月別アーカイブ / 2012年12月

2012年も大つごもりとなりました。

年内に終わらせたい仕事は、納まっていませんが、
一応、12月31日の午後で仕事納めとしようと思っています。

この時期いつもいつも思いますが、年末年始関係なく、
世の中のために働いている方々には、本当に頭が下がります。

さて、今年2012年は、韓国球界において、
2007年以来、久々の日本人選手がいない年でした。
(08年高津臣吾投手、09年~11年門倉健投手、10年岡本真或投手)

元々はいないのが当たり前だったのですが、
いざ、誰もいないとなると、特定の選手をじっくり見るという機会が減り、
ちょっぴり寂しさを感じる年ではありました。

そして、上記の3投手にとって、今年は節目の年でもありました。
BCリーグ新潟で監督兼選手を務めた高津投手は、
今季限りでの引退を発表。

門倉健投手は北海道の伊達聖ヶ丘病院硬式野球部に所属し、
当方も洞爺湖へおじゃましました。
「まだ投げ続ける」元巨人・門倉が都市対抗に出場 敗戦に流した涙…38歳の奮戦記(スポーツナビ)
門倉健投手が補強出場のJR北海道、都市対抗初戦敗退(2012年7月15日のブログ)

そして先日、現役引退を決めた旨のご連絡をいただきました。

岡本真或投手は今年1月に当方にて、引退記念トークライブを実施し、
岡本真或引退記念トークライブ大大盛況で終了(2012年1月21日のブログ)
7月には仙台・国分町に「うどん・もつ鍋也 真」をオープン。
新たな人生を歩み始めています。
うどん・もつ鍋也 真(ぐるなび宮城版)

先日、岡本さんからお電話をいただき、
「連絡をしないから室井さんが怒っていると人から聞いた」
という、岡本さんらしいニュアンスで連絡がありました。
(当然、怒るようなことは何もありませ~ん)

岡本さんのお店、年明けはランチは7日から、夜は4日からオープンとのことです。

一方、日本球界ではイ デホ選手がオリックス入りし、
韓国人助っ人打者として初のタイトル獲得となる打点王となり、
全試合4番として出場した誇り高き姿の、ほんの一部を、
近くで見ることができました。

残念ながら、ヤクルト・イム チャンヨン投手は右ひじ手術により、
マウンドでの姿を追うことはできませんでしたが、
次はメジャーを目指すとのこと。これからもその姿を見守りたいと思います。

韓国球界全体としては、右肩上がりの観客動員数が、
初の700万人を突破。
「韓国の野球場ってガラガラなんでしょ?」
  →いえいえ、韓国では今、プロ野球が大盛り上がりなんです!
  ~日本では伝えられていない、韓国プロ野球の現状について~(2012年5月15日公開)

以前から想像できなかったような盛り上がりを見ると、
実に感慨深いです。

個人的には昨年3月11日のできごとを忘れることなく、
何をすべきで、何ができるかを引き続き考える年でした。
=できることをこれからもずっと= 
時間がある時は、縁ある岩手県へ災害ボランティアに行っています

そういえばスポーツ朝鮮でのコラムの300回突破、
日刊スポーツさんの携帯サイトでのコラムの200回突破も
今年でしたね。

来年2013年は韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑が10年目、
そして第3回のWBCなど、年の前半にドドドドッとあれこれありますが、
来年のことを言うと鬼が笑うというのでこの辺で。

なお、WBC代表メンバーの変更が27日に発表になっています。

 IN:ユン ヒサン投手(SK)、ソン アソプ外野手(ロッテ)
 OUT:キム ジンウ投手(キア)、チュ シンス外野手(インディアンス→レッズ)

これで変更は6人目。日本同様、メジャーリーガーはいなくなりました。

変更分も含めた選手一覧は下記に掲載中です。
2013 ワールド・ベースボール・クラシック 韓国選手一覧と概要

また来年3月に発売予定で、来年が10年目となる、
「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2013」の
選手名鑑部分に掲載する「選手いち押しコメント」を引き続き募集中です。
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2013 選手いち押しコメント募集!

今年も年末までバタバタしているようでありながら、
実は年賀状は25日までに全て投函し終えてたりして、
そこそこ計画的に進めています。
ということで、昨年年賀状を下さった方々、
ちゃんとストライク・ゾーンオリジナル(?)の年賀状が
元日に届くかと思います。

それではみなさま2012年も本当にありがとうございました。
どうぞよい年をお迎えください。

室井昌也




2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



年末ですね。
我が家はこどもと会話が出来るようになってから最初のクリスマス。
サンタさんは2歳児の願い通り、京王線のプラレールをプレゼントしてくれました。

さて、コラムなどでも記していますが、
最近の球界の動きを、以下に簡単に列挙します。

また来年3月に発売予定で、今回が10年目となる、
「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2013」の
選手名鑑部分に掲載する「選手いち押しコメント」を
今回も募集いたします。

韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2013 選手いち押しコメント募集!

お好きな選手や印象深い選手へのあなたのコメントを
20文字以内でお寄せください。
掲載された方の中から抽選で5名様に、
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2013を発売日までに
お届けいたします。

みなさんのひとことで10年目の本を
彩っていただけますと幸いです。
ご投稿お待ちしております。

● WBC韓国代表メンバー変更
韓国野球委員会(KBO)は21日、WBC代表メンバー3人の
変更を発表しました。

IN:チャ ウチャン投手(サムソン)、イ ヨンチャン投手(トゥサン)、
  ソ ジェウン投手(キア)

OUT:キム グァンヒョン投手(左肩リハビリのため)、ホン サンサム投手(右足首骨折)、
   リュ ヒョンジン投手(ドジャース入りのため)

変更分も含めた選手一覧は下記に掲載中です。
2013 ワールド・ベースボール・クラシック 韓国選手一覧と概要

これで韓国代表は、ポン ジュングン投手に続き、
キム グァンヒョン投手、リュ ヒョンジン投手の
左腕エース3人を欠くことになりました。

韓国は日本のように選手層が厚くないので、
投手陣は選手構成がだいぶ厳しくなってきました。

● イ ドゥファン選手(トゥサン-キア)逝去
大腿骨腫瘍により闘病生活が続いていたイ ドゥファン選手が、
21日午後亡くなりました。24歳でした。

イドゥファン選手
トゥサンの大砲の系譜を持つスラッガーでした。

当方、イ ドゥファン選手との接点はあまり多くはありませんが、
2011年2月の西都キャンプで話を伺いました。

ユン ソクミン選手と共に打力を生かして、
いかに一軍入りへアピールできるか?ということを聞きました。

最近では、選手などによる、彼を支えるチャリティ活動も
行われていたようですが、その願いも届かず、残念な知らせが届いてしまいました。

まだまだ若いのに、、、切ないです。


● リュ ヒョンジン投手、6年総額3,600万ドル(約29億7,000万円)で契約

● イム チャンヨン投手、カブスとマイナー契約。
現在、右ひじ手術後のリハビリを行っているイム チャンヨン投手は、
復帰後のメジャー入りを目指し、カブスと契約。
2014年にメジャーで年間通して活躍した場合、
2年間の総額が最大で500万ドル(約4億1,250万円)になるそうです。

米球界には明るくない当方ですが、両投手の渡米はとても楽しみです。

● 各球団新助っ人、春季キャンプ日程など徐々に出始める。

いずれも追ってまとめたいと思います。

現在の当方は、来年版の観戦ガイドの作成のみならず、
WBCに向けてのあれやこれや、
また、球春に向け、みなさんの野球ライフが充実しそうな
新たな取り組みを、各所と協力して進めています。

季節は冬ですが、野球シーズンに向けて、
朝も昼も、年末も年始もなく作業、活動の日々です。

ではではメリークリスマス!




2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18




韓国球界とは無関係のような表題ですが、もしよろしければ以下、お付き合いください。

ドラフト会議を前にメジャー挑戦を表明した大谷翔平投手(花巻東)。その大谷投手を日本ハムは1位指名し、これまで両者の交渉が続いてきましたが、交渉の末、大谷投手は日本ハム入りを決断し、9日、岩手県奥州市での記者会見で表明しました。

日本ハムは11月10日の大谷投手側との交渉で、「大谷翔平君 夢への道しるべ~日本スポーツにおける若年期海外進出の考察~」というA4サイズで20数枚の資料を用意。パワーポイントを用いて、自国でのキャリアがアメリカでの活躍にどう反映するか、プロ選手の活躍のピーク時期などを説明しました。

資料には「高卒即米国入りの韓国選手の現状」なども含まれていたのですが、それらの部分はご依頼により当方にて作成し、日本ハム側にお渡ししたものです。

大谷投手入団

そのデータの一部と説明は、先月掲載のスポーツナビさんのコラムに記していますので、よろしければどうぞ。
大谷翔平のメジャー挑戦を考える 日ハムが示した韓国の実例とは?(スポーツナビ)

実際作成した資料は上記コラムに掲載のもの以外に、メジャー挑戦した韓国人選手55人についてのものなどもあります。

資料作成の経緯ですが、数年前から面識があった、日本ハム・大渕隆スカウトディレクターからご相談があり、疑問点やポイントを整理した後、資料にまとめました。

ちなみに大渕さんから「韓国の状況はどうなんですか?」と最初に質問を受けたのは9月のことでした。
後に聞くと、その時点で大谷投手は1位指名候補ではあるものの、指名が決定はしていなかったそうです。あらゆる状況を考え、綿密に準備をされていたということですね。

ということで、憶測としてありそうな、「大谷投手との間に密約が?」というのは考えにくいように思います。
なお、作成した資料ですが、客観的データとし、特定の考えに導くことのないように配慮しました。実際、パク チャンホ投手やキム ビョンヒョン投手のように、アマチュアから即渡米して活躍した選手もいますので(ともに高卒ではないですが)、失敗例ばかりを並べたわけではありません。

意図的にネガティブな情報を並べたとしても、逆に「俺がその前例をくつがえすパイオニアになる!」と、決意を新たにする可能性もあるわけですから、何を基準に決断するかはご本人次第というところですよね。

上記のコラムには収まりませんでしたが、本件については、2000年、ロッテに指名されるも、高校生の時に渡米したチュ シンス選手(インディアンス)や、イ デホ選手(オリックス)の高校生時代に調査を担当していた、ロッテの元スカウトの方に、メジャー志向の韓国の高校生について話なども伺ったりもしました。

今後年末にかけて、今回の大谷投手の決断を検証する記事、企画なども増えるでしょう。その際、もしかしたら韓国の例を紹介する機会があるかもしれませんね。






2017-5


tunagu_cover_m.jpg

室井 昌也

論創社
2016-12





交通情報の女たち
室井 昌也
論創社
2014-11-18



↑このページのトップへ