、明日と完全オフ。
何せ、ここ数日はとっても忙しかったので、久しぶりの家族サービスになります。

リーグ戦が終わってからここまで「あっ」という間でした。その「あっ」の話を今日は。

まずリーグ最終節C大阪戦応援ありがとうございました。

終盤戦、自分たちの形が出せる時間も徐々に増えてきて、その中で勝てるようになってきました。その流れを天皇杯につなげれるようにまた準備したいと思います。

またC大阪戦でリーグ戦250試合出場だったみたいで(終わってから気づいた笑)サポーターの方にこれをいただきました。 





家で作ろうと思います(笑)

3日は裕介と僚太と一緒に「Jリーグアウォーズ」へ行ってきました。
おかげさまで8年連続8回目の優秀選手賞をいただくことができました。
チームとしてもフェアプレー賞を受賞。
どちらも簡単な賞ではないし、みんなで取った賞だと思います。

最後にみんなで写真撮影。今年は撮れた…(笑)





続いて、今日の新聞に随分取り上げられていますが(ありがとうございます)
「一緒におフロんた~れ!」企画の第三弾「イクフロ」の収録で川崎にある「高津湯」さんに行ってきました。

フロンターレに入って、いろいろとおもしろい企画に参加していますが、その中でも三本の指に入るであろう一押し企画です。

中村憲剛。フロンターレに入団して10年。今まで散々、何かを被ったり、持ったり、踊ったりしてきたけど、この企画はオファーの瞬間に即決。



なぜかというと、いつも家で子ども達と一緒に観ているNHK Eテレの人気番組「みいつけた!」に登場するオフロスキーとコラボさせてもらったからです。





テレビでいつも見ていたあのオフロスキーとコラボ。しかも色違いの衣装が着れて、名前はオフロンスキー。世界中見回してもこんなラッキーなパパさんはいないわ(笑)

なので、今回の衣装ほど、着れてうれしかった衣装はないかもしれない。どうですか?わりと違和感ないですよね。しかもオフロスキーさんから直々の兄弟発言でもうね…感涙ですよ(笑)
リュウとケイナもとっても喜んでくれました。

銭湯絵も2回目だったので、今年の方がうまく描けたと思います。





 





銭湯絵師の中島盛夫師匠にも「なかなかいいんじゃない」とお褒めの言葉をいただきました。
オフロスキー役の小林顕作さんも本当にいい方で、かなり楽しく過ごすことができました。

高津湯の装飾・銭湯絵はもちろん、外壁、さらに今年は脱衣場もオフロンスキーな感じになってますので、ぜひ6日以降にお風呂に入りに行ってみてください。





「イクフロ」川崎から日本中に発信できたらいいなと思います。
俺も子どもたちと一緒にお風呂に入って育浴頑張ります。


ケンゴ


↑このページのトップへ