こんばんは!

です。

昨日、英語でブログを更新させていただきましたが、

和訳を更新したいと思います。

めちゃめちゃ意訳です。直訳ではありません!

こんなことを書きたかったよってことですので、

よろしくお願いします♪



―――――以下、翻訳開始!―――――



こんにちは!にーちゃんです^^

今日は、英語でブログを書いてみようと思います!

なぜなら、韓国に向けて、感謝の気持ちを伝えたいと思ったからです。

もしそうするのであれば、英語のほうがいいと思いまして…。

英語に自信はないんですが、がんばってみます!

伝わったらうれしいな~…(*´―`)



ぼくたちは、ファンの皆さんと一緒に韓国に行って、

素敵な時間を過ごしました。

兄は、韓国を訪れるのは今回が初。

なので、

目に映るものすべてが新鮮でした。

道ゆく人々、町の音、どこからか立ち込める素敵な香り

山の形、川の色、きれいな建物などなど…

日本と違うところがたくさんあって、面白かったです。



特に印象に残っているのが韓国料理!

もちろん、日本で食べたことはあります。

でも、"餅は餅屋"ですね。

(※専門家には敵わない。というような意味のことわざです。)

(現地で食べるのは一味も二味も違うということを言いたかったわけです。)

食べたもの全部おいしかったです。

ぼくは辛い物があんまり得意じゃないんですが、そんなことちっとも関係ありませんでした。



ぼくは、海外に行くのが好きです。

教科書に書いてあることを見つけることができるから。

その場所をちゃんと理解するためには、そこに実際行くのが一番だと思います。

知識だけでは不十分です。

大切なことは、経験することです。

経験することで、初めて理解することができるんです。



そして、

海外に行くことで、母国のよいところを見つけることもできると思います。

若者にとって

両親のよいところを見つけるのってちょっと難しくないですか?

多くの人は大学進学なんかで家を出ると、ありがたみに気付いたりしますよね。

近すぎると、見えないもんなんですよ。

旅はいつも、ぼくたちの生活に彩りを加えてくれるんですよね~。



今回の旅もめっちゃ楽しかった♪

だから、

韓国ありがとう。

またすぐ行けるといいな~…



―――――翻訳終了―――――



ツイートもしましたが、

たくさんの方に読んでいただけて、うれしかったです。

もしかしたら、知識をひけらかしてるみたいに感じてしまった方もいたかもしれません。

が、そんなつもりはないのでご勘弁ください。



自分は、元英語教師ではありますが、

英語教師の中では英語力は全く高い方ではありません。

英語力だけでいえばぼくより英語教師に向いている方なんて五万といます。

実際この英語を考えるのだって、構想段階を含めると丸々1日かかりました。

たったこれだけの文章を考えるのでさえ、
1語1句めちゃめちゃ辞書を引いたり、例文を検索したり、、、

"元"ではありますが、

やっぱりいろんな方の目もありますし、

受験勉強してる子なんかが読んでたりね。

できるだけ正しい、間違いのない英語を使いたいという思いもありまして。

苦手ながら頑張らせていただきました。

なにはともあれ、なんとか形にできてよかったです。



何を言いたいかといえば、



言葉は、道具です。

使わないと、使えるようにはなりません。

でも、使った人は、絶対に使えるようになります。

そして、ただの道具にすぎません。

目的は別のところにあるのです。

こんなことを言うと、どこかの界隈の方から怒られそうですが、

お箸の持ち方がどうだって別にいいんです。
ご飯が食べられればいいんです。

いろんな場所でいろんな方と素敵なお食事をしたいと思ったら、

あとから美しい持ち方を身につければいいのです。

英語もそうで、

テストされる教科だから、正解を意識しがちですが、

まずは、伝えたい。わかりたい。

そういう思いがあれば、100点満点です。

そういう思いがあれば、絶対に使えるようになります。



ぼくは、自分自身上手に英語を使いこなせるわけではないので、

どうしたら英語の点数を上げられるかはちっともわからないです。

でも、

昨日、にーちゃんが英語でブログ書いたからなんとか読んでみたと

リプライくらい英語でしたい!
とかいって、

日本人同士のコミュニケーションなのにもかかわらず

英語を使ってくれた方がたくさんいました。



きっかけになることしかできませんが、

ぼくのブログがそういうきっかけになれたのだとしたら、

それが本当にうれしかったです。

ありがとう😌


こんなブログですが、

なんらかの形でご活用いただければ幸い…🖋