先日参加させてもらった放課後デイサービスの田植えの後にトコトコ歩いて山の中へ…

この山も《親分(あだ名?)》の持ち物だそうです

ツリーハウス
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8312.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8322.HEIC
滑り台?
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8310.HEIC
木に縄でぶら下げられたブランコが、あちこちにあって、ハンモックもあちこちにあって…
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8319.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8309.HEIC
子どもたちは、凸凹の山道を走り回っています

顔がイキイキしてます

遊びがメインの放課後デイサービスだとか?

14名の小学生の子どもたち、7名の先生方
中学生(卒業生?)とボランティアの私
計23名で、田植えと山遊びを楽しんで…

2時間弱の活動でしたが、楽しかったぁ

留守家庭にお邪魔したことがありますが、狭い空間に子どもたちがいっぱい居て、先生方は声を張り上げ注意している記憶しかありません

ここの子どもたちはそれぞれに思い思いの言葉や行動を発していても、先生方が声を張り上げ注意する感じではなく…子どもたちも先生方ものびのびしている感じです

子どもの時代は、こんな感じで学習や生活環境を整えて欲しいのですが…難しいですね

《親分》という支援者がいること、遊び中心の活動ができること、本当に素晴らしい💕

いつまでもこの環境が続きますように…




人生初、田植えをしました

放課後デイサービスに勤めているⓂ️さんに誘っていただき、ボランティアの立場で体験学習に参加させていただきました
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8304.HEIC
住宅地の一角にある小さな棚田で…

まずは、所有者の《親分(あだ名?)》さんにご挨拶

田植えのやり方を教えてもらって、みんな裸足になり、横一列 畔に並んで…

先生がまずは見本でズボッズボッズボッと、対岸まで行き、苗を3本ほど束ねて植え付け、約30センチほど後ろに下がって植え付け…デモンストレーション

『わかったぁ? じゃあ、みんなでやるよ!
さぁ、入って…』

誰も入りません(笑)

『裸足になりたくない』と泣き出す子

『田植えは嫌だ』とそばに寄りつかない子

先生たちがそれぞれに声をかけていましたが…😅

ならば…

子どもたちのお世話というより、田植えをするために来たので(笑)

とにかく苗を植えなきゃ(笑)

ズボッと入ってみたものの、思いの外 埋まり、よろけそうになりながら前に進んで田植えを始めました💦💦

一人、二人入り始め、『きゃ〜』だの『気持ち悪い』だのと声が聞こえ始め(笑)

でも、ふと後ろを振り返って見ると、私の横に並んでいた子たちが入ってこない😅

『おいで、おいで』と手招きしても尻込みしていて…先生方が声かけたり、背中を押したり💦💦

とりあえず自分の分を終わらせてからサポートしようと田植えを続けていると、やっと入ってきた子の手が背中に…よろけて私の背中に手をついたような感じ

『良かった、転けなかったね』と声をかけ振り向くと、真剣な顔で泥だらけの手をヒラヒラさせてバランスをとりながら進んでいて(笑)

田植え前から泥だらけ?
なんで?

カエルやおたまじゃくしやアメンボやカナヘビと遊んだ?

ウケる(笑)

すぐ飽きちゃう子、苗をバスッバスッて投げる子、丁寧に植え付ける子

いろんな子がいて…💕

あっちこっち向いた稲が育ちそう(笑)
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8303.HEIC
元気に育ちますように🤗

9月末には稲刈りできるそうです

また参加させていただこうっと(笑)

楽しみ❣️
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8305.HEIC
田植え自体は15分ほどで終わったのですが、泥の中にズボッズボッと進んでいく感じや、スポッと足を抜く感じ、泥が乾いていく感じや洗ったらすぐ取れる感じが楽しくて…

泥で楽しむといえば、有明海の干潟で行われるガタリンピック❣️

今年は、5月31日(今日)開催予定だったようですが、コロナ禍で中止になったようです

テレビで見ることしかなかったけれど、来年は行きたくなりました(笑)



コロナ禍によって、レンタルスペースも影響が出ています

営業制限はされていないので、3密に気をつけながら提供しています

ただ、緊急事態宣言が解除されても、レンタルする人やその関係者の方々は、レンタルスペースに足を運ぶことを躊躇するようです

厳しいことを言うようですが…
自粛期間中、オンラインが生活の中にドカドカと入り込んできました

もし、わざわざ会いに行って習うより、オンラインの内容が充実していたら、そちらに心奪われるのはごく自然なことです

先生も生徒さんも、共にお得な方に心が動きますよね(笑)

今、オンラインの方がお得で安心と思われているようです

ならば、お得なこととは?
生徒さんにとって、リアルに会うことで、オンラインではできないことはなんでしょうか?

それは、リアルじゃないとできないこと
…例えば、一緒に同じものを食べたり飲んだり…

…例えば、分けあったり、作り上げたり…

…例えば、匂いを嗅いだり、温度を感じたり…

…例えば、握手したり、ハグしたり…

雑談したり、サークルの後にランチやショッピングに行ったり…
いわゆるサークル内容だけではなく、五感で感じることや➕αの部分にどれだけ魅力があるかということ
もちろん先生の魅力は必須(笑)
V0owimV1l_.jpg
先生の魅力って?

『先生に会いたい』と思わせる何かですよね

サークルの内容はもちろんですが、オンラインでは伝わらないスキルだったり、人柄だったり、思いだったり、努力だったり、誠意だったり…

それに乏しい方々には、この厳しいコロナ禍では、生徒さんたちはついていかないようです

先生は《経営者》です

コロナ禍で厳しい時代だからこそ、ニーズをしっかり捉え、生徒さんたちとの信頼関係をしっかりとしたものにしていく知恵と努力が必要だと思います

玉石混淆💦

キラッと光る何かを…🤗

玉も磨かなければ単なる石ですよね💦💦💦

って、これは、私にも当てはまります

レンタルする人に、『ここで続けたい』『ここじゃなきゃ』と思ってもらえるように…頭も体も心も、時にはお金も使わなきゃ…磨いていかなきゃ、錆まっせ(笑)




↑このページのトップへ