あけましておめでとうございます。

2020年になりました!🐭

私はついに、26歳になりました。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2699.JPG
すっぴんちょんまげで年越ししちゃった..(笑)

今年の1文字は「白」!

私の家は結構長寿の家系なんですが
曾祖母も100歳まで生きたので
私もそう考えると
4分の1を過ごしてきました。

私はあんまり自分のことを人に話さないので
こっそりとひっそりと
色んなことを経験した25年間でした。

一体これは何人分の人生なんだろう、
というくらい
濃い時間を過ごしたように思います。

これまでの25年は
自分の人生の本でいうと
あくまで序章だったように思います。

これからついに本編に入るのです。

25年を真っ白にリセットする、といっても
序章を読み飛ばして本編にいけないのと同じでこれまでを消すことはできません。

人はそう簡単に変わることもありません。

だけど何もわからないままに
もがき続けてたくさん苦しんだ時代とは
もうお別れだなという確信はあります。

これからは一つ一つを作り上げていく気持ちで
新たな章を描いていきたいと思います。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2695.JPG
このブログを見てくださる全ての皆様、

2020年は更なるワクワクをお届けしたいと
思っております!

本年もどうぞ、よろしくお願い致します。

梛野里佳子

こんにちは😊

2019年最後の日。

私は25歳最後の日です😊
x8X4YxGAmG.jpg
皆さま年の瀬をいかがお過ごしでしょうか?

今年も、たくさんの映画に出逢った一年でした。

そんな私が、
今年一年を振り返って見て
思い出に残る映画作品を
紹介したいと思います😊✨
HgQQAwAz3J.jpg
まずはこれ!!

🎬「そらのレストラン」です☺️

この映画は、
今年の二月に母と北海道に行った際に
見た作品です。

帰りに雪で足止めをくらってしまって
身動きが出来なくなった時に

ラッキー😳
映画館あるじゃん!!😳

とその場の幸運で出逢った
北海道が舞台の作品。

お料理が好きな人は誰しも、
食材の香り新鮮さ
目が奪われてしまうと思うのですが

広大な大地で育った食材の
豊かな香りが画面越しに伝わってくるような
そんな作品でした🥰

今の季節にもぴったりだと思います。

ぜひホットミルクを片手にどうぞ。
i7wxVrVL7Z.jpg
そしてやっぱりこれは外せない。

🎬「JOKER」です。

こちらの作品、
面白いくらい好みが分かれる作品。笑

私のように数え切れないほど何度も見た人か
1回目で爆睡した人の二手に分かれます。笑

私のような前者タイプは
きっと人生の一本に刻まれる、
最高傑作と呼べる1本だったことでしょう。。

そいやなんだかんだみてないわ🧐

という方はぜひ、
お正月の一本に選んでみてもいいかも。

私のようなリピーターのために
まだ上映してくれている映画館があるはずです。
PGbO4IO8rl.jpg
次はこちら。

🎬「アルキメデスの大戦」です。

2019年を振り返った時
色んな映画作品が浮かびましたが

やはり、「良作!」というものに出会った時は
明らかで。

映画を見終わったあと、
暫く立てなくなります。

この作品はまさにそういう作品で
衝撃を実際に味わって欲しいから、
多くは語りませんが

久々に邦画で立てなくなった作品でした。。

ある程度の歴史の知識も必要かもしれませんが
衝撃の1本もぜひ、
お見逃し無く。
wB9q6fQ63X.jpg
お次はこちら。

珍しく(?)
邦画が続きますが

🎬「記憶にございません!」です。(笑)

映画のタイトルを言っただけで
思わず
(笑)
がついてしまうほど

とにかく

(笑)(笑)(笑)

な作品です。(笑)

もはや絶叫に近い笑い声を
映画館であげてしまったのは
初めてのことでした。(笑)

コメディっていいですよね、やっぱり。

ドラマも映画もそうですが
笑いというのは
どんな自分も受け入れてくれる気がします。

だけど映画館を去る頃には何故か
一筋の涙が流れている、
そんな作品でした。

今年は邦画も大豊作で
どれにするかとても迷いましたが
この傑作をぜひ見逃して欲しくないと思い
ランクインさせて頂きます🙇‍♂️
6sDZ4ElGnz.jpg
お次はこちら。
Netflixを映画と呼ぶか問題はまた置いておきます

🎬「マリッジ・ストーリー」です。

正直私、
Netflixと映画は別物派です。

カタブツかもしれませんが
やはり自宅で観る用に作られた作品と
映画のスクリーンで観るために作られた作品は
映像の細さから何から何まで違う、
と私は考えています。

※これは単なる違いであって
配信作品を下に見たり
映画は素晴らしいと言いたいわけでは
決してありません


だけどこの作品が
今年のベストにランクインしたのは
それだけの細かく気遣われた描写と

スタッフ、キャスト含め
Netflixの気合いを感じた作品だったからです。

まず、脚本が本当に、
悔しいほどに素晴らしかった…。

そしてその作品のポテンシャルに応える
役者陣の芝居に圧倒されました。。

途中から、
あれ?これドキュメンタリーみてるんですっけ?
というほど、
細やかで素晴らしいお芝居だった。

誰かを1度でも愛したことがある人は
同じくらいに誰かを憎んだことがあるはずです。

人を愛することの辛さを知っている人なら
誰しもが共感して涙する作品だと思います。

愛に抗って、
強がっている人も、
きっと自分がばからしくなって
素直になれるかもしれません。

1度誰かの手を手放してしまった人も、
離れたところで自分が届けられる愛は何か
考えるきっかけをくれるかもしれません。

2019年の最後に、
そして2020年の始まりに、
ぜひ見て欲しい1本です☺️
_var_mobile_Media_DCIM_105IMPRT_P1011383.JPG
さて、
沢山語ってしまいましたが
皆さんの気になる1本を
見つけて頂けたでしょうか?😊

来年はどんな年にしたいですか?

そして、
どんな年にしますか?☺️

このふたつは
似ているようで非なる言葉のようです☺️

私はもう、
来年の1文字を決めました✨

それに向けて、
今日からもう動き出します🏃🏻

このブログを読んでくださっている全ての皆様、
2019年もたくさんの応援を頂き、
ありがとうございました🥰

お陰様でアクセス数が
10万超のブログになることができました😳✨

まだまだですが、
来年もこのブログを通して
皆様とたくさんの素敵な思い出を
作っていけたら幸せです。

良いお年をお迎えください😊

梛野里佳子

こんばんは☺️

昨日、ついに仕事納め!!

クリスマスもイブもなかったけど(笑)
年末年始実家で爆睡することだけ考えて
がんばりました🥰
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2491.JPG
今日は久々にYouTube アップしました🥺

Her Lip Toという
小嶋陽菜さんがプロデュースされている
ブランドを通して

仲良くなったお友達のお誕生日に❤

小嶋さんがvlogで紹介されていた
ホリデーメイクをしていきました☺️✨

メイクは自分の気分をあげるものだけど
いつも合う人の好みのメイクを
意識してます😳💓

↑このページのトップへ