当方がプロデュースとガイド役を務め、
2003年から毎年実施し、今年は4月に続き2回目、
通算13回目となった今回の「韓国プロ野球観戦ツアー」。
3日目の29日は、2泊3日コースの方は帰国、
3泊4日コースの方は、モクトン球場でのネクセン対サムソンを観戦しました。
観戦ツアー3日目

この日の集合は14時半。午前中はみなさん、観光やショッピングを楽しまれ、
当方は集合前の時間に、ランチのご案内を希望された方数名と、
タコの石焼きピビンパプや冷麺を楽しみました。

集合後、一行が専用バスで向かった、ソウル市内西部にあるモクトン球場。
前日、前々日に比べコンパクトな球場です。

この日の一行の座席はバックネット裏一塁側寄りの前列テーブル席。
観戦ツアー3日目
「グラウンド、近っ!」というご参加者の声が聞かれました。

この日一番の見どころは、サムソン・イ スンヨプ選手の、
あと1本に迫った、日韓通算500号ホームラン達成なるか?ということ。

15日のキア戦に通算499号を放ち、リーチがかかってから、
しばらく一発が出ていなかったイ スンヨプ選手(タイムリーは出ていました)。

「もしかしたら観戦ツアー当日まで持ち越すかも」なんていう
淡い期待を持っていましたが、前日もホームランはなく(その日観戦された方いたらすみません)、
あと1本でこの日を迎えました。

1打席目はファーストゴロに倒れましたが、
4回表の2打席目、待望の一発が飛び出しました。
ネクセンの先発、ベン・ヘケン投手から、2ストライク後の3球目、
高めのストレートを左中間に運ぶ、17号ソロホームラン。
日韓通算500号の達成です。

観戦ツアー3日目

観戦ツアー3日目

観戦ツアー3日目
派手なアクションなどはなく、ベンチに戻って、
ファンの声援に応えました。

サムソンはビジターですが、セレモニーを5回表の攻撃前に実施。
高校の先輩でもあるリュ ジュンイル監督から花束贈呈です。
観戦ツアー3日目

観戦ツアー3日目
スコアボード上の「0:29」は時間ではなく、イニング間の経過時間(分:秒)です。

観戦ツアー3日目

過去、イ スンヨプ選手のホームランボールは2003年のシーズン56号の時など、
激しい争奪戦があり、
「モクトンで達成だったら外野席がないので、丸く収まるかも」と思っていたところ、
その通りのモクトンでの達成でした。

ちなみにボールは外野フェンス後方のブルペンに待機していた、
サムソン・アン ジマン投手がスライディングまでしてキャッチしたとのこと。
ボールは球団に寄贈し、56号のホームランボール同様、
サムソンの球団施設、キョンサンボールパーク内のサムソンライオンズ歴史館に
展示される予定です。

ボールをキャッチしたアン ジマン投手はこの日3番手投手として登板。
2失点しあわや同点のピンチを招いたのですが、
まさかホームランボールをつかむためのスライディングが影響?なんてことはないですね。

イ スンヨプ選手の500号については、イ スンヨプ選手のコメントも含め、
スポーツ朝鮮のコラムに書きましたので、掲載された折、
もしご興味あればご覧ください。

試合はネクセンがサムソンを追う接戦でしたが、
最後はサムソンの守護神・オ スンファン投手が締め、4対3でサムソンが勝利。
サムソンは5連勝で貯金を18としました。

チームも勝利し、イ スンヨプ選手は試合後気持ちよく、
記念撮影に応じました。
観戦ツアー3日目

試合後、我々ツアー一行は、専用バスでホテルに戻り、
この日もご希望者と生ビールとマッコリを楽しみました。
考えてみたらこの3日間、韓国の焼酎を飲む方はどなたもいらっしゃいませんでしたね。

期間中、食事や飲みの場所は、韓国らしいお店をチョイスしてきましたが、
たまたま、日本のフランチャイズチェーン居酒屋のミョンドン店を見つけ、
「話のネタに」「経験のため」と、最後の夜は100%日本スタイルの居酒屋さんに
入ってみました。
韓国っぽいメニューだけを選んだのがささやかな抵抗です。

以上、今回の韓国プロ野球観戦ツアーも無事終了しました。
毎回思うことですが、ご参加者に恵まれ、初対面の方同士が野球を通して、
親しくなっていく様子をとても嬉しく思いました。

みなさんが口々に「楽しい!」「楽しかった!」とおっしゃっているのを
聞くと本当に嬉しいです。

「来年も絶対参加したい」や、「こんなことをして欲しい」など、
アイデアを山ほど頂戴しましたので、
来年以降もお楽しみいただけるようなツアーにしたいと思います。

観戦ツアーはこれまで年1、2回で計13回実施。
組み込んだ試合数は35試合になるかと思います。
03、07~09年のツアーでは観戦カード中、
雨天中止が1、2試合絡むこともあり、中止試合数は計5試合です。
35分の5(7分の1)の確率ということですね。

しかし最近では17試合連続して中止にはならず、
今回も連日晴天に恵まれました。

韓国にはドーム球場がないので、今後も天候とは付き合って行くことになりますが、
夏の日差し、そして夕暮れの下での見られるのも屋外球場ならではですね~。

ご参加のみなさん、ご協力くださった方々ありがとうございました!


2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18