月別アーカイブ / 2016年10月

毎週火曜日放送の「室井昌也の韓国野球を観に行こう!」(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)。
10月18日(火)放送分のポッドキャストがアップされています。

20161018

今回はパーソナリティの栗原美季さんに韓国の球団のユニフォームの中から気になるデザインのものを選んでもらって、生着替えしてもらいました。ラジオですが(笑)。イム・チャンヨン投手(KIA)のサインボールプレゼントもありました。

 ⇒ 10/18 O.A分を再生する(左のリンクをクリックすると音が出ます)
 → iTunesに登録  → RSSフィード登録


コーナーでは上記テーマに加えて、この一週間の球界の動きや、「球場で使える韓国語講座」についてもお話ししています。そんな10分程の内容です。通勤、通学のお供にぜひどうぞ。韓国プロ野球に関する質問などはメールで受け付け中です。h@jorf.co.jp

番組の提供は、アシアナ航空さん、ホームセンターコーナンさん、コネストさん、論創社さんです。




交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



プレーオフ第2戦の結果です。
 <NC-LG>NCストュオトゥ(スチュワート)、LGホプ(ホフ)の両先発投手が第1戦同様に6回まで0点に抑える投手戦。0-0で7回に進み、7回裏NCは6番パク・ソクミン選手がランナー1人を置いて、均衡を破る2ランホームランを放ち2-0としました。LGは9回表、2死一・二塁のチャンスを作るも得点には至らずゲームセット。NCが2連勝で韓国シリーズ進出に王手をかけました。第3戦は移動日を挟んで24日にLGの本拠地・チャムシル球場で行われます。

→[ポストシーズンの日程と結果]


20161022_A

プレーオフ第1戦の結果と第2戦の予告先発です。
 <NC-LG>NCヘコ(ハッカー)、LGソサ(ソーサ)の両先発投手が6回まで共に0点に抑え、0-0で試合は7回へ。LGは7回表、この回先頭の4番ヒメネス選手がレフトへ先制のソロホームラン。LGは8回表にも8番のチョン・サンホ選手がレフトへソロアーチを放ち2-0としました。3安打2得点のLGに対し、8回までノーアウトの走者を4度出すもホームが遠いNCは、2点を追う9回裏、LGのリリーフ陣からヒット4本で同点に追いつき、1死満塁でヨン・ドクハン選手にレフトへのタイムリーが出て劇的なサヨナラ勝を収めました。

→[ポストシーズンの日程と結果]


20161021_A20161021_B

韓国プロ野球はポストシーズンの真っ最中。日々の取材や書き物、番組などあるわけですが、他の社会人のみなさん同様に、目の前のことだけではなく先々に向けた準備というのもあります。

例えば来年版の観戦ガイドや3月に行われるWBCの準備。そして観戦ガイド以外の韓国野球関連の書籍が出る予定なのでその仕上げなどです。
加えて今回、以下のイベントを行うことにしました。

思い出のレオ戦士をゲストに招くトーク&キャッチボールイベント「レオ党ノスタルジア」です。
レオ党ノスタルジア イベントサイト

20161211_top_spodori.jpg

第1回は12/11(日)に東京で開催。初回ゲストは現役時代、走攻守で活躍を見せ、現在はBCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサスで監督を務める平野謙さんをお迎えします。群馬は先日、独立リーグ日本一になりました。平野さんは2011年にはKIAでコーチを務められています。

イベントの詳細はイベントサイトに記していますが、以下の通りです。

レオ党ノスタルジア
日時:2016年12月11日(日) 19時開場 19時15分開演 21時15分終演予定
東京ドームシティ スポドリ! レンタルフィールド(黄色いビル3F)※会場が変更になっております
(JR 地下鉄・水道橋駅、東京メトロ 丸ノ内線・南北線 後楽園駅、都営大江戸線・三田線 春日駅)

内容:かつて黄金時代を築き、レオ党の胸を熱くした名プレーヤーに逢えるトーク&キャッチボールイベント。第1回に登場するのは、走・攻・守と三拍子揃ったスイッチヒッターとして大活躍した平野謙さんです!

イベントでは平野さんにレオ戦士時代のお話を伺い、ご来場のみなさんには当時を思い出していただきたいと思います。そしてイベント終盤には、平野さんとみなさん全員との「1対1のキャッチボールタイム」がございます!子供の頃、または若い頃に、あなたがグラウンドをかける姿を見つめていた平野さんとのキャッチボールをぜひお楽しみください。そして終演後にはサイン会も実施いたします。

イベントを実施することになった経緯についてもサイトから抜粋してこちらに記します。

レオ党には球団が創設した1979年(小学1年生)に入党。以後、思春期、20代と西武球場に足しげく通うも、30代になってプロ野球の現場取材が仕事になって以降は、「けじめ」として党員活動を封印していました。
しかし2016年、息子が小学生になったことを機に、仕事として中立な立場は維持しつつ、10数年ぶりに私的にプロ野球の球場に行くことを解禁。そのような考えの中で、自分がこれまでに仕事を通して得た経験と人の縁、また幼少期の党員としての記憶を、党員のみなさんと分かち合う機会はないかと模索しました。そこで企画・実施に至ったのが、トーク&キャッチボールイベント「レオ党ノスタルジア」です。

レオ党の方もそうでない方も、平野さんのトークと平野さんとの「1対1のキャッチボール」を体験しにお越しください。チケットは10/21まで「早割り」を発売中です。
チケット購入ページ

お求めくださった方の中には既にチケットがお手元に届いている方もいらっしゃるかと思います。

イベントサイトでは平野謙さんへの質問や「振り返って欲しい思い出の名場面、好プレー」も受付中です。オフシーズンに観戦とは違った野球の楽しみ方はご提供できればと思っています。

明日10月18日(火)AM11時05分からの「室井昌也の韓国野球を観に行こう! 」(ラジオ日本「Hello!I,Radio(ハロー!アイレディオ)」内)では、パーソナリティの栗原美季さんに韓国の球団のユニフォームの中から気になるデザインのものを選んでもらって、実際に着ていただこうと思います。ラジオですが(笑)。
さて、どこのユニフォームを着るでしょうか?

そしてお聴きの方にKIAイム・チャンヨン投手の直筆サインボールを抽選でプレゼントいたします。

20161017

ラジオ、radiko.jp、radikoプレミアムでお聴きくださ~い。一週間以内ならradikoのタイムフリーで後から聴くこともできます。

前回、10/11放送の「ゆるキャラ?それともキモカワ? 韓国の球団マスコットたち」もポッドキャストにアップされています。10分程です。
10/11放送分を再生する(←左のリンクをクリックすると音声が出てきます)
どうぞお聴きください。

また、これまでのコーナーもお聴きになれます。
iTunesに登録  → RSSフィード登録

毎週、「この一週間の球界の注目の出来事」、メインテーマ、「球場で使える韓国語講座」を10分間にお伝えしているこのコーナー。ご興味お持ちいただけたら嬉しいです。

コーナーへの韓国プロ野球に関する質問などはメールで受け付け中です。h@jorf.co.jp までどうぞ!

番組の提供は、アシアナ航空さん、ホームセンターコーナンさん、コネストさん、論創社さんです。

準プレーオフ第4戦の結果です。
 <LG-ネクセン>準プレーオフ第4戦は先制したネクセンをLGが追いつき、4-4で迎えた8回裏、LGは5番オ・ジファン選手が2死一・二塁でこの日自身4本目となるヒットをライトへ。この当たりで二塁走者が生還し、LGは5-4として勝ち越しに成功しました。1点をリードしたLGは9回表を0点に抑え勝利。対戦成績を3勝1敗としてプレーオフ進出を決めました。ワイルドカード決定戦、準プレーオフと勝ち上がったレギュラーシーズン4位のLGは、21日から2位のNCとプレーオフを戦います。

→[ポストシーズンの日程と結果]


20161017_A

準プレーオフ第3戦の結果と第4戦の予告先発です。
 <LG-ネクセン>準プレーオフ第3戦はLGが4回裏に8番ユ・ガンナム選手の2ランで先制。追うネクセンは5回表に1点を返すも、LGの先発ホプ(ホフ)投手は7回を1失点に抑え、7回裏に2点を追加しリードを広げたLGが勝利しました。これで対戦成績はLGの2勝1敗となり、プレーオフ進出に王手を掛けました。第4戦は17日にチャムシル球場で行われます。

→[ポストシーズンの日程と結果]


20161016_A20161016_B

↑このページのトップへ