13日に今年のゴールデングラブ賞の授賞式が行われました。
なお名称は「ゴールデングラブ」ですが守備の賞ではなく、日本におけるベスト9に該当します。ということで指名打者部門もあり、指名打者もグラブ型の金のトロフィーをもらいます。また左投げでもトロフィーのグラブは右投げ用です。

受賞者は以下の通りです。優勝したKIAから5人が選ばれました。

投手:ヤン・ヒョンジョン(KIA)
捕手:カン・ミンホ(ロッテ)
一塁手:イ・デホ(ロッテ)
二塁手:アン・チホン(KIA)
三塁手:チェ・ジョン(SK)
遊撃手:キム・ソンビン(KIA)
外野手:
ソン・アソプ(ロッテ)
チェ・ヒョンウ(KIA)
ボナディナ(バーナディナ=KIA)
指名打者:パク・ヨンテク(LG)


なお現地の表記ではカン・ミンホ選手の所属がFA移籍先のサムソンになっています。日本の感覚だと今季ロッテの選手としてプレーしたことに対しての賞なので、ロッテと表記すべきだと思うのですが、韓国では授賞式時点での契約球団で表すのが通例です。昨年のチェ・ヒョンウ選手(サムソン→KIA)、2015年のパク・ソクミン選手(サムソン→NC)、ユ・ハンジュン選手(ネクセン→kt)もそうでした。後年、記録を振り返った時に、同年の所属球団と受賞者名の球団が一致しないので混乱すると思うのですが、あまり気にしていないみたいです。所変われば、ですね。

20171214.jpg



2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18