17-12-29-08-23-56-456_deco.jpg


テレビでテレビの問題点を!!

今朝、テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」にて玉川さん(テレ朝報道局)が、

ウーマンラッシュアワーの時事ネタ漫才を取り上げつつ、インタビューしつつ、

「相撲や政治家の不倫なんかよりも大切なニュースがあるはず」

とテレビ業界を批判。

テレビでテレビの問題点を語るって、なかなか凄い。

テレビの人達だって本当は相撲や不倫なんてどうでもいいはずで、とは言え仕事なので興味があるフリをしなければならない。

日々自分の心にウソをつくって、なかなか大変だろうな。

サラッと的確に本音を言った宇賀アナお見事。


では何故、どうでもいいニュースばかりが取り上げられるのか?

それは視聴率がとれる、要は国民が求めているからだと。

ウーマンラッシュアワーの、世間の問題点を指摘した漫才の最後は客席を指さし「お前たちのことだ!」で終わる。

玉川さん曰く、視聴率のためのテレビはどうなのか?

ウーマンラッシュアワー曰く、国民の意識はどうなのか?と。

なるほど。


衝撃の一言にて変化

25年位前の話ですが、渋谷クワトロでのイベントで、

身体障害者の人がヴォーカルであり、演出も演奏も凄く凝っている完成度の高いパンクバンドを見ましてね、

かすかな記憶なのですが、最後にこんな感じの事を言ったんですよ、

「本当の障害者は、障害がある=不幸と決めつけるような、心に障害を持ったオマエらだ!!」と。

いやぁ~衝撃でした。

それ以来、物の考え方が変わったんですよね。


心の障害

そう言えば、10代の頃に組んでいた「破天荒」というバンドがありまして、そのヴォーカルが皮肉で

「上見りゃキリね、下見て暮らせ」と歌っていたんですよ。

今思えば、10代にして凄い。。。

体に障害がある、お金や仕事がない、なんとなく上手くいってなさそうな人は、自分より不幸なはず、と勝手に決めつけ、今の自分を納得させる。

地位、名誉、お金などがある人は、自分より幸せなはず、と勝手に妄想を抱いて妬み、ストレスを抱えながらも、あわよくば自分もなりたい。

全ては他人基準であり、自分の軸がない、自分の心が見えていない。

これこそが心の障害かもしれませんね。


自分の軸がないと…

他人と比べる、嫉妬、それが一概に悪いわけではなく、必要な時は多々あるし、頑張れるキッカケになる。

ただしそれは「自分の軸」があるという大前提。

自分の軸や基準がないと、自分の立ち位置もわからず、

なんでもかんでも他人と比べ嫉妬し、過剰な自己主張…

いつまでたっても、どこまで行っても、仮にどれだけ成功しようとも、

自分が幸せになる事はない…

そればかりか、

無意識のうちに他人を傷つける…

自分を誤魔化し続ける人生…

俺もアナタも誰もが簡単になりうる心の状態。

俺は何度もなっていた。

もしかしたら今だって多少あるかもしれない。

自分だけは違うなんて思っていたら「お前たちのことだ!」って怒られますな。


自分の軸を作る

まずは自分の体の状態に意識を向けてみる。

心と体は繋がっているので、心が乱れていれば、表情始めアチコチが固くなり、呼吸は浅くなっている。

ならば、まずは呼吸を整えてみる。

自分の心身の状態に意識を向けることで、自分の本心に気付ければ、無駄な嫉妬はなくなるかもしれない。

信じるか信じないかはアナタ次第(笑)


本日も呼吸法

本日は神奈川県藤沢にてセロトニンドラムサークル!!

自分の心知るべく呼吸法で心身を整え、雑念を排除してドラムやパーカッションを叩きまくります!!

良かったら!!


セロトニンドラムサークル
1月9日(火) 渋谷文化センター大和田  14:00~17:00
1月18日(木) 浜松市三ヶ日町 B&Gセンター
1月19日(金) 名古屋栄 プチナイン
1月20日(土) 京都 川岡保育園 17:00~19:30 ※参加者は大人の方です

時間 19:00~21:30(※途中参加、退場可)
料金 ¥3,000
予約・お問い合わせ