このビジュアルを観た時から、引き込まれて、ずっとずっと観たかった。石井裕也監督「生きちゃった」監督が現代の日本を捉え、エンターテインメントの中に散りばめたと言う作品。とても、魂、震えた。(黄色の文字)レ・ロマネスクTOBIさんが出演というのも楽しみにしていた要因の一つTOBIさんの出演シーンは何にも変えられない意味があったように思う。指標と言うべきか。このビジュアルのシーンはずっと頭から離れないだろうなと。観れてよかった。僕は言いたいことは言える人間でありたい。