12日は、僕が企画とガイド役を務める今年が15年目の「室井昌也と行く 韓国プロ野球観戦ツアー2017」の2日目です。

2日目に訪れるのはこちら。クァンジュKIAチャンピオンズフィールドです(球場紹介フォトムービー)。

 


2日目はソウルからデラックスバスで移動し、300キロを超える長旅となります。車内では韓国映画で日本語字幕のある作品を上映。ご参加のみなさんはそれをご覧になったり、お休みになったり思い思いにお過ごしいただきました。


この日のランチは高速道路を一旦離れて、ピビンパプの本場・チョンジュ(全州)へ。20170812_01.jpg

20170812_02.jpg
伝統の味をいただきました。

チョンジュは1999年に消滅したサンバンウルレイダースが本拠地にしていた地でもあります。
そしてクァンジュに着き、ホテルでのチェックインを経て一行は球場に。道中に降った雨もすっかり止み、この日の我々の拠点に入りました。18人個室席のスカイボックスです。

20170812_03.jpg
KIA自動車の座席を採用したゆったりシートを配置のバルコニー。お部屋にはソファー、エアコン、冷蔵庫、テレビが備え付けてあります。

20170812_06.jpg
試合前にはダッグアウトと場内をぐるりと見学しました。
20170812_05.jpg

そしてきれいな土と人工芝のグラウンドにKIA正田耕三打撃コーチがご登場くださり、記念撮影を行いました。

20170812_04.jpg

その後、みなさんビールやアイスコーヒー、おつまみなどを買いそろえるなど、それぞれに準備をして18時プレーボールです。
20170812_08.jpg

首位のKIAに球場はこの日も満員。ファンは熱狂です。
20170812_14.jpg

ちなみにクァンジュKIAチャンピオンズフィールドは夏場、レフト側外野の砂場エリアの上にプールを設置。子供たちが元気に遊んでいました。
20170812_07.jpg


20170812_09.jpg
スカイボックスに遊びに来てくれたマスコットと

試合は終盤接戦となり9回裏11-10でKIAがLGにサヨナラ勝ち。白熱のゲームを堪能しました。
20170812_16.jpg

試合後はサムギョプサルを食べての夕食会。そこにお疲れのところ、正田コーチがご登場くださいました。
20170812_12.jpg

正田コーチはきょうの試合のポイントや現役時代の裏話、またご参加者からの質問を受けて、カープ時代の親しかった先輩・津田恒美さんについてのお話しなどをお聞かせくださり、ご参加のみなさんは貴重な体験にお喜びの様子でした。

さらに正田コーチはプレゼントにオリジナルTシャツをご持参。そのTシャツはじゃんけん大会で勝った方に正田さんのサイン入りで贈呈されました。正田コーチ、ありがとうございました!
20170812_15.jpg

20170812_11.jpg
そしてこの日はご参加者の60代男性の方のお誕生日でした。ケーキを用意してみなさんでハッピーバースデーを歌ってお祝いです。
20170812_13.jpg

こうして長い一日が終了。3日目は帰国される方々と、テグサムソンライオンズパークに訪問する延泊組に分かれての行動となります。



2017-5



tunagu_cover_m.jpg 
野球愛は日韓をつなぐ
室井 昌也
論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18