【コラム】スポーツナビさんに寄稿したコラムというか資料レポートが掲載されています。
よろしければどうぞ。
大谷翔平のメジャー挑戦を考える 日ハムが示した韓国の実例とは?(スポーツナビ)

12日、韓国野球委員会(KBO)は来年3月に行われる、
ワールドベースボールクラシック(WBC)の韓国代表チームの
予備エントリー28人を発表しました。

以下、発表直後にツイッターに記したのですが、
ブログにもまとめたいと思います。

監督:リュ ジュンイル(サムソン)

コーチ(6人):
ヤン サンムン、ハン ヨンドク(ハンファ)、パク チョンテ、
キム ドンス(ネクセン)、キム ハンス(サムソン)、ユ ジヒョン(LG)

投手(13人):
オ スンファン、チャン ウォンサム(以上、サムソン)、
キム グァンヒョン、パク ヒス(以上、SK)、ノ ギョンウン、ホン サンサム(以上、トゥサン)、
チョン デヒョン(ロッテ)、ユン ソクミン、キム ジンウ(以上、キア)、
ポン ジュングン、ユ ウォンサン(以上、LG)、ソン スンラク(ネクセン)、
リュ ヒョンジン(ハンファ)

捕手(2人):
チン ガプヨン(サムソン)、カン ミンホ(ロッテ) 

内野手(8人):
イ スンヨプ、キム サンス(以上、サムソン)、
チョン グンウ、チェ ジョン(以上、SK)、ソン シホン(トゥサン)、
カン ジョンホ(ネクセン)、キム テギュン(ハンファ)、イ デホ(オリックス)

外野手(5人):
キム ヒョンス(トゥサン)、チョン ジュンウ(ロッテ)、
イ ヨンギュ(キア)、イ ジンヨン(LG)、チュ シンス(インディアンス)

なお、最終メンバーは11月30日に決定予定で、
変更がある場合、上記以外の選手と入れ替わることになります。

当方仕事上、事前に予想エントリーメンバー28人のリストを作っていたのですが、
20人は予想と合っていましたが、8人が違っていました(投手、野手とも4人ずつ)。
この選考メンバーは、各球団のバランスが反映されていると思います。

一塁手3人(イ スンヨプ、キム テギュン、イ デホ各選手)、
遊撃手3人(キム サンス、ソン シホン、カン ジョンホ各選手)と、
この2ポジションに偏りがありますが、
一塁手は指名打者、代打との兼ね合い、
遊撃手は二、三塁手との併用、代走などの起用となるのでしょう。

一応、以前も記した来年3月の日程を下記に再掲します。

台中インターコンチネンタル球場
韓国が1次ラウンドを戦う、
台湾・台中インターコンチネンタル球場。
写真は昨年のアジアシリーズの時のもの。

<1次ラウンド・総当たりリーグ戦>
・プールA
期間:2013年3月2日~6日
開催地:日本・福岡Yahoo! JAPANドーム
出場チーム:日本、キューバ、中国、予選通過チーム

・プールB
期間:2013年3月2日~5日
開催地:台湾・台中インターコンチネンタル球場
出場チーム:韓国、オーストラリア、オランダ、予選通過チーム

・プールC
期間:2013年3月7日~10日
開催地:プエルトリコ・サンファン ヒラム・ビソーンスタジアム
出場チーム:プエルトリコ、ベネズエラ、ドミニカ、予選通過チーム

・プールD
期間:2013年3月7日~10日
開催地:アメリカ・アリゾナ チェイスフィールド、ソルトリバーフィールド
出場チーム:アメリカ、メキシコ、イタリア、予選通過チーム

<2次ラウンド・ダブルエリミネーション方式>
・プール1
期間:2013年3月8日~12日
開催地:日本・東京ドーム
出場チーム:プールA、B組の上位2チーム、計4チーム

・プール2
期間:2013年3月12日~16日
開催地:アメリカ・フロリダ マーリンズボールパーク
出場チーム:プールC、D組の上位2チーム、計4チーム

<決勝ラウンド・準決勝、決勝>
期間:2013年3月17日~19日
開催地:アメリカ・サンフランシスコ AT&Tパーク
出場チーム:2次ラウンド・プール1、2組の上位2チーム、計4チーム


あ、そうそう、アジアシリーズ2012のプサンでは、
球場や宿泊先ホテルでお声かけ下さった方々ありがとうございます。
顔と顔を合わせて、お話し伺える機会となりとても良かったです。

ちなみにそのホテルはNPBの宿泊先一例にも上がっていたので、
日本の記者さんも多数泊まっていたのでした~。




2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18