いま、東京の出張先を終えてブログを更新しています。


東京に来たのは、新潟から新幹線で東京に入ったのです。JR東日本の新幹線のチケットって1ヶ月前の予約でとても安く切符が購入できます。最大だと50%OFFなんで切符と登場するのです。普通は35%がいつもの割引価格になっています。新潟から東京の運賃は10,000円なので7,000円をきる価格です。


えきねっとというサイトから簡単に予約できます。


セミナー終わりでは自分へのご褒美として、JRであればグリーン、飛行機であればプレミアクラスで帰ってきます。今回もJRで新潟までをえきねっとでグリーンを35%OFFで予約できておりそれを使用して、じっくりと寝て帰ってきました。



一般の指定席より、グリーン車利用の方が安いのです。もし、JR東日本を利用することがあればぜひともチャレンジしてみてはいかがでしょうか? ただ、35%OFFは席に限りがありますので1ヶ月前からの予約が必要になります。

IMG_0178.JPG


今回のタイトルは、そんな指定席を取っているにもかかわらずなぜ並んで電車を待っているのか? いつも不思議に思っていました。この答えは未だわかってはいないのですが・・・



指定席といえば、誰でもわかっていると思うのですが予約の時点で席は確保されていますので、わざわざ電車が来る前から並ぶ必要はないはずです。グリーン席の場合は、多少状況が違います。電車に乗るのはギリギリだったり、ホールでウロウロしたりと並ぶ人は少ないです。



飛行機の搭乗もにている部分があります。私は飛行機に搭乗する場合は、飛行機の場合は準備することが多くあるのでなるべく早く乗っています。会員レベルで搭乗の順番があります。



小さい子どもがいるファミリー・搭乗にお手伝いが必要な方からスタートして、最上級の会員、上級会員となっていきます。満席近くになると後ろの席、窓側という順序で搭乗が始まります。500名近く乗る場合は、前方の一般席は少なくても15分はゲート前で待っていなければなりません。



今回も行き帰り新幹線だったのですが、きちんと2列に並んでおりました。この疑問は日本にいる限りずっと思っているのではと思います。



東京での話となります。今回のセミナーはキュレーションサイトとGoogleマイビジネスについての話をしました。キュレーションサイトは今は下火ですが、活用の方法次第ではまだまだできると思います。そのことをしっかりと説明させていただきました。



夜の部は、Googleマイビジネスはいまとても熱いのです。Googleマイビジネスだけあればサイトやブログもいらないかもしれません。そのくらいのインパクトがあります。その理由の一つは、キーワードの選定がうまくいけば、いつも上位表示が可能でありその場所は一等地で表示されるからです。SEOがまったく必要がないのです。



サイトやブログの場合であれば、アクセス解析を駆使しながらキーワードを選定してサイトやブログを最適化していかなくてはなりませんが、Googleマイビジネスでは運用していればキーワードが簡単にみることができます。どんなキーワードがやって来ているのか、電話は何件かかって来ているのかなどユーザーの行動が手に取るようにわかるのです。



本当に難しいことはまったく必要がありませんので、サイトやブログを持つことなくGoogleマイビジネスだけで完了してしまういきよいです。



しっかりと運営できれば、大失敗はないと思います。ただ、最初の2年をどう我慢できるのか? ここをクリアできればとてもオススメいたします。理由は、印刷物のリピートが安定してくるのは時間がかかります。印鑑は毎日売れるはずなのですが、印刷系は時間がかかるのでどこまで我慢できるのかが大きなポイントです。


あとは、制作物をつくる場合は日々の勉強も続けていかなくてはなりません。主に使うのはイラストレーターの基本が必要になるでしょう。基本の基本でも構いませんが、時短ができる方法も数々存在します。同じ名刺だとしても、作る側からすると時間短縮することでいままでと同じ時間で2件できることにもなります。


もし、あなたが何か勉強を初めたいと思っているのであれば、イラストレーターはもっとも武器になるツールになるでしょう。印刷物はどんな会社でも使用しますし、時には社内イベントのポスターを作る場合もあるでしょう。自分のスキルアップするもっとも良いツールだと思います。違う言い方をするとつぶしがきくソフトなんですね。


YouTubeの動画のタイトルを作ることもできますし、Tシャツやうちわなどもイラストレーターが力を発揮するでしょう。万能といえるくらい活用ができるのがイラストレーターとなると思います。イラレはホントとても活用の幅は無限に広がります。



私ももう数十年イラレを使っていますけど、上達はなかなかしません(笑)。というのも必要な部分はアップデートもしっかりと活用できているのですが、使わない部分は必要があれば調べて使う感じなので、いっこうに上達しないわけです。


チラシやポスター、名刺などはもちろん、バリバリ作成できます。ロゴを名刺に入れるのにトレースは得意の分野です。イラストレーターの自動トレースも進化していますが、まだ手動の方が綺麗にできあがります。他にもまだまだ、使える機能はいっぱいあると思います。


はんこ屋さんが使うのもイラストレーターがもっとも使うソフトで、はんこ屋さん専用のソフトの使用頻度は年々落ちています。80%はイラストレーターとなっております。



一度、来店されてから顧客にできるかどうかは、お店の雰囲気だったり対応だったりで一見客になってしまうのではないでしょうかね。

IMG_4675.JPG


すべての客に最高のサービスを提供し、満足してもらうことで顧客にしていくことはまぁ〜とても難しい話です。そんなことを経営の基本としていれば、会社はうまく回りません。社員が振り回されて仕事になりません。


たとえば、同じはんこ屋さんの中でも得意な部分と不得意の部分が実際にあります。私の考えは不得意な部分のスキルをアップすることはまったく興味はなく、スキルアップすることも推奨していません。逆を返せば、得意な部分をもっと伸ばすことを考えています。


不得意の部分ができなければ、顧客ならないのではと思うでしょう。不得意の部分は他社にお願いする方がよっぽど良いです。顧客にならなくて結構なのです。お願いして仕事をお願いしたくはありません。


昔からいわれる、「お客様は神様だ」と言われるますが、まったく違う意見です。神様ではありません。しかし客はそう思ってお店にやってきます。そんな仕事は受けませんし、丁寧にお断りします。断ると逆上したりしますが、ここで負けてはいけません。しっかりとお断りすることが後々精神的にも安定します。


ここで注目してほしいのが、インターネットで情報を公開をすることでその来てほしくない客にフィルターをかけることができます。サイトやブログにこんな客は来ないでください。直接的ですが、この種のことを明記しましょう。さらには、こんな趣味のスタッフがいますなど誰がいるのかも重要になり、私は、釣りやキャンプが大好きですなど、仕事に関係のないことを書いておくことで仕事がうまく進むようになります。


昨今の新規の客は、大抵はインターネットをみたりして評価を見たりしてやってきます。うちの会社のGoogleの評価は最悪といえます。でも、それを消そうとか友達に良いレビューを書いてと頼むことなどは一切していません。何か問題があり、私共が悪い場合もあったかもしれません。それはある意味正しいので良しとしています。


いま、弊社は運営開始から18年を経過して凸凹はありましたが、多くの優良客に恵まれています。なので、言い方は下品ですが客を選んで仕事ができています。もちろん、もっと多くの客に来店してほしいとは思っていますが、俺は客だ!! というようなお客様には断り入れます。


すべての人に受け入れられることはできないと思っているからだであり、すべての来店客を顧客にしたいとも思っていません。万人を受け入れることを前提にするならば、より多くのスタッフと設備も必要となるので、現状では到底ムリなのでまるで考えてはおりません。


当店を良いと思って来てくれる方には、スピード感を持って要望に答えることを積極的に行っております。その結果、10年以上も当店を利用してくれる方が多くおります。一年に一回というお客様も珍しくはありませんし、以前作ったことがあるということで、データを調べて見ると12年前に作ったというお客様でした。1ヶ月に数回の方もいます。10年前に作った会社がうまくいって、もう一つ会社が必要になったので、作りに来ましたというお客様もおります。


10年も待てないとは思いますが、良い雰囲気や気分が良く買い物ができるようになっていれば、必要な時には思い出してくれるのです。


ただ、近年のインターネットの検索で、いままで知らなかった会社やお店を簡単に情報を取得できます。なので、情報を提供していく必要があります。とはいえ、ホームページが必要なわけではなく、無料でできる部分も多くあります。

MKMNzxmaWN.39.02.png


代表的なものはGoogleのマイビジネスです。最低でもこのマイビジネスは必須な情報提供と考えます。最初の時間はかかりますが、無料で順路も検索できたりと来店の促進ができます。


ある意味、SEOなどのテクニックなどは必要ありません。探している人が近くにいると自動で検索されるのでローカルビジネスにとってはとても重要となっていますので、ぜひ登録をしておいてほしい一つです。

↑このページのトップへ