こんばんは。野崎弁当です。
今日はいつもと趣向を変えて、野崎弁当がこれまでどんな音楽を聴いてきたのか、ということをお話ししたいと思います。


まず前提として、僕は昔から音楽に疎い人間でした。

歌を歌うことは好きだったので、学校の授業での、教科としての音楽は好きでした。それから、世間で流行っている音楽も人並みに聴いていました。

ただ、友達が「インディーズでこんなバンドがいて〜」とか話題に出してきても、その話にはあまり食いつけなかったことを覚えています。
世間で流行っている音楽は聴くけど、そこから一歩狭いところへ踏み出そう、音楽シーンについてもっと深く知ろうという思いは弱かったのだと思います。

その傾向は、学生時代のほぼ全てにおいて続きました。知っている曲もシングル曲がほとんどで、カップリングやアルバムの曲にはあまり興味が持てない……。音楽に関してはそんな感じの歩みでした。


では、そんな僕がいったいどんな音楽を好んで聴いていたのか。ここから少しご紹介したいと思います。



まず、小学生の頃に大好きだったのが、以下の6曲でした。

KANさんの『愛は勝つ』『それでもふられてしまう男(やつ)』
たまさんの『さよなら人類』
大事MANブラザーズバンドさんの『それが大事』
B.B.クイーンズさんの『ギンギラパラダイス』『君にコケコッコー!』

この6曲はとにかく大好きで、カセットテープを聴きまくった覚えがあります。この頃の僕の音楽といえばCDではなくカセットテープでしたね。

小学生にしてはなかなか渋めの選曲な気がします。僕はあまりアニメを見なかったので、いわゆるアニメソングに滅茶苦茶疎かったんですよね。なので、少し周りの友達とは違う嗜好になっていったのだと思います。
ちなみにB.B.クイーンズさんの2枚目のシングルが『ギンギラパラダイス』で、1枚目はちびまる子ちゃんで有名な『おどるポンポコリン』です。でも僕は『おどるポンポコリン』よりも2枚目の「ギンギラパラダイス』とそのB面(あえてカップリングと呼ばずB面と呼びます)の『君にコケコッコー!』が好きだったんですよね。

KANさんの楽曲についても、どちらかというと『愛は勝つ』よりもB面の『それでもふられてしまう男(やつ)』が好きでしたね。


ちなみに、そんな僕がほぼ唯一と言っていいほどかなり好んで聴いていたアニメソングが、幽☆遊☆白書のOP・EDテーマでした。『微笑みの爆弾』や『アンバランスなKissをして』など、本当によく聴いていましたね。

そして、僕は中学生くらいからモーニング娘。さんのファンなので、当然モーニング娘。さんの曲はとてもよく聴いていました。この辺りについては言わずもがなだと思うので、割愛します。

その他、中学生の頃聴いていたアーティストさんの中で、特に多く聴いていたのが、以下の方々だったように思います。



○19さん
○椎名林檎さん
○鬼束ちひろさん



長くなってきたので、この辺りの話はまた次回ということで。