デスクワークで肩こりの人
巻き肩が気になる人
肩甲骨が動かない人へ。

狙うは2つの筋肉。
肩甲骨の内側にある肩甲下筋
肩甲骨から肋骨に広がる前鋸筋です。

特に肩甲下筋は肩甲骨の内側にあるため、
直接触ることができません。
ケアを怠ると肩こりや巻き肩に直結してしまう
とても大事な筋肉なのに、
マッサージではほぐせないのです。

一方ストレッチは、
マッサージでは届かない
筋肉の深層部にアプローチできるので、
痛みの改善にとても効果的です。

なぜ肩甲下筋や前鋸筋が硬くなると
肩こりや巻き肩になってしまうのか?
流れは⬇こうです。

①デスクワークなどで猫背&腕を前に出した状態が長時間続く
②肩甲下筋、前鋸筋に負担がかかり
硬くなる、収縮する
③肩関節を前に引っ張りこむようになる
④巻き肩になる➔肩に負担、痛み発生🔥

肩こりの改善にも予防にも、
ここのケアは絶対必要だと考えてます。
動画を参考に真似してみてください😌
もっと詳しく知りたい方はお教えしますので
来店時にお申し出くださいね。
なるべく良い状態がキープできるよう
フォロー致します👨‍⚕

ボディケアサロンMy Room
【住所】愛知県岡崎市羽根町若宮13-1
(JR岡崎駅東口徒歩5分・駐車場あり)
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】木曜日
【電話番号】080-9971-9233
◊ご予約はHPから*24時間WEB予約受付中◊


パソコンの画面をじーっと真っ直ぐみる。
スマホをみたりタブレットを操作する。
長時間運転をする。

首を同じ位置に固定していると
首の筋肉は硬くなってしまいます。

首こりに加え、
ひどくなると頭痛や目の疲れも。

ストレッチでしっかり伸ばし
つらい首こりを解消していきましょう!!


1.首から背中までのガチガチを解消
首から背中にかけて広がる大きな筋肉
「僧帽筋」

腕を持ち上げたり
何かを引っ張ったりする役割
があります。

ただ、日常生活であまり使われないし、
デスクワーク中はずっと
腕の重さを支えているので
何もしてないのに硬くなりやすいのです。

✔僧帽筋ストレッチの方法

①両指を交差させ、頭の後ろにセットする

②手の重みを使って頭を真下に落としていく

▶首の後ろ〜背中に伸びる感覚があればOK


2.首すじの張りがとれる
鎖骨〜耳の後ろにつながる筋肉
「胸鎖乳突筋」

首を左右にねじったり傾ける役割
があります。

首すじが張って疲れるーー!!というのは
まさにこの筋肉が硬くなっているから。

首を同じ位置で固定して仕事をしているので
硬くなってしまうのです。

✔胸鎖乳突筋ストレッチの方法

①首を横に傾け、手を腰にあてる

②あごを少し上に向け、手で頭を掴む

③斜め上を見るように、斜め後ろにゆっくり引っ張りこむ

※反動をつけると痛めやすいのでゆっくりと


3.書類仕事やスマホによる首疲れに
首の前側にある筋肉。
書類仕事やスマホ見てる間、
ここの筋肉は常に縮み続け硬くなりがち。

✔首疲れストレッチ方法


①両手を広げて合わせ、
あごの下に親指をセットする

②ゆっくり親指を上に突き上げる

①左右の鎖骨の間に両手を添え押さえる

②そのままゆっくりと上を向く


20秒×3セットが目安です
呼吸を止めずゆっくりおこなってください


ボディケアサロンMy Room
【住所】愛知県岡崎市羽根町若宮13-1
(JR岡崎駅東口徒歩5分・駐車場あり)
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】木曜日
【電話番号】080-9971-9233
◊ご予約はHPから*24時間WEB予約受付中◊

20210419_200009_0000.png
つらいつらい肩こり、首こり、頭痛…
その気になる不調は
もしかしたら巻き肩が原因かも。

巻き肩の原因や予防方法を知っていただき
痛みや不調のない体を目指しましょ!✨


⚫巻き肩とは?
胸の筋肉がギュッと縮んだ状態で
肩甲骨ごと肩が引っ張られ前に出ている姿勢のこと。
耳より肩が前に出ていたら
あなたは巻き肩の可能性あり!?

巻き肩の原因は?
巻き肩は別名「スマホ姿勢」とも言われます。
スマホを見るような猫背の姿勢を
長時間続けることが原因のひとつ。
長時間のパソコン仕事もそう。

この姿勢が続くと
胸の筋肉がギュッと縮んでしまい、
巻き肩になりやすくなります。

具体的にココの筋肉が原因だ!
✔大胸筋 ✔小胸筋
(体の前側の筋肉)
F3BD5ED9-1973-4F06-8EAF-50DC643691B3.png
大胸筋···胸~腕についた筋肉
小胸筋···肋骨~肩甲骨についた筋肉
ココが固まって縮むと肩が前に引っ張られる
⇒巻き肩に


✔前鋸筋
(側面の筋肉)
8D197F8F-6FCC-4817-B63B-86F12DEBAB7F.png
あばら骨~肩甲骨についた筋肉
ココが固まって縮むと肩が前に引っ張られる
⇒巻き肩に


✔菱形筋
(後ろの筋肉)
A1AF2344-D51C-4AD0-B207-70DB891A4000.png
背骨~肩甲骨についた筋肉
ココが弱ってしまいうまく使えなくなると
姿勢が保てなくなる。
肩甲骨を引き寄せられなくなる。
⇒巻き肩に


⚫巻き肩のケア
セルフストレッチ&エクササイズ

✔胸のストレッチ
①四つんばいになる
14E55F0D-6E91-4549-9DCC-D08D28B53048.png
②片腕を外側へ伸ばす
B4C01610-8023-4D2B-9C93-15BB4F7C5BAD.png
※上体を下げ、
伸ばした腕と反対方向へ体をひねる
胸の筋肉が伸びてる感覚があればOK
[左右20秒]


✔脇の下のストレッチ
①片腕を上へ伸ばす
1E7A8C00-D3DF-4429-B2D4-AAC5BCD38A2F.png
②反対の手で手首をつかみ真横にたおす
FE8C6E5C-3CBB-42FD-B716-4337FC91CEBA.png
脇の下が伸びてる感覚があればOK
[左右20秒]


✔肩甲骨のエクササイズ
①腕をバンザイする
4F95060B-DF2D-4632-B222-6D0B339593D3.png
②手のひらを外に向けながら肘を曲げる
E654F3FF-1170-4AB1-93A8-F4850A15A87C.png
※肩甲骨を下に下げて背骨に寄せるイメージ
[10回]

各3セットできるとさらに効果的です🤓

ぜひこのセルフケアを身につけていただき
巻き肩の予防•改善にお役立てください◎
不調のない日常を送ってくださいね。


ボディケアサロンMy Room
【住所】愛知県岡崎市羽根町若宮13-1
(JR岡崎駅東口徒歩5分・駐車場あり)
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】木曜日
【電話番号】080-9971-9233
◊ご予約はHPから*予約状況随時更新◊

↑このページのトップへ