こんばんは。野崎弁当です。



本日は2回目の更新です。

1回目のブログが「問題編」となっているので、まだ読んでいない方はそちらを先にお読みください。今回のブログは「解答編」です。


1回目のブログでは、野崎弁当にまつわるクイズを出題しました。皆さんわかったでしょうか?






では、答を発表します。













問:野崎弁当の生活における一場面を、音だけで表現しました。それぞれ、どのような場面なのか答えなさい。






1: チューーーーー……ビシャビシャビシャビシャ!!!! バシャバシャバシャ!!!!!! ボタボタッ!! ボタッ!


答:化粧水を、足元の床が濡れるくらい顔にビッシャビッシャかけている様。





2:バタンッ!!! ダダダダダダダダダダパチッアアアアアアアアアアアアアアアアア


答:クソ寒い日に家に帰ったとき、脇目もふらず電気ストーブの前まで走って行きスイッチを入れた時の様。





3:ハッ  ……ガバッアアアアアアアアアアアアアアアアアアアウワアアアアアアアアアアアアアアアバンッバンッ


答:作業中に寝落ちし朝を迎え、自分の不甲斐なさに布団をバンバンと叩く様。(寝坊ではない)





4:ゴシゴシゴシゴシジャバジャバジャバジャプシャアアアアアアアアウワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアカランカラン


答:食器を洗っている際に出しっぱなしの水にうっかりスプーンの皿を当ててしまったため、水が勢い良く自分に飛び散りスプーンを思わずぶん投げた時の様。








以上です。

最初は安定の謝罪ですが、


遅くなってすみませんでした・・・。


久しぶりのディファであったり


チェキ会であったり


ばたばたとしてしまって更新が遅れてしまいました。




みなさんの前に立てるのもこれでしばらく・・・


な感じになってしまうわけで。


春に花を咲かせるためには


必ず種をまかねばならぬもの


となりのトトロのメイちゃんのように


まだ出ないまだ出ない


なんて言いながら


そんな期間さえも楽しんでいただければ幸いです。




はい。




実はものすごいジブリ好き。


にーちゃんです。




幼い時、


幼児用のいすをひっくり返して、


その椅子の後ろ足にひもを渡して、


メーヴェごっこ(ナウシカが乗ってる白い飛行用の乗り物)


をしてました。


そんなぼくがジブリ作品の中で一番ほしい乗り物は、


ヤックル(もののけ姫)です。




ちなみに、


一番食べたいジブリ飯は、


シータのカレー(天空の城ラピュタ)です^^




さて、


先日、


Twitterのアンケート機能使って、


nanaの次の曲のジャンルをみなさんに決めていただくという


初めての試みをしたわけなんですが、


先ほど更新させていただきました。


こちらもだいぶお待たせしてしまいましたね。


すみませんでした。


せっかくなので、


今日はsignにまつわる自分の話をしてみようと思います。




ぼくがsignと出会ったときは、


ぼくがまだピアノを習っている頃でした。


ちなみに、


ピアノは5才からはじめて、


中学、高校の受験期を除いて、


高校まで習っていました。


その後大学でもキーボード担当としてサークルに入り、


4年間鍵盤には触れ続けたわけなんですが…


まぁその辺の話は追々のために取っておきましょう。




signに出会ったとき、


ちょうどピアノは個人レッスンが始まり、


ショパンのエチュードに挑戦するも、


なかなかピアノにだけ時間が割けるわけでもなく、


今後のレッスンに挫折を予感しているところでした。




そんなとき、その当時の先生が提案してくださったのが、


J-POPを弾いてみようというものでした。


大好なサザンオールスターズさんからスタートした時は、


右手でメロディ、左手で簡単な伴奏を弾くといった


難易度の低いものでした。




そして、signを弾くことになったのです。


自分は、ドラマは見ていませんでしたが、


とても好きな曲でした。


兄は、とってもカラオケが好きな学生時代を過ごしたので、


(大体月2ペースでいってました。)


友達が歌っているのを聞いて、


その曲にチャレンジしたいと思うようになりました。




練習を始めると、


好きな曲ということもあって練習もはかどり、


あっという間に弾けるようになりました。


そこでにーちゃん少年が思ったのは、


歌えるようになりたい。


ということでした。


右手がメロディなので、


弾きながら歌うことはそう難しくはありませんでした。


それなりにピアノのレッスンを受けたことがある方は


わかるかと思いますが


大体先生から


「口ずさめない曲は弾けない」


みたいなことを言われます。


その要領で、右手がメロディのものを歌うことは


それほど難しくありませんでした。


でも、


それをレッスン中に先生に披露したら、


先生が大変ほめてくださいました。


そして次は、


両手が完全に伴奏の曲、


メロディをどちらの手でも弾かずに


口ではメロディを歌う


言ってみれば


口と手で


3つの音を奏でることを目標にし始めます。


これに挑戦していく中で、


たくさんのいい思い出ができるわけなんですが…




signは、


そんなきっかけになった、大切な曲です。




機会があれば


ピアノごとご披露したいなーという


小さな野望があります。


なんかないかなー。






さてさて、


週末はタイにいることになります!


いってくるねー!






ではでは、次回もお楽しみに!

ばいば~い ノシ

こんばんは。野崎弁当です。



前回のブログが更新できませんでしたので、本日は2回更新します。

とは言っても、長々としたブログを1日に2回書くのはなかなか難しいもの。そこで、1回目のブログを「問題編」とし、2回目のブログを「解答編」とすることにしました。

野崎弁当にまつわるクイズを出題しますので、是非考えてみてください。














問:野崎弁当の生活における一場面を、音だけで表現しました。それぞれ、どのような場面なのか答えなさい。






1: チューーーーー……ビシャビシャビシャビシャ!!!! バシャバシャバシャ!!!!!! ボタボタッ!! ボタッ!




2: バタンッ!!! ダダダダダダダダダダパチッアアアアアアアアアアアアアアアアア




3: ハッ  ……ガバッアアアアアアアアアアアアアアアアアアアウワアアアアアアアアアアアアアアアバンッバンッ




4: ゴシゴシゴシゴシジャバジャバジャバジャプシャアアアアアアアアウワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアカランカラン







答は22時頃。


↑このページのトップへ