月別アーカイブ / 2014年03月

29日のシーズン開幕を前にオープン戦が行われている韓国。
テジョンでは球場がリニューアルされました。

テジョンは2012年から、2階席の増築、人工芝から天然芝へ、
外野フィールドの拡張などの工事を3段階に分けて行っていましたが、
テジョン球場、ようやく改装工事終了(2012年6月13日のブログ)
今年は以下の点が大きく変わりました。

・バックネット裏に座席増設。グラウンドレベルに近い視線での観戦が可能に。

近年は日韓ともに、ファールエリアに張り出すように座席を増設する傾向にありますが、
今回のテジョンはバックネット裏に座席を追加する工事を行いました。
テジョン
おわかりになるでしょうか?ダッグアウトの前面のところまで、
バックネットのフェンスが張り出されています。

韓国はバックネット裏部分に主要施設が入り、観客席をその上に作る構造が一般的です。
(神宮球場、横浜スタジアム、QVCマリンなどと同様)

日本はその壁面にバックネットが張られていますが、
韓国の場合、その少し手前にネットが張られ、通路、広告板、エアコンの室外機などが
置かれている空間があります。

以前の写真と見比べるとわかりやすいかもしれません。
「ビフォー」のバックネット裏部分に赤と緑のひさしがあるのが、
上に記した空間。そこに座席が設置されました。

ビフォー
テジョン04

アフター
テジョン05

バックネット裏後方からの全景です。
ビフォー
テジョン07  

アフター
テジョン01

「ビフォー」のフィールドシートの部分まで、
ダッグアウトとバックネット裏の座席が張り出されました。

ということで、バックネットの観客席が、以下の写真のように、
東京ドーム、甲子園のように低い位置になりました。
テジョン03
テレビ中継のセンターからのカメラで、観客の顔が映る低さです。

床はウッドデッキで、いすも質の高いものが採用されています。
テジョン07

またブルペンが、ホーム、ビジターともにレフトスタンドの下に移転。
写真手前がホームのハンファ。センター寄りがビジター。
テジョン06

そしてホームの応援ステージが外野に移転したことで、
内野の中段部分にテーブル席が増設されました。
テジョン08

韓国は複数名、グループでの観客がほとんどです。
(日本のように、一人で訪れてスコアをつける。
という光景を見ることは極めて稀)

ということで、グループで座れる席種のニーズが高く、
球団としても、座席スペースが広いテーブル席を設けることで収容人員が減っても、
客単価が上がるそれらの席を設置した方が、プラスという面があります。

韓国の本拠地球場は、
先日の日刊スポーツさんのコラムでも記しましたが、
すべて自治体所有のもの。ですが近年の野球人気もあり、
それらの改修に自治体も以前に比べて協力的です
(球団が一部費用負担するという点もありますが)。

テジョン04
以前の写真(2000年)と見比べても変化を感じますね~。

テジョン09




2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



KIAはこれまでの本拠地、ムドゥン球場の隣に建設されていた、
クァンジュ‐KIAチャンピオンズフィールドが完成し、
オープン戦から使用を開始しています。
クァンジュ01

昨夏の工事時の様子
韓国プロ野球観戦ツアー2013・3日目~クァンジュ~(2013年8月3日のブログ)

座席数は22,244席。27,000人まで収容可能だそうです。
構造はインチョンムナク球場によく似ています。
そして内野座席の後方にコンコースがある点は、
参考にしたという広島のマツダスタジアムのようです。
クァンジュ

座席は赤一色に統一。ホームのKIAのダッグアウトは三塁側。
レフトポール際にはテーブル席があります。
クァンジュ

外野は芝生席の上に、部分的にベンチを配置。砂場もあります。
クァンジュ

クァンジュ
スコアボードがとても大きく鮮明です。
芝生席はほぼフラットで、場外との高低差がほとんどありません。

これまでの球場とホームベースの位置が逆になったこともあり、
野手にとって、デーゲームでフライを捕る際には、まぶしいようです
(テグやモクトン、神宮球場と同様)。

現状、バックネット裏のフェンスがコンクリート打ちっぱなしの白いままや、
ダッグアウトのホームベース寄り(監督が陣取る位置)から
ポール際が見えないなど改善を要する点はありますが、
スタートしてから修正するのが韓国流なので、
今後、改善されていくことでしょう。
クァンジュ




2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



まずは告知です。

3月12日(水)16時から、沖縄・RBCiラジオの
スポーツフォーカル」に電話でおじゃまします。

番組のパーソナリティは、昨年2月に1ヶ月間、
生配信番組「キャンプる~News7」でご一緒させてもらって以来、
公私ともに楽しく過ごさせてもらっている、漢那邦洋さんです。

韓国球界などについてお話する予定なので、
沖縄のみなさんはじめ、ご都合よろしければお聞きください。
沖縄はラジオが元気なのでいいですね~。

沖縄では今年も韓国の6球団が春季キャンプを行ったこともあり、
当方、2月は丸々沖縄にいたわけですが、
沖縄はキャンプ以外にも、
将来、アジア、世界の野球をより一層広げる上で、
重要な役割を果たすのではないかと思っています。
沖縄空

さて、3月11日ですね。

今回、改めて何かを記すということはないのですが、
節目ということで、もしよろしければ、下記をご覧ください。

室井昌也 =できることをこれからもずっと=
時間がある時は、縁ある岩手県へ災害ボランティアに行っています

今週、昨年も参加させてもらった、北上市社会福祉協議会さんから、
ボランティアバスの活動報告書が届きました。
北上ボラ
今年もお世話になると思います。

さてさて表題の件。
例年同様、この時期は、
「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑」制作の日々ですが、
ずっと募集してきた「選手いち押しコメント」、
一応、今週末を区切りに募集を締め切ろうかと思っております。

韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2014 選手いち押しコメント募集

募集ページには、
「締め切りは2014年1月末頃を予定」と書いていましたが、
その後も募集はオッケーな状態になっています。

集計詳細を確認していないのですが、
今年もたくさんのご投稿、誠にありがとうございます。

まだまだ掲載のチャンスがあるかと思いますので、
よろしければどうぞ。

以上、あまくま書き連ねた告知などでした。




2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



気がつけば3月。

当方、沖縄と宮崎、30日間のキャンプ取材の日々が終わりました。

日本8球団のキャンプ地(楽天、日本ハム、巨人、阪神、広島、中日、DeNA、ヤクルト)と、
韓国7球団のキャンプ地(サムソン、トゥサン、LG、ネクセン、SK、KIA、ハンファ)の計15球団を訪れ、
練習試合を取材した千葉ロッテを含めると、16球団の選手たちを見たことになります。

上記の他、たくさんの球団が沖縄、九州に集まっていたというのは、
ものすごいことですね。

さて、ここで韓国の一軍全9球団中、今年、唯一監督が代わったトゥサンの首脳陣から、
NPB出身の方々をご紹介しましょう。

監督は昨年、ファームの監督を務めていた、
石山一秀(登録名:ソン・イルス)さん(元近鉄、楽天プロスカウト)。
トゥサン、キム・ジンウク監督解任、石山一秀二軍監督が昇格(2013年11月28日のブログ)
石山監督

石山監督には2014年版観戦ガイド用のインタビューにご協力いただき、
読者の方へのプレゼントを多数頂戴しました。ありがとうございます!

投手コーチは同じく昨年ファームを担当していた、
香田勲男さん(元巨人、近鉄)。ブルペン担当の予定です。
香田コーチ

近鉄LOVEな方は今年トゥサンを応援してはいかがでしょう?

ヘッドコーチはトゥサンで長きに渡りコーチを務め、
昨季は一軍打撃コーチを担当していた、
吉本博(登録名:ソン・ジェバク)さん(元西武、大洋)。
吉本ヘッド

トレーニングコーチには昨季まで阪神でトレーニングコーチを務めていた、
続木敏之さん(元阪神)が就任しました。
続木コーチ

さてさて、以下は前回のブログ以降の取材記事、写真の一部です。
(いずれも沖縄ベースボールEXPO2014)

【サムスン】巨人戦先発は韓国代表左腕

【LG】主役、わき役ともに活躍。躍進を期待させる勝利

【LG】「韓国産ミゲル・カブレラ?」一打に賭ける

【ネクセン】DeNA戦先発は左腕のクム・ミンチョル

【ネクセン】DeNA相手に17点挙げ大勝

【SK】先発のユン・ヒサン、安定感ある投球

ajinomoto0226
2月26日のハンファとの練習試合で、
「アミノバイタル殊勲選手賞」を受賞したユン・ヒサン投手(SK)

【KIA】広島・大瀬良に対し「カットボールが良かった」

【ハンファ】新外国人投手のクレイ、初の実戦登板

【阪神】呉昇桓、初の対外試合は1回無失点

練習試合のスコア、戦評、コメント、写真
【●広2×5KIA】2/28(金)対 KIA(沖縄市)

【◯日6×3LG】2/27(木)対 LG(名護)

【●De6×17ネ】2/27(木)対 ネクセン(宜野湾)

【○巨5×3サ】2/25(火)対 サムスン(那覇)

【●阪3×6LG】2/25(火)対 LG(宜野座)

【●日3×6KIA】2/25(火)対 KIA(名護)


東京はまだまだ寒いです。韓国はもっと寒いことでしょう。
韓国では8日からオープン戦が始まりますが、
各選手のけがが心配ですね。

故障しないようにと気にしながらプレーすると、
バランスを崩してどこかを痛めてしまうケースもあるので、
難しいところです。
もちろんそんなことは、プロのみなさんは百も承知なので、
しっかりと準備されているのですが。

準備といえば、こちらは例年同様、本の準備やその他の作業の日々。
毎日、お日様の下にいた先月とはうって変わってデスクワークに没頭中です。





2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



↑このページのトップへ