転んだ理由は自分の心

本日、面白い身体の実験をされまして、

正座していて横から押される。

当然体が傾き倒れる。

倒されまいと力を入れれば入れる程、倒れる。

がしかし、

押された箇所を、押し返そうとせず、気にせず、腹を据えて、いつも通りにリラックスして座っていれば、

なんと、あまり動かない。

がしかし、これが難しい…

どうしても気になるし押し返してしまう。

がしかし、達人に至ってはほぼ動かない。

何故なら心をコントロール出来ているから。

ちなみに達人とは言え、老人ではなく若くてカッコイイ方。

体が倒れない練習を繰り返す。


物理的に種明かしをするならば、

土台の悪い固い建物よりも、土台が安定していて、柔軟に衝撃を逃す建物の方が、当然地震に強い。

人間も、多少押された位で腹を立てずに腹を据えてリラックスしていれば、土台が安定し、実は倒れない。

ところが、ちょっとした事でも、心が動じて体が固くなってしまえば、衝撃をもろにくらってしまうため、いとも簡単に倒れてしまう。

と言う事は、

押されたというよりも、心が動じて自ら倒れた、と言っても過言ではないかと。

よくよく考えれば、大した事のない些細な出来事でも、

心が荒れてしまえば、いとも簡単に倒れる、免疫力だって落ちる。

動じずに腹を据えていれば、そう簡単には倒れない、免疫力も強い。

体を通して生き方を学んだのでした。


動じない

dojinai.jpg

そう言えば先日飛行機の中で「動じない」という本を読んでいまして、

なんと機内に忘れて来てしまいまして、

しまった!!!!!と思ったのですが、

動じない、動じない、また買えばいいさぁ、と思ったのでした(笑)

でも今後は忘れないように心がけます。

そしてこうしてブログやFacebookに書くことで、自分の潜在意識にいい情報を改めて入れるのです♪