月別アーカイブ / 2015年03月

もうすぐ2015年のシーズン開幕ですね。韓国は3月28日(土)が開幕戦です。

当方は冬の間、休みなく、毎年発行の「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑」作りでした。ある意味修行です。数か月に及ぶ全629選手の寸評書きは、1学年3クラス制の小学校で、1年から6年、全校生徒の通知表を一人で書くようなものでしょうか。あ、終業式、卒業の季節ですね。卒業生のみなさんおめでとうございます!

さて表題の件ですが、2月に募集し、7名を選ばせていただいた、「ストライク・ゾーン ファンレポーター」のみなさんのご投稿記事の掲載を開始しました。28日の開幕までに順次公開しています。 →ストライク・ゾーン ファンレポーター




ページには各ファンレポーターさんの顔写真とプロフィールも掲載していますので、みなさんがどのように韓国プロ野球に興味を持ち、どのようなことに関心があるのかが垣間見られるかと思います。

上で「卒業の季節」と書いたので、個人的に思い出したことをひとつ。最近、よく聞いている曲があります。 →アイドルネッサンス「YOU」 (MV)


「40代にしてガールズグループに目覚めた!」わけではなく、この曲、大江千里さんが1987年にリリースしたシングルのカバーなのです。当方にとって大江千里さんとは、自分の思いとは裏腹に、冴えなくて内向きだった中高生時代の自分に、殻を破って外へ表現することを、間接的に与えてくれたアーティスト。今回、アイドルネッサンスさんがカバーしたことで、当時好きだった曲の一つ「YOU」を久々に耳にし、当時の自分のことをドドドと思い出してしまいました。「もしあの頃、大江千里さんに影響を受けていなかったら、その後の自分はどうなっていたのだろう?」と。


「YOU」は卒業ソングではありませんが、上記で紹介のMVは卒業を連想させるような内容になっています。

日々、前を向いて生きている中で、久しぶりに「YOU」を聞きイントロが流れ出すと、「楽器もできないのにバットスコア買ったなぁ。YOUの出だしピアノで練習したよ」なんて記憶もよみがえってきました。

改めて、この春ご卒業を迎えるみなさんおめでとうございます!満たされた時間を過ごした方もそうでない方も、過ごした時間の一点が、あとになって自分のその後に、直接的ではなくても関わってきたりするので、人生って案外面白いですよ~。例えば、ファンレポーターさんの投稿記事を見たことをきっかけに、のちに韓国プロ野球に興味を持ったりね(と無理やりつなげてみる)。





2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



先日、今年の韓国プロ野球・KBOリーグには過去最多の16人の日本出身コーチが在籍していると記し、ハンファの西本聖投手コーチ、正田耕三打撃コーチ、古久保健二バッテリーコーチをご紹介しました。 →日本出身コーチ過去最多の16人。中でもハンファには5人!(2015年2月21日のブログ)

今回は各球団の一軍担当で、新任、配置変更、移籍、復帰の日本人コーチ5人をご紹介します。

・配置変更昨年のBBアーク(育成)担当から、一軍のブルペン担当になった、サムソン・門倉健投手コーチ

j_coach150303_01

・移籍 KIAからSKに移った、長谷部裕バッテリーコーチ

j_coach150303_02

・新任昨年まで千葉ロッテでコーチを務め、今年からKIAのバッテリーコーチになった中村武志コーチ

j_coach150303_03


・移籍でもあり新任でもあり昨年秋に活動を終了した独立球団・コヤンワンダーズで打撃コーチを務め、今年から新球団・KTウィズで打撃コーチを務める、石嶺和彦コーチ

j_coach150303_04


・復帰 2013年までロッテ、サムソンでトレーニングコーチを務めた、小山仁コーチがKTに復帰

j_coach150303_05


みなさん長い春季キャンプを終え、これからオープン戦に突入します。


また引き続き、「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2015」に掲載の「ファンのいち推し!」も募集中です。ご興味ある方は、応募フォームをご覧ください。

韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2015 ファンのいち推し!募集

締め切りは近日中を予定しています。




2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



↑このページのトップへ