月別アーカイブ / 2019年05月

こんばんは。5月ももう終わりますね。何かと5月には縁のある、6号艇ナカキンです。
昨日も動画ご視聴いただきましてありがとうございました。
やはりなんだかんだ素材も多くなってしまうので、編集をしてくれているスタッフが倒れそうになっているようです。毎度のことですが、こうやってみなさまに動画をお届けできるのも編集のおかげですので感謝感謝でございます。
昨日は僕もプレミア公開を見ていたのですが、リアルタイムでコメントをいただくとこのシーンでこう思われているんだなぁというのがよくわかり、とても楽しいです。しれっと今日ものぞいてみようかと思います。
では、そんな昨日の日誌をどうぞ。



5月19日
1時半起床
早速昨日仕込んでおいたボートの結果をチェック。まさかの12R中6本的中。何も見ずに、選んだ1-23-全が今まで一番の的中率とは。嬉しいが、ボートレースとはなんぞやという気持ちに苛まれる。

支度をして港へ向かう。到着。何やら今日は風が強く、漁ができない可能性が高いとのこと。
とりあえず4時半まで待機ということだ。海は状況により刻々と変化する。
できれば漁業組合も漁を中止にはしたくないのでギリギリまで話し合っているようだ。

そして4時半、中止の連絡が入る。初めての休みになった。
正直嬉しい気持ちと早く終わらせたかったという気持ちが交差する。小屋で談笑。
休みになった途端、カツアキさんはパチンコへ行く気満々。奥さんも行くようだ。
やはり元気だなぁと思い知らされる。カツアキさんのマイホには僕も行ってみたかったので、一度帰り休んで向かうことに。

帰宅。仮眠を挟み、出発。一日中パチンコを打つお金も体力もないので少し打ったあとは、どこか観光へいこうと決める。じゃらんを手に取り、網走監獄が気になる。面白そうだ。
今日の予定を決め、ホールへ到着。軍資金は13000円。早速お二人を発見。
カツアキさんは負けているようだが、奥さんはまどマギですでに一箱持っている。
やはり女性のヒキは強いと感じる。とりあえずジャグラーのシマへ。空いていたマイジャグ4へ着席。1000円でBIGを射止める。その後もポコポコ当たるものあまり増えることはなく。飲まれてしまい、カツアキさんとクラセレを並び打ち。カツアキさんははまっている中、またもや1000円でBIG。きまづくなる。即やめし、裏側のディスクアップへ。クラセレ分の出玉は即消滅し、追加投資。僕がやめた途端後ろのカツアキさんの台が出始める。
一方僕のディスクは当たってもバケ。そしてハマりを繰り返し、気づけば投資は1万円。
これ以上入れると、網走にもいけなくなるのでここらで撤退。ディスクを打ったことを猛省する。
何度これをやっているのだろうか。

網走へ車を走らせる。近いと思っていたが案外道中は遠く、国道238号線を北へ北へ。
オホーツク海の眺めが素晴らしい。網走監獄へ到着。まさかの入場料を1000円も取られる。
監獄に入るのに有料とはどういうことだ。せっかく来たからと、払って入場。館内を巡る。
メインの雑居房へ向かう途中、外に小屋のような懲罰房を発見。説明を読む。
雑居房で規則違反を犯したものは外の小屋で1週間入れられるそうだ。中をみてみる。案外広い。
ここでなぜかプレハブの時のことが頭を過ぎる。彼も大変そうだが、こちらは1ヶ月も似たような小屋にいたのだ。がんばれるはずだと、蝋人形に言い聞かせる。

メインの展示物である、雑居房へ。当時の様子が再現されていて面白い。
こちらは先ほどの懲罰房よりはかなり広め。中に入り座ってみると、完全にプレハブの時の感覚になる。カメラの前で当時を再現。よくやっていたなと自分で感心する。いたるところに蝋人形がいるのだがクオリティが高く普通に怖い。そんな感じで場内を一周。囚人服を着てみたりもする。似合う。
そして監獄を後に。ここでも暮らしていけそうだなと感じる。
お土産やさんで「除悪運」と書かれたステッカーを購入。帰ることに。

旅館へつき、ジャグラーの負けを取り戻すため、お金でガチボートチャレンジ。ナイターを5R行い、3R的中させる。給料チャレンジと同様、8点縛りでやってみたが案外当たるものだ。少し当てれる感覚はついてきたのかもしれない。しかし、結果は1000円負け、配当が少なかったことも影響したからか。。
給料チャレンジではなかなか当たらず、こうやってガチでやると当たり負け。
改めてボートの難しさとこの企画の難しさを感じながら就寝。


もちろん初めて行きました、網走監獄。観光地としてもとても面白かったですし、当時の北海道の開拓を支えたのはこの網走の囚人だったみたいです。道路を整備したり、畑を耕したりと貢献していたようです。道東へ行った際にはぜひ立ち寄って見てくださいな。
IMG_1936.JPG

それでは今日もこの後、21時から動画が上がります。是非ご覧ください!よろしくお願いします!


みなさまこんばんは。グラッツェ軍団に憧れる、6号艇ナカキンです。
こんな生活をしていると曜日感覚がなくなってくるのが常ですが、今日は水曜日。
週の中日、いかがお過ごしでしょうか。
昨日も動画が上がりまして。みなさまご視聴いただけましたでしょうか。

日に日に視聴者数も増えているようで、予想以上の反響に少々戸惑ってはいますが嬉しい限りでございます。この日の日誌また載せておきます。この日誌の需要あるのかな、まぁいいや笑



5月18日
1時起床。今日は早番なので3時までには行かなければ。そして土曜日。
漁としては、何も変わることはないが噂のカツアキさんの娘さんに会えるかもしれない。
数日前お母さんに高校まで迎えにいくよとお伝えくださいと頼んだのだが華麗にスルーされ、気持ち悪がられているので会うことはむずかしいかもしれないが。
というわけで小屋へと到着。今日はマナブさんのお知り合いの方が一人助っ人できている。
ということは人数も増えるので、作業も少々楽になりそうだ。

港へ到着。出港だ。今日もクワバラさんは凛々しさ抜群。
昨日も思ったがやはり1発目は大事。ここでミスをすると1日中引きずってしまいそうだ。
漁が始まる。マナブさんの知り合いの方は経験者ということだったが、やはり船ごとに勝手が違うのでカツアキさんの船のやり方はやってみないとわからない。
案外、他の二人も教えるようなことはしないので、なぜか初心者の僕が教える自体に。
なんでもそうだが人に教えると自分の悪いところも浮き彫りになってくる。四苦八苦し、かなり時間も押してしまったが一回目の漁が終了。教えるときに気づいたのだが大きい声を出すと、自分も鼓舞されてやる気が出てくる。これからはどんどん声を出していこう。漁を進めていく。そして漁の効率がよくなっていくと、なんと漁が楽しくなってきた。早く次の漁に行きたい気持ちになるとは思わなかった。
そして漁が終了。

毎度の事だが、この後の片付けが非常に面倒。汚れまくったかごをポンプにかけたり玉を掃除したりするのだ。実はこれが一番きつかったりする。今日はかなり汚れているスポットの漁だったのでだいぶ時間がかかった。その分、終わった後の達成感もすごい。

時刻は2時すぎ。楽しさもあったが疲れ果てていたので、帰宅することに。
船の上で釣りをしたいということで、帰りにマナブさんと竿を買いにいく。コンビニで弁当をかい帰宅。がっつりボートでもしようかと、弁当を食べているとカツアキさんから暇か?とのラインが。
これはなんのラインだろうか。もしかしてまだ仕事が残っているとかか・・・。
だとしたらきついが、暇ですと返すとまさかの焼肉へいこうとのお誘い。弁当を食べたばかりだったが、ここ最近の食欲はすごいので当然喜んでいくことに。しかしボートはできなくなるので、前から思っていた1-23-全がどれだけ当たるのかを試そうとする。4場の10,11,12Rを何もみずに1-23-全で決める。結果は明日見ることに。
待ち合わせまで少し時間があったので、近く観光名所瞰望岩
を見に行くことに。到着。
噂通りおどろおどろしい雰囲気。登ってみる。景色は素晴らしい。そして展望台のようなところへ。
ありがちな落書きがたくさん。何かに取り憑かれた感じもしたが綺麗な景色がみれてよかった。

そして焼肉屋へ。するとまさかの娘さんも登場。初対面ではあるが噂通りのマジな美人さんだ。
ないおさんが言うだけのことはある。席につき自己紹介をするが、ひたすらに毒舌をくらわされる。
今時のJKは厳しい。楽しく2時間ほど焼肉をいただきなんとか娘さんとの距離も縮まった気がした。
そして途中冬もまた漁に来たいなんて宣言してしまった。でもそれもありなのかもしれないと思わせてくれるくらい楽しい時間を過ごさせていただいた。
そして帰宅。明日は風が強いので休みになる可能性もあるが、とりあえず起きなくては。
そしてボートの結果も楽しみだ。


数週間前の出来事ですが、こうやって動画になって改めて見てみると自分でも新しい発見があったりしてやっぱり編集ってすごいなぁと思わされます。
今日もこの後21時から上がりますので、ぜひプレミア公開でチャットしながらご視聴いただければなと思います!それではそれではまた明日!

みなさまこんばんは。北海道で灼熱の6号艇ナカキンです。
びっくりしますよね、ほんと。
北海道でこんな暑さにうなされるとは思いませんでした。避暑地とはいったい。。
でも湿度はあんまりない気がするので案外カラッとしていて気持ちの良い暑さだったりもするんです。
船の上では別ですが。
という訳で、昨日も動画の方ご視聴いただけましたでしょうか。まだまだ動画は序盤ですが、すでにいろんなことが起きていて自分でも毎日楽しく振りかえっています。では今日もこの日の日誌を。



5月17日
2時起床。今日は遅番。連日の疲れがあるも、寝坊をしていないことに自分で自分を褒める。
昨日忘れていた時刻表を作り上げ、コンビニでコピーする。

小屋へ到着。時刻表完璧だと褒められる。早速港へ。今日は気温がだいぶ上がるとのこと。
北海道に来て暑さの心配をすることになるとは。沖へ出るときの格好はかなりの厚着なので不安が残る。
昨日2日目の漁を終えて感じたことは、朝一の漁が一番きついということ。そこさえクリアしてしまえばあとは流れでなんとかなる。一発目は鬼門だ。

船へ到着。毎度のことだが船へつくと、準備は本当に慌ただしい。あれやこれやとしているうちに出港の時間に。もう3日目なので指示をあおぐことはなく、自分で次の行動を予測して動けるようになってきた。毎度沖へ出る時クワバラさんは船の後方で後ろを見ながら座っている。
僕は前の方でそれを見ているのだが男が背中で語るというのはおそらくこういうことだろうと感じるほど、後ろ姿が凛々しい。小さいはずの背中が大海原に負けないくらい大きく見えるのだ。
スポットへ到着。昨日の作業を頭で復習しながら開始の放送をまつ。漁が開始。
やはりきつい。かごがより重く感じる。まだ日は登っていないので暑さはない。なんとか1発目が終了。

きつさは感じるが昨日の朝一よりはきつくない。やはり慣れているのだろう。そして流れのまま2回目、3回目へと進む。道中、マナブさんがお腹が痛くなり船のトイレで大をすることに。
操縦席の隣にトイレがあり大はそこでする決まりらしい。まだ僕はもよおしてはいないが、そうやって備え付けられてあると安心する。そんな時、カツアキさんがマナブさんに大声を出している。
どうしたのだろう。近づいてみると、操縦席に溢れ出す大便。
話を聞くと、トイレットペーパーではなく普通の紙を使ったために詰まって逆流してきてしまったらしい。これは悲惨だ。カツアキさんとマナブさんが手でそれを掻き出している。正直見ていられない。。
操縦席に置いてあるカメラは無事だろうか。なんとか詰まりが治ったようだ。カメラも無事だった。
そういう意味でも船上には危険がいっぱいであることを学ばされる。そうして本日の漁が終了。

漁が終わり、ここ2日で7000円稼いでいることを考え、今日はスロットを打ちに行こうと決める。
可能であれば撮影はしたい。ということで早々に帰宅し、近隣の店舗全てに電話をかける。
しかし規制の影響と田舎ということもあってか全てに断られる。仕方なく、写真で伝えることに。
店舗に到着。狙いはもちろんのことジャグラー。しかし稼働が悪く、あまり回っていない。
せっかくきたからには打ちたいので、一番良さそうなマイジャグへ。
当たるまでに6000円かかるもそこから当たりは軽くポコポコと連チャン。下皿がパンパンになったところで時間も時間なのでやめることに。
下皿からメダルを写すときにふと稚貝をコンテナに移す時のことを思い出す。投資6000円で750枚ほどを回収。普通にちょっと勝ってしまい、やっぱジャグやなとみにしみて感じる。

夕食は隣のスーパーへ。夕方からのスーパーの立ち回りには自信があるので惣菜コーナーを攻めるものの、サニーほどの魅力はなく、わけもわからず買いあさってしまい結果少し高づく。帰宅。

お給料チャレンジ。しかし選ぶレース、選ぶレースであれまくり万舟連発。さすがにボートに嫌気がさす。結果は2本だけ的中し、ボートとはなんぞやという気持ちを抱え就寝。


はい、そんな感じで今日も動画が上がります。プレミア公開の方も着々と視聴者数増えているみたいで嬉しい限りです。ではみなさままたあとでお会いしましょう。それでは。

↑このページのトップへ