アジアシリーズが11月末だった昨年に比べ、
早い時期にシーズンオフが来たように感じていますが、
今秋は例年に増して、来年に向けた動きをあれやこれやと、
かなり中身濃く動いています(WBCの準備や本作り以外でも)。

さて来年3月のWBCですが、
各出場チームは11月末までに出場メンバーを主催者側に提出することに
なっています。といってもその後入れ替えは可能なのですが。

日本は12月4日に発表とのことですが、
韓国は既に11月12日に予備エントリー28人を発表していて、
30日に提出のものは、そこから1名が入れ替わることになりました。

IN:チャン ウォンジュン投手(警察野球団。兵役中で元々の在籍球団はロッテ)
OUT:ポン ジュングン投手(LG)
どちらも左腕です。

チャンウォンジュン
チャン ウォンジュン投手(2011年、ロッテプレー時)

なお、サイト上にWBC韓国代表メンバー一覧を掲載しています。
各選手の成績なども。
ストライク・ゾーン◇2013ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)概要◇

前回大会で日本戦に3度登板したポン ジュングン投手ですが、
左肩痛でリハビリに時間を要するため、今回はメンバーから外れます。

また、ドジャースとの交渉を進めるリュ ヒョンジン投手(ハンファ)、
チーム移籍の場合、出場が難しそうなチュ シンス選手(インディアンス)、
そして検査結果次第のキム グァンヒョン投手(SK)などが、
今後、入れ替わる可能性のある選手たちです。

28人中、15人が前回と同じメンバーの韓国代表。
野手は代替選手が思いつきますが、投手はちょっと厳しい状況ですね。

そして表題の件もうひとつ。
30日、韓国野球委員会(KBO)は来季の公式戦日程を発表。
サイトにも反映しました。
2013年 韓国プロ野球公式戦日程表 来季はNCダイノスが一軍に加わり、1球団増えて9球団となります。ということで、日々必ず1チームお休みになるのですが、シーズン中盤まではこれまで同様に、「同一カード3連戦、月曜休み」で、試合が編成されています。 その他来季の特徴として、現在のクァンジュムドゥン球場最後の年になりますね。2014年からはお隣に建設中の新球場を使用することになります。 日本のプロ野球でもそうでしょうが、日程を見ながら、お休みとの兼ね合いなどを考え、観戦予定を練る方もいらっしゃることでしょう。 観戦ツアーも概ねスケジュールが固まりました。 球界はといえば、パク チャンホ投手(ハンファ)の引退や、移籍、FAの補償選手などの動きもありますね。 それらのリリースはツイッターや、 ストライク・ゾーンFacebookページに載せたり、
また、取材で聞いた話については、
日刊スポーツさんの携帯サイトのコラムに記したりしていますので、
もしご興味ありましたらどうぞ。

コラムに記した内容だと、例えばホン ソンフン選手(ロッテ→トゥサン)や、
リュジュンイル監督(サムソン。WBC代表監督)に伺ったお話とかですね。

ではそんなところで。




2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18