月別アーカイブ / 2016年12月

今年も残り数日となりました。
ご愛顧くださった方々ありがとうございました。

年末年始、いつも通りお仕事されるという方や、休みはあるけど仕事もという方、また受験勉強という学生さん、そして帰省や旅に出る方など様々だと思います。

今回ですが年末年始、普段よりも時間に余裕があるという方に、この時期の過ごし方をご提案したいと思います。といっても手前みそなものなのですが!

【読む】
まずは読書です。今月発売になりました新刊著書『野球愛は日韓をつなぐ』を年越し年明けのお供にしてもらえたら嬉しいです。実際、「年末年始に読みます!」という言葉をいただき、やはりこの時期、読書をして過ごす人も少なくないのだと思った次第です。

tunagu_cover.jpg

韓国のスポーツ紙に11年間、約500本記してきたコラムの中から97本を選んで、日本語で書き直しました。コラム1本をすべて見開き2ページにまとめていて、写真も数多く掲載しています。気になる項目を選んで読めるので、移動中の電車などで気軽に読めるのではないかと思います。特設サイトに97の項目と各ネット書店や書店チェーンさんの在庫検索へのリンクも掲載しています。

【聴く】
今年の7月からスタートした、日本初(?)のラジオの韓国プロ野球情報コーナー『室井昌也の韓国野球を観に行こう!』(ラジオ日本)。これまで放送した全26回、すべてポッドキャストで聴くことができます。1回約10分ですので、すべて聴いたら約4時間。こちらもコーナーサイトから気になるテーマを選んでお聴きください。

gokorea.jpg

ラジオは運転中でも聴けるのがいいところですね。

このオフ、選手からリスナーの方にサイン入りグッズをいただいたので、またコーナー内でプレゼントしたいと思います。2月からは各球団キャンプイン、WBC代表合宿も始まり、3月にはWBC開催と、コーナーでは気になる生情報をお伝えする機会も増えます。これからも毎週チェックしていただけると嬉しいです。

ちなみに新年1回目の1月3日の火曜日は箱根駅伝中継のため、翌4日水曜日に移動します。時間は変わらず11時5分頃から。いつも通りの生放送です。

それではみなさんよいお年をお迎えください!


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



明日12月27日(火)AM11時05分からの「室井昌也の韓国野球を観に行こう! 」(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)のテーマは「今年の球界3大ニュースを振り返る」です。

20161226.jpg

今年も残すところあと数日ということで、今週はこのコーナーが選んだ、「今年の韓国プロ野球の3大ニュース」を振り返りたいと思います。どうぞお聴きください。

また、前回12/20放送の「スタジオにお客様が遊びに来てくれました!」もポッドキャストにアップされています。10分程です。

12月20日放送分を再生する(←左のリンクをクリックすると音声が出てきます。約10分)
どうぞお聴きください。

また、これまでのコーナーもお聴きになれます。
iTunesに登録  → RSSフィード登録

毎週、「この一週間の球界の注目の出来事」、メインテーマ、「球場で使える韓国語講座」を10分間にお伝えしているこのコーナー。ご興味お持ちいただけたら嬉しいです。

番組の提供は、アシアナ航空さん、ホームセンターコーナンさん、論創社さんです。


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



毎週火曜日放送の「室井昌也の韓国野球を観に行こう!」(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)。

12月20日(火)放送分のポッドキャストがアップされています。

20161222.jpg
今回は、トゥサンベアーズのファームで選手の体のコンディション管理をしている日本人トレーニングコーチ、藤尾佳史さんにお越しいただきました!

日本と韓国の選手での体のケアの違いや、韓国で仕事する上で大変なこと、この日のテーマだった「愛用品」についても訊いています。

 → 12月20日放送分を聴く(音声が流れます。10分程)

今回の内容はもちろん、以下のコーナーサイトから、気になるテーマの回がありましたら聴いてみてください。

 → 室井昌也の韓国野球を観に行こう! コーナーサイト
 → iTunesに登録  → RSSフィード登録


コーナーでは上記テーマに加えて、この一週間の球界の動きや、「球場で使える韓国語講座」についてもお話ししています。そんな10分程の内容です。通勤、通学のお供にぜひどうぞ。韓国プロ野球に関する質問などはメールで受け付け中です。h@jorf.co.jp

番組の提供は、アシアナ航空さん、ホームセンターコーナンさん、論創社さんです。


tunagu_cover_m.jpg
野球愛は日韓をつなぐ

室井 昌也
論創社
2016-12






交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



訃報が伝えられた加藤初さんについては日刊スポーツさん・ワールドベースボールでの毎週水曜日のコラムと、前回のブログに記しましたが、加藤さんを韓国球界に招いたキム・ソングン監督からお話が伺えたので、以下に過去に撮影した写真も交えて記します。

20161221_01.jpg
キム・ソングン現ハンファ監督(SK監督時。写真左)と加藤初さん

キム・ソングン監督「きのう(20日)聞いて驚いた。まだ若いのに寂しい。私がSKの監督を(2011年に)辞めた後、コヤン(ワンダーズ)とハンファの監督をやる時にも加藤さんとは一緒にやりたいと思っていたが体調が良くないと聞いて全快するのを待っていた」。


20161221_04.jpg
2007年の優勝時。大田卓司さん(写真左)と

20161221_05.jpg
継投の度に、加藤初さんはマウンドに足を運んだ。

(キム・ソングン監督つづき)「加藤さんで印象的だったのは、2001年のLG秋季キャンプの時のこと。加藤さんを招くにあたってヤン・サンムン投手コーチ(現LG監督)に“加藤さんのやり方に口出しするな”と釘を刺しておいた。しかし加藤さんは最初の2、3日、選手にまったくアドバイスしなかった。4日目になって“何も言わないのか?”と聞いてもそのスタイルを変えることはなかった。後ろから支えるタイプのコーチだった。しかし選手に厳しいことを言う時にはかなり激しかった」

20161221_02.jpg
LGでの加藤初さん

(キム・ソングン監督つづき)「(2007年の)SKではチームを1から作ろうとしたので、加藤さんは若い選手に基本をバンバン指導していた。それでも普段はあまり細かいことを言わなかった。選手には“加藤さんは怒ったら怖いで”と話していたのが懐かしい。LGもSKも加藤さんのおかげで若い投手が育った」

20161221_03.jpg
キャンプで打撃投手を務めたことも。カットボールの切れに選手たちは舌を巻いた

20161221_06.jpg
2010年の優勝時。門倉健投手(当時。写真中央)と

(キム・ソングン監督つづき)「加藤さんは試合中もあれこれ言うことはなかったが、自分の仕事はしっかりこなす、監督にとって加藤さんは最高の投手コーチだった」




tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



加藤初さんが亡くなったという知らせを聞きました。

その報を知ったのは、西武の米田進リハビリトレーナーと顔を合わせた時の会話の中ででした。

加藤さんは2002年にLGの投手インストラクターを務めて以降、LG、SKで投手コーチを務められ、その間、現場でいつもお話を伺っていました。

現役時代の「鉄仮面」という愛称そのままに表情は変わらないものの、こちらが話を伺うと、「そうなの?」と言って、一拍間を置いてニコっと笑みを浮かべた後、言葉を選びながら加藤さんは色んなお話をして下さいました。

2011年の観戦ツアーではご参加者との食事会にご出席くださり、チーム状況が非常に厳しい中ファンのみなさんに、長嶋茂雄監督とのエピソードなどをお話し下さったことを思い出します。

20161220.jpg

ツアーではご参加者の20代の方にお誕生日の方がいて、ケーキを用意してのお誕生日会を開いたのですが、その時の加藤さんの「いいなぁ、若いなぁ」という言葉と咳込んでいた姿が今も印象に残っています。

今年10月に加藤さんのSKコーチ時代の教え子であるチョン・ビョンドゥ投手の引退に際して、加藤さんにコメントをいただこうとお電話をしたのですが、お話をすることは出来ませんでした。

派手に振る舞うことはしないけど、時折見せるチャーミングな姿が思い出深い加藤さん。印象的だったのは2008年のアジアシリーズの試合前、韓国代表のSKのコーチを務める加藤さんの下を、かつてコーチを務めていた日本の優勝チーム、西武の投手陣が練習の後、みんなで駆け寄って、挨拶に向かっていた姿でした。

決して驕った態度を見せることなくこちら尋ねる質問に、一旦、「聴きたいの?」という間を置いた後にたくさんお話し下さる姿は、通算141勝が誇るプライドと、持ち前の気の良さが交錯する瞬間が垣間見えるようで、加藤さんとの会話は常に緊張と緩和を感じられました。

じっと相手の眼を見つめながらボソボソっと話す加藤さんからもっとお話を伺いたかったです。

酒が入っているので涙が止まりませんが、こちらが出来ることとしては加藤初という人物が存在していたことを語り継ぐことしか出来ないので、それをもって哀悼の意としたいと思います。もう逢えないと思うと悲しいです。

tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



明日12月20日(火)AM11時05分からの「室井昌也の韓国野球を観に行こう! 」(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)はスタジオにお客様が遊びに来てくれます。

トゥサンベアーズのファームで選手の体のコンディション管理をしている日本人トレーニングコーチ、藤尾佳史さん(写真中央)です。
20161219.jpg

日本と韓国の選手での体のケアの違いや、韓国で仕事する上で大変なことを伺いたいと思います。
藤尾コーチへの質問などはメールで受け付け中です。h@jorf.co.jp までどうぞ!

また、前回12/13放送の「覗いてみよう、ボールの世界」もポッドキャストにアップされています。10分程です。

12月13日放送分を再生する(←左のリンクをクリックすると音声が出てきます。約10分)
どうぞお聴きください。

また、これまでのコーナーもお聴きになれます。
iTunesに登録  → RSSフィード登録

毎週、「この一週間の球界の注目の出来事」、メインテーマ、「球場で使える韓国語講座」を10分間にお伝えしているこのコーナー。ご興味お持ちいただけたら嬉しいです。

番組の提供は、アシアナ航空さん、ホームセンターコーナンさん、論創社さんです。


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



毎週火曜日放送の「室井昌也の韓国野球を観に行こう!」(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)。
12月13日(火)放送分のポッドキャストがアップされています。

WBCなどの国際大会の度に話題の上がるボール、試合球の違い。各国のリーグで質感や縫い目の高さ、大きさ重さなどが若干異なります。そして扱い方も違いますよね。そんな日本と韓国、そしてメジャーリーグのボールの違いについてご紹介しました。

20161213.jpg

 → 12月13日放送分を聴く(音声が流れます。10分程)

今回の内容はもちろん、以下のコーナーサイトから、気になるテーマの回がありましたら聴いてみてください。

 → 室井昌也の韓国野球を観に行こう! コーナーサイト
 → iTunesに登録  → RSSフィード登録


コーナーでは上記テーマに加えて、この一週間の球界の動きや、「球場で使える韓国語講座」についてもお話ししています。そんな10分程の内容です。通勤、通学のお供にぜひどうぞ。韓国プロ野球に関する質問などはメールで受け付け中です。h@jorf.co.jp

番組の提供は、アシアナ航空さん、ホームセンターコーナンさん、論創社さんです。


tunagu_cover_m.jpg
野球愛は日韓をつなぐ

室井 昌也
論創社
2016-12






交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



↑このページのトップへ