日頃よりむすめん。を応援して頂きありがとうございます。
メンバーのぜあらる。に関してですが、
この度、むすめん。47都道府県ツアー-Thanks!-をもって、
むすめん。を卒業致します。

ぜあらる。は右足半月板損傷のため、
これまで長期間に渡り活動を制限し、
復帰に向けて療養に努めてまいりました。
現在、怪我に関しては生活に支障がない段階まで回復しておりますが、
復帰についてぜあらる。本人と話し合ったところ、
「今後は裏方など別の形でむすめん。に関わっていきたい」との申し出がありました。
その本人の意志を踏まえ、今後の活動について話し合いを重ねた結果、
47都道府県ツアー-Thanks!-の最終公演をもって、むすめん。を卒業するという結論に至りました。

卒業という形にはなりますが、
ぜあらる。本人は「むすめん。とずっと関わっていきたい」
という強い思いを持っておりますので、
むすめん。のサポートやプロデュースといった道で、
この先も共に歩み、むすめん。を支えるため進んでいきます。
また、ぜあらる。個人としての活動は支障のない範囲で継続し、
皆様に元気な姿を見せることができるような場面は残していきたいと考えておりますので、
何卒よろしくお願い致します。
突然の発表ではございますが、
卒業までの時間、ぜあらる。はむすめん。のメンバーとして精一杯奮闘致しますので、ご理解頂ければと思います。
そして卒業後も引き続き、ぜあらる。の応援をよろしくお願い致します。



~ぜあらる。本人からのメッセージ~

私、ぜあらる。は今行われている
むすめん。47都道府県ツアー-Thanks!-をもってむすめん。を卒業します。
突然の発表申し訳ありません。
今、私は右足の半月板損傷という怪我を患っておりますが、
こちらはもう、普通に生活できるレベルまで回復しています。
療養中、私はむすめん。の裏方やサポートを手伝っていました。
それはステージでMCをする事から雑用まで。様々です。
私はラジオで構成台本を書いたり、むすたま。で構成作家の方と
どのようにすれば面白い番組になるかを考えたりしていました。
それ以外にも色んな事に携わり、メンバーがより輝くためには
どうしたらいいかそんな事ばかり考えながら過ごしてきました。
そうして、そのようなサポート面に力を注いでいるうちに、1つの気持ちが芽生えました。
「むすめん。の裏方に回って、メンバーをそしてファンの皆様を支えていきたい。」
以前から、漠然と考えていたことではありますが、
その思いがより一層強くなり、今回、確固たる意志として、言葉にすることが出来ました。

私は、過去にも体調不良でお休みを頂いたことがありますが、
そのように体調を崩してしまうことも多いため、今後の道を考えていた時、むすめん。から離れるという選択肢も考えました。
ですが、それで本当に良いのか、何度も考えた結果、
やはり「今自分が出来る最大限の力をむすめん。に注いでいきたい」という思いが強くありました。
そう思うことでそれは僕にとって人生の光になりました。
その光に向かって人生を歩んでいきたい。
やっぱりこの人生をむすめん。に捧げていきたい。
その思いは、今もこれからも変わりません。
ただ、どのような形で人生を捧げていくか、
どうしたら最大限の力を発揮できるか、
自分が一番やりたいことは何なのか。
考えれば考えるほど、裏方として、サポートとして、プロデュースとして、
そういった形でむすめん。を支えることが、今一番自分がやりたいことなんだと感じました。
そのため、今ツアーを持って、むすめん。を卒業するという道を選択致しました。
むすめん。として、前線での活動に復帰してほしい。
そう応援してくださる方にとっては、申し訳ないことだと思いますが、
何度も考え、何度も話し合いを重ねて、この結論になりました。

卒業後はむすめん。の裏方をしながら、
ぜあらる。個人の活動も支障のない範囲で続けていきたいと思っています。
そして大好きなむすめん。の現場にも出没することもあると思います。
むすめん。の皆を一番美味しく料理できるのは僕なんです。
卒業後も強くむすめん。を支え、メンバーが輝けるステージ作り
そしてより多くの皆様に愛されるむすめん。を作っていきます。
そして今後のツアーに関しては、調整をして、
なるべく多くの公演に出演しようと思っています。
また追ってお知らせします。
これまで、度重なる体の不調によって何度もご心配おかけしました。本当に申し訳ありません。
私を支えていただき、本当にありがとうございます。
全国ツアー最終日までの間になりますが、
その間、全力でむすめん。を全うします。
それまでぜあらる。をどうぞよろしくお願いいたします。