クリスマスですね。我が家に来たサンタさんは3年連続、プラレールを持ってきました。

xmas_2014

おととしが京王線(9000系?詳しくないので)、去年が井の頭線。そして今年は成田エクスプレスでした。いずれも子供の要望通りです。ささやかな成長としては今年は「アドバンス」になったことくらいでしょうか。去年の井の頭線は入手できるカラーバリエーションに限りがあったなぁ。。。などと思い出しつつ、いや、サンタさんも思い出していることでしょう。

最近の当方ですが、来年の準備や、先月発売の著書『交通情報の女たち』関連であちこち出向いたりという日々です。あす26日は8時30分からTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」に、本の紹介でちょこっと電話でおじゃまします。お仕事中の方、病気療養中の方など、よろしければどうぞ。 →『交通情報の女たち』特設サイト  →交通情報音声風の『交通情報の女たち』紹介ムービー(約1分)

さて表題の件です。 25日、千葉ロッテから米マイナーリーグ出身のイ・デウン(李大恩)投手の入団が発表されました。 →李大恩選手との契約について(千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイト)

25歳のイ・デウン投手は2007年6月に、信一高校からプロを経ずにシカゴ・カブスと契約を交わしました。当時の契約金は81万ドルとKBOの資料に記してあります。在米中、メジャー登板はならず、今季までのマイナーリーグでの通算成績は135試合40勝37敗、防御率4.08とのことです。ということで、韓国でのプロ経験はありません。

当方、イ・デウン投手について詳しく知っていることはなく、先月下旬に日本の球団に入りそうだという話を聞いて、認識した次第です。マイナーリーグから韓国球界に入ることも決して容易ではないですが、日本のプロに入れるというのはものすごいチャンスですね。

同日、千葉ロッテからはDeNAを戦力外となった陳冠宇(チェン・グァンユウ)の獲得も発表になりました。陳冠宇投手は台湾の選手ではありますが、今年9月のアジア大会で登板し、お話しも伺ったので、こちらについてはどのような選手か分かるという、不思議な感じです。いいピッチャーだと思うので楽しみです。この両者で外国人枠を争うことになるのでしょうか。

今年も残りわずかとなりましたが、今後、2015年版の「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑」関連で、年内または年明けにお知らせなどできればと思います。



2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18