月別アーカイブ / 2017年09月

ブログ第1回目で、花輪について少し書きましたが、このコミュニティを作りたいと思ったのは、根底に想いがあったから。

今ほど副業がもてはやされていない時代に、私は花仕事をコソコソ始めました。
当時は会社にバレるとクビになる時代だったので、かなりひっそりと…俄然、怪しかったと思います😅今思えば。

そんな中、某デザイナーさんのアシスタント業を始めた頃、大掛かりなフラワーディスプレイの現場が多く、作り上げる作業は、沢山の花材をつかってホントに楽しかったんです。
夢のあるお仕事でした。
でも、その数時間後に、無残にゴミになるのを何度も見て、私は何をしているんだろうと…
撤収は限られた時間内にしなければならない為、ほぼ花をわしづかみ。
私達アシスタントは、持ち帰ってから、綺麗な部分だけ残して再利用したり、持ち帰ったりと、何とかゴミにしたくない想いから、必死でした。

それでも、毎日大量に撤収してくる花材を整理するのが、追いつきませんでした。

たった数時間だけ綺麗にディスプレイされ、その後はゴミに変身する。
それを繰り返す事がイヤになり、花仕事を辞めようかと思ったほど。
大好きな花を、誰よりも粗末にしてる自分が許せなかったんです。

その後、ボランティア的に、ゴミになりかけた植物を回収&再利用する活動をし始めましたが、業界内で賛同が得られず、認知されるほど広まる事も無かった。

今現在、これだけsnsが日常になり、コミュニティを作りやすい環境になった今だから、志を同じくする仲間を集めて、もう一度チャレンジしたいな、と。

そして、集まってくれた仲間の力になれる事があれば還元したいし、皆んなで花を媒体に楽しめる要素を取り入れたい。

気になった人は、ぜひ10月公開の新サイト見てくださいね。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3329.JPG

前日に、お花屋さんの話をしましたが…
日本のお花屋さんは、本当に大変なんですよ。毎日売れ残った花をどう蘇らせて、商品にするか、残らないように過去の統計数字から、仕入れ本数を絞ったり。

でも❗️

花屋さんにある花のうち、仕入れたばかりの新鮮な花は、1/3から半分程度です。つまりは、仕入れてから2日以上経った花がほとんど。

その状態で、変色したり、花びらが落ちたりしない限りは、店頭に手を変え、品を変え、並び続けます。

買ってから何日持つのか…想像つきますよね。
見分けるポイントは、やはり価格です。
安い程、日数経ってます。
よく、バラが凄く安かったりしてる時がありますが、あれも日数の経過した商品で、お花屋さんがよく使う手段です。

一時期、500円ブーケが流行りましたが、皆さん買った事ありますか?
あれも、同じ手法です。
お花にお買い得品はありません💧残念ながら…。

なので、お花屋さんで花を買う時は、単価の高い花を少数買うのが、◯マル。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2084.JPG
びっくりする程、持ちが違いますよ。

花屋で働いていた頃、よくお客様に長持ちする花をくださいと言われていました。
すかさず、単価の高い花をオススメして、店長に怒られてましたが😅

お店としては、花をムダにしたくないので、日数経ってる花から…が常識なんです。

お花屋さんのウラ事情でした🌺
参考にしてくださいね。


私は仕事として花に触れる機会は多いですが、皆さんはどうですか?

一週間に一度でも、一ヶ月に一度でも、お花屋さんに足を運びますか?

花屋で働いていた時代に、毎日決まった時間に一本だけ花を買いに来るとか、金曜日に必ず買いに来るとか、そんなお客様は、ほんの一握りでしたね。

でも、定期的にお花を買う人って、何かステキだな〜と思いませんか?

私はこんな事言ってて、部屋に花があると、どうアレンジするか、つい考えてしまい、休まらないので、部屋には観葉植物のみなんです😅

だから余計に、他の人が花を部屋に飾りたいと思うのは、どんな時なんだろう…って興味があるんですよね。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2004.JPG

フランスでは、夕方になると花屋に行列が出来て、お店の花が全て売り切れになる事が、当たり前だそうです。
毎日ですよ⁈
信じられないですよね。
1番の理由は、きっと価格です。
ヨーロッパでは、日本の半値以下でお花がたくさん買えます。
10本単位で買うのが普通なんですよ。
広大な花畑がたくさんありますからね。日本とは面積が違う😞

だから、お店で売ってるお花は、常に仕入れたばかりの新鮮なお花なんですよ。

そこも、日本の花屋とは、全く違う!
皆さんが花屋で見てる花は、全て新鮮な訳じゃないですから。

お花屋さんをリークするつもりはないですが、皆さん実情を知りたいですよね。
何故に高いわりに、長持ちしないのか。

その辺は次回で…。




↑このページのトップへ