とても愛おしく切ない夜になりました。ありがとう侯孝賢。