前日に、お花屋さんの話をしましたが…
日本のお花屋さんは、本当に大変なんですよ。毎日売れ残った花をどう蘇らせて、商品にするか、残らないように過去の統計数字から、仕入れ本数を絞ったり。

でも❗️

花屋さんにある花のうち、仕入れたばかりの新鮮な花は、1/3から半分程度です。つまりは、仕入れてから2日以上経った花がほとんど。

その状態で、変色したり、花びらが落ちたりしない限りは、店頭に手を変え、品を変え、並び続けます。

買ってから何日持つのか…想像つきますよね。
見分けるポイントは、やはり価格です。
安い程、日数経ってます。
よく、バラが凄く安かったりしてる時がありますが、あれも日数の経過した商品で、お花屋さんがよく使う手段です。

一時期、500円ブーケが流行りましたが、皆さん買った事ありますか?
あれも、同じ手法です。
お花にお買い得品はありません💧残念ながら…。

なので、お花屋さんで花を買う時は、単価の高い花を少数買うのが、◯マル。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2084.JPG
びっくりする程、持ちが違いますよ。

花屋で働いていた頃、よくお客様に長持ちする花をくださいと言われていました。
すかさず、単価の高い花をオススメして、店長に怒られてましたが😅

お店としては、花をムダにしたくないので、日数経ってる花から…が常識なんです。

お花屋さんのウラ事情でした🌺
参考にしてくださいね。


私は仕事として花に触れる機会は多いですが、皆さんはどうですか?

一週間に一度でも、一ヶ月に一度でも、お花屋さんに足を運びますか?

花屋で働いていた時代に、毎日決まった時間に一本だけ花を買いに来るとか、金曜日に必ず買いに来るとか、そんなお客様は、ほんの一握りでしたね。

でも、定期的にお花を買う人って、何かステキだな〜と思いませんか?

私はこんな事言ってて、部屋に花があると、どうアレンジするか、つい考えてしまい、休まらないので、部屋には観葉植物のみなんです😅

だから余計に、他の人が花を部屋に飾りたいと思うのは、どんな時なんだろう…って興味があるんですよね。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2004.JPG

フランスでは、夕方になると花屋に行列が出来て、お店の花が全て売り切れになる事が、当たり前だそうです。
毎日ですよ⁈
信じられないですよね。
1番の理由は、きっと価格です。
ヨーロッパでは、日本の半値以下でお花がたくさん買えます。
10本単位で買うのが普通なんですよ。
広大な花畑がたくさんありますからね。日本とは面積が違う😞

だから、お店で売ってるお花は、常に仕入れたばかりの新鮮なお花なんですよ。

そこも、日本の花屋とは、全く違う!
皆さんが花屋で見てる花は、全て新鮮な訳じゃないですから。

お花屋さんをリークするつもりはないですが、皆さん実情を知りたいですよね。
何故に高いわりに、長持ちしないのか。

その辺は次回で…。




新サイト公開前に、ラインブログオープンしました〜♬パチパチ👏

サイトのブログとは違って、仕事の告知やコミュニティの輪を広げたり、全くの独り言だったり、食レポだったり…コメント大歓迎の繋がるブログになれば良いかなと思います。

記念すべき第1回目は、これから作ろうとしているコミュニティの話を。
一つめは、HAND  WORKS
名前は、もう決まってるんです🤗内容は、手に職や技術を持った職人集団を作ること。色んな技術を集めて、化学反応を起こそう❗️がスローガン。

2つ目は、花輪karin
花が好きな人、花を仕事にしたい人、花が好きな人と繋がりたい人、花アレンジの技術を身に付けたい人、お花屋さんで働いている人、花の仕事から遠ざかっている人…とにかく花が好きな人が集まる場所。日常に花が溢れる国になって欲しいから。この集団から、何かを発信出来たらいいなと。

サイトが公開されたら、当てはまる人は、集合❗️してくださいね🤗
IzYcSW_r1Q.jpg

↑このページのトップへ