韓流ブームとは全く無縁の当方ですが、
今回、以下のご依頼を受け、コラムを書かせていただきました。
韓流ぴあ

2月29日に発売になったムック、
韓流ぴあ特別編集 韓国LOVEドラマランキング」。
その中で、「韓国ドラマ通たちの勝手にベスト5!」という項目があり、
矢沢透さん(アリス)、ローバー美々さん、河本準一さん(次長課長)さんらが
コラムを書かれているのですが、なぜか当方も担当しています。
(当方の肩書が「韓国プロ野球解説者」となってて、「解説者??」でしたが。。。)

これまでに見た韓国のドラマの中から、テーマをしぼって5本選ぶということで、
当方は、
「韓国語が聞き取れるようになる!?ドラマベスト5」というくくりで
書いてみました。

韓国語を勉強していた頃に見ていたドラマばかりなので、
懐かしめのものばかりのチョイス。
ドラマのストーリー紹介と説明を書くという、
普段は全くやらないことだったので、なかなか新鮮な体験でした。

野球くくりで書いた方がいいのかなぁと、
イ ビョンホンさんがLGの二軍選手役を演じる、
「Happy Together」とかを見直したりとかもしましたが、
パッと浮かんだ「韓国語が~」というテーマで5本選んでみました。

もしご興味ありましたら、書店さんでお手にとってください。

さて、もう3月です。
「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2012」に掲載する、
みなさんからの「選手いち押しコメント」は2月末で締め切りました。
昨年を上回るご投稿ありがとうございました。

まだ集計はしていないのですが、先日の沖縄キャンプ取材で、
お声をかけてくださったみなさんから、
「もう選びました?」とか「選んでください!」なんてお声をちょうだいし、
興味をお持ちくださっていることを、とても嬉しく思っています。
今後拝見するのが楽しみです!

そしてそして4月の
韓国プロ野球観戦ツアー」にご参加お申し込みのみなさん、
ありがとうございます。

例年とは異なる時期、加えて募集期間が短いということで、
どの程度、ご検討いただけるのかわかりませんが、
今回、行き帰りとも釜山発着というこれまでにないプランですので、
九州方面の方など、アプローチしやすいのでは?と思っています。

宿泊先の移動もないので、
2日目にプサン観光を楽しめるなど、今回も魅力満載です。

3泊4日コースなら新球団NCの本拠地・マサンに訪れるというのも、
注目ポイントですね!

ご参加ご検討中で、もし疑問点などありましたら、
土日も営業している、下記旅行代理店さんまで、
どうぞお気軽にお電話でお問い合わせください。
 お問い合わせ/受託販売
 (株)モランボンツーリスト 
 「韓国プロ野球観戦ツアー2012春」係
 TEL 042-334-4141(毎日 10:00~20:00)

 旅行企画・実施
 東武トラベル(株) 
 観光庁長官登録旅行業第1648号



2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18