角田光代さん「紙の月」

対岸の彼女、森に眠る魚に続き角田光代さん3冊目。

なんだか、梨花に共感してしまうところもあってドキッとするし
ハッと気付かされることも多かったなぁ。