niji_02.png

先日、あるメディアの人にこう尋ねられました。

「日本で韓国プロ野球が好きな人って、やっぱり在日の人が多いんですか?」

この「やっぱり」の根拠が僕にはわかりませんでした。

僕は在京岡山人2世ですが…

僕は父が岡山県、母が静岡県の出身。上京して出会った2人の間で、僕は東京で生まれ育ったので、「在京岡山・静岡人2世」です。長いのでここでは父方を採用して、「在京岡山人2世」とします。

僕が調べた限り、ウチは6代前まで岡山の同地で暮らし、先祖は学校の先生や警察官などお堅い職業の人が多かったようです。

ルーツは岡山にあるものの、岡山には子供の頃、盆と正月に帰るくらいだったので、僕は岡山の文化、風習はほとんど知らず、方言も喋れません。

ということで、「おやつはやっぱり、きびだんご?」とか「広島をライバル視してる?」と言われてもどれにも該当しません。かなり偏った質問だとは思いますが、岡山について詳しくないので気が利いたものが思いつきませんでした。

しかし僕とは違って、岡山特有の生活習慣が身についている在京岡山人2世の方も当然いらっしゃることでしょう。


つまり、親の出身地が生活や趣味趣向に反映されるかは人それぞれであると考えます。

在日コリアンも人それぞれ

僕には多くの在日韓国・朝鮮人(以下、在日コリアン)の友人、知人がいます。その大半が3世なので、おじいちゃんおばあちゃんの出身地が朝鮮半島ということだと思います。

彼らの中には法事(チェサ)や食文化など、祖父母から伝わったものを継承している人がいる一方で、日常生活に韓国っぽさが皆無、もしくは興味がない、中には韓国のことがあまり好きではないという人もいます。僕が韓国に関することをしているということで、わざわざ「そういえばウチはおばあちゃんが韓国の出身だった」と教えてくれた友人もいました。

祖父母の出身地がその人の考え方や行動に影響を与えるかどうかは、上記の親の出身地でも記したように個人差があるようです。

ちなみに僕の在日コリアンの知り合いで、日常的に韓国プロ野球をチェックしているという人は、球界に従事している人を除いてまったくいません。野球好きはいますが、それぞれ好きなNPBのチームを応援しています。

ひとくくりにしたくなるけど

韓国プロ野球に関するイベントに来て下さったファンの方で、「僕は在日(3世)です」とお話し下さった方もこれまで2、3人いらっしゃいました。とはいえ文頭の「やっぱり」につながる程ではないと感じています。

ではどんな人が日本で韓国プロ野球に興味を持っているかというと、ビッグデータを分析する限り、野球が好きであるということは明らかです。あ、ちっとも分析っぽくないですね。「ビッグデータ」って書いてみたかっただけです。

人は何かをひとくくりにするのが好きです。野球界でも「○○世代」や「××OB」とかを便利に使いがちで、僕も好んで使ってしまう方です。しかしくくったものが皆同じではないことを念頭に置くべきだと、今回改めて思いました。

「あなたは在×○○人(何世)ですか?」

自分がどのくらい○○人らしいかを考えると、ひとくくりにすることの無理やりさを感じる人も少なくないでしょう。

2003年から実施している「室井昌也と行く 韓国プロ野球観戦ツアー」。既にお申込み下さった方々ありがとうございます。個人旅行では味わえない体験いっぱいのこのツアー。今年は8月16日(金)~18日(日)まで、延泊プランは19日(月)までです。

ストライク・ゾーン 『室井昌也と行く 韓国プロ野球観戦ツアー2019』 今年で17年目!

ご参加者の体験記も掲載中です。

tour2019_07.jpg tour2019_05.jpg

tour2019_11.jpg tour2019_09.jpg

熱狂のプサン、今年誕生のボールパークのチャンウォン、そして美しいテグの3ケ所で観戦です。告知ページをご覧いただき、ご興味ありましたらご相談ください。ご質問などはサイトから旅行会社さんにお尋ねいただけます。

このツアー今年で17年目なのですが、ツアーがきっかけとなって、翌04年から「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑」を発刊しています。そう、書籍よりツアーが先なのです。

そこで今回、「きっかけ」について考えてみました。

韓国プロ野球に関する仕事を始めたきっかけなどは、以前、週刊ベースボールさんの誌面などでお話ししたことがあるのですが、

舞台裏の仕事人 室井昌也 韓国プロ野球の最新情報を発信する“伝え手”のしごと(週刊ベースボールONLINE)

今回は「韓国」に興味を持ったきっかけを改めて思い出してみました。

父の「嫌韓」が興味の入口!?

僕が小学生の頃、戦時中生まれの父は韓国をはじめとしたアジアの諸外国を見下すようなことを日常的に口にしていました。こちらは子供なので、父の話を受け売りにして、学校でも友達との会話の中で、それらの国々をバカにするようなことを言っていたように思います。

しかしある時、「なんで韓国のことを悪く言うのだろう?」と思い、日韓の近代史を調べるようになると、自然と韓国に興味を持つようになりました。韓国のことが「好き」というよりも、日本とのちょっとした違いを見つけることに面白さを感じていたように思います。韓国にプロ野球が始まったのもその頃、僕が小学4年生(1982年)の時です。

他者を尊重し受け入れる母の影響

のちに我が家は僕と母で2人暮らしをするようになります。母はというと同じ日本人でも父とは正反対で、何でも受け入れるタイプ。職場で知り合った韓国から出稼ぎに来た女性と仲良くなるなど、韓国に親近感をもつようになっていました。「アジュンマからキムパプ(のり巻き)もらった」などと言って、韓国文化にも関心を持ち始めました。

その後、母は会社の出張で時折韓国に行くようになり、今思うと、僕が韓国語を覚えようと思ったのは、母に貸してもらった高信太郎さん著の「まんがハングル入門」を手にしたのがきっかけでした。

僕が韓国プロ野球を生業にするようになったのは母が亡くなった後なので、母がもし、今の僕の仕事を知ったらびっくりするでしょうね。

理由なき嫌悪感と風潮

父には大人になってから、「なんで韓国やアジアの国々のことを悪く言っていたのか」聞きました。

すると父は、「これまで外国人の友達や同僚もいたことはないし、海外に行ったこともないので、直接何かをされたということはない。ただ自分が育った時代はそれが当たり前の風潮だった」と言います。

「嫌韓」(あまり使いたくない表現ですが)の父をきっかけに興味をもって、母によって広がっていった韓国との結びつき。そしていつの間にか韓国のプロ野球に関することを始め、もう20年近く経つというのも不思議なものです。

きっかけとは様々

「韓国プロ野球観戦ツアー」にご参加下さる方々のきっかけも様々です。「個人でも韓国に観戦に行く」という方もいれば、「ツアーが初の韓国」というケースもありました。またツアーをきっかけにハマって、リピーターになった方もいらっしゃいます。

今後、何かをきっかけに韓国プロ野球観戦ツアーにご興味お持ちいただけたら嬉しいです。

いつもご愛顧ありがとうございます。

先日の東京野球ブックフェアは多くの方に今年の観戦ガイド&選手名鑑へのご期待のお言葉をたくさんいただきました。ありがとうございます。

この度、今年で16年目になります本書の先行販売予約を、以下にて開始しました。お届けは4月下旬を予定しています。

→ 【先行発売予約】韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2019

確実に早くお手にされたいというかたはどうぞご検討ください。お待ちしております。

2019cover_m.jpg


また引き続き「いち推しコメント」も募集中です。
投稿フォーム


日々の試合結果やコラムなどは以下に掲載中です。
Yahoo!ニュース 個人 室井昌也「好奇心はアーチを架ける」








韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2018
室井 昌也 論創社 2018-5


tunagu_cover_m.jpg

野球愛は日韓をつなぐ
室井 昌也 論創社 2016-12
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑〈2016〉
ラジオのお仕事
ラジオのお仕事
室井昌也 勉誠出版 201510
交通情報の女たち
室井 昌也 論創社 201411


2004年から毎春発刊し今年が16年目になる「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2019」(韓国野球委員会、韓国プロ野球選手協会 承認。論創社刊)。いつもご愛顧ありがとうございます。
今回も選手名鑑欄に掲載する、読者の方からの『ファンのいち推し!』を募集いたします。

投稿フォーム

【掲載例】

20180214_m.jpg


毎年たくさんご応募いただいていますが、先々まで残る紙媒体として、選考の際にはかなり吟味させていただいています。そして投稿された選手が他の方と重なるなどで、掲載できないこともあり申し訳ありません!掲載出来なかったものの中でも素敵なコメントをたくさん頂戴しているので本当に悩みます。

抽選で本のプレゼントもあります。みなさまのご応募お待ちしております!

日々の試合結果やコラムなどは以下に掲載中です。
Yahoo!ニュース 個人 室井昌也「好奇心はアーチを架ける」








韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2018
室井 昌也 論創社 2018-5


tunagu_cover_m.jpg

野球愛は日韓をつなぐ
室井 昌也 論創社 2016-12
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑〈2016〉
ラジオのお仕事
ラジオのお仕事
室井昌也 勉誠出版 201510
交通情報の女たち
室井 昌也 論創社 201411


今週10日、2016、18年に続いて出店させてもらった「東京野球ブックフェア2019」。お越しくださったみなさん、開催にご尽力くださった方々、ありがとうございました。

3/10(日)「東京野球ブックフェア2019」に出店します!前回の様子も (3月7日のブログ)

20190313_03.jpg

写真を撮ってくれた仲間に「顔に露出が合ってない」と言ったら「(沖縄キャンプ焼けで)顔が黒いからだ」と言われました(笑)


記したいことは色々とありますが、ちょっとバタバタとしているので以下に思いつくまま簡単に列挙します。


・今回も準備から撤収まで約9時間立ちっぱなしでしたが、普段の取材でもそうなので立っているのは慣れっこです。たくさんの方々とお話しできて嬉しかったです!

・これまで同様に、多くの方に韓国各球団のユニフォームを着ていただきました。レプリカだけではなく、日本人コーチの方々の実使用ユニフォームに袖を通していただきました。

・昨年12月の後藤孝志コーチ(巨人)のイベントに後藤さんお目当てでご来場の方が、同イベントで当選した後藤さんのサイン入りキャップをかぶって来てくれました。ご縁がつながって嬉しいです!

・昨年に続いて来てくれた大学生。本を手にして著者プロフィールのページで二度見しているなぁと思ったら後輩とのこと!

・今年からKIAでプレーするウィーランド投手(元DeNA)をはじめ、NPB経験のある選手たちの近況トークに花が咲きました!

・ラジオをやっている時よりも終わってからの方が、「楽しみにしていたのに」という反応が多くてびっくりです!そういうご意見はぜひ放送局へ~

・夕方、ようやく他のお店に出向く時間ができましたが、お目当てのNPB審判本が完売とのことで残念。次回は早めに行かねば!

・「純パの会」の方々とお話ししているといつも心が躍ります!

・毎回、東京野球ブックフェアのご準備をしてくださっている方々、本当にありがとうございます。韓国のプロ野球に関心がある人向けのイベントは自らも行っていますが、幅広い野球ファンの方々とお会いできるこの集いはとても貴重です。改めて感謝申し上げます。

以下、ご参加くださった方々のツイートの一部です。これからもお目にかかってお話しする機会があると嬉しいです!











韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2018
室井 昌也 論創社 2018-5


tunagu_cover_m.jpg

野球愛は日韓をつなぐ
室井 昌也 論創社 2016-12
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑〈2016〉
ラジオのお仕事
ラジオのお仕事
室井昌也 勉誠出版 201510
交通情報の女たち
室井 昌也 論創社 201411

3月10日(日)に東京・御茶ノ水の御茶ノ水ソラシティプラザで行われる「東京野球ブックフェア2019」に出店します。東京野球ブックフェアへの出店は2016、18に続いて3回目です。

20190307_m.jpg
(写真:昨年の様子)

東京野球ブックフェア公式サイト #東京野球ブックフェア
韓国プロ野球に関する記事(Yahoo!ニュース 個人 室井昌也)

以下、昨年記したものとほぼ同じですが、東京野球ブックフェアは「野球の本のお祭り」でみなさんのブースが魅力的なのは当然のこと、その他こちらでの、おススメ(かどうかわかりませんが)のポイントをお知らせします。


1.入場無料です!

2.実使用を含む韓国プロ野球のユニフォームを多数用意しますので、着用して記念撮影が出来ます。何も買わなくても結構です。撮影は無料です!レッツ インスタ映え!

3.本の他にも、韓国の球団公式グッズ、台湾・ラミゴモンキーズの公式アパレルも多少お取り扱いします。

4.開店から閉店まで私、室井昌也ずっといます。何も買わなくても結構ですので、気軽にお話ししにきて下さい!

5.お求めの方には、約20年前の韓国プロ野球のトレーディングカードや釜山広域市のオリジナルグッズなど、おまけも多数ご用意します!

以下は昨年ご参加された方々の様子の一部です。








お越しのみなさんは好きなチームや好きな野球のジャンルなど、それぞれ野球の「好物」、「主食」があると思います。そんなみなさんが今回のイベントブースをきっかけに、韓国プロ野球を「たまのおやつの一つ」だったり、「ちょい足しおかずのもう一品」として加えていただけたら嬉しいです。


今回も多くの方々と触れ合える機会になればと思っています。


◇商品ラインアップ
<1>日本語書籍。
僕、室井昌也の著書(日本語)です
・『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』シリーズ、2004~18年までの全15種。
・韓国のスポーツ紙で11年間に記した約500本のコラムの中から97本を日本語化 『野球愛は日韓をつなぐ』
・文化放送ライオンズナイターの現場、斉藤一美アナウンサーの密着も掲載 『ラジオのお仕事』。
・編集を担当し2015年11月に発売した『台湾プロ野球<CPBL>観戦ガイド』。


<2>韓国プロ野球関連のグッズ、台湾・ラミゴモンキーズのグッズ

いずれも数に限りがありますので、品切れの際は申し訳ありません。


それでは日曜日、御茶ノ水で!







韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2018
室井 昌也 論創社 2018-5


tunagu_cover_m.jpg

野球愛は日韓をつなぐ
室井 昌也 論創社 2016-12
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑〈2016〉
ラジオのお仕事
ラジオのお仕事
室井昌也 勉誠出版 201510
交通情報の女たち
室井 昌也 論創社 201411

2週間ほど前になりますが、12月22日にdues新宿で行いました、トークイベント3本立てが無事盛況で終了いたしました。ご参加下さったみなさん、ご出演者、協力してくれた方々ありがとうございました。

簡単にその様子を3本目から1本目へと振り返ります。写真があまりないのでご参加者のツイートも含めて掲載します。

『ベアーズナイト!後藤孝志コーチとともに ~韓国プロ野球の今がわかるトークイベント~』

おかげ様で満席となり当日券の方は立ち見となりご不便をお掛けしました。

後藤コーチはいつも取材させていただいている時と同じように、言葉によって引き込む力がとても強いと感じました。

20190107_01.jpg

会場のみなさんだけに語られた巨人での今季に向けて、そして原辰徳監督との逸話はすごかったですね!あの話を聞いてから見る、今季の巨人戦は相当面白くなりそうです。

20190107_02.jpg

そして抽選会で後藤コーチの実使用ユニフォームなどを手にされた方、おめでとうございます!後藤コーチはサイン会・撮影会もお付き合いくださいました。ありがとうございました!




『ビギナー大歓迎!ゼロからわかる韓国プロ野球 ~野球女子と一緒に魅惑の世界を知ろう!~』

選手出身者などではない女性お2人(半田あいさん、名久井梨香さん)と一緒にイベントを行うという、僕としては珍しい試みだったこのイベント。みなさんにたくさんの写真、映像をご覧いただき、韓国プロ野球に触れたことがないという方からは「とても新鮮だった」というご感想を頂戴しました。

20190107_03.jpg

20190107_04.jpg


そして半田あいさん、名久井梨香さんのおかげでとっても和やかでいい雰囲気を作ることができました。

20190107_05.jpg

みなさんに楽しんでいただき、僕自身も楽しかったので、このコンテンツ、他でもお誘いがあったらやってみたいです。



『交通情報の女です。 ~ラジオでよく聴くあの声の舞台裏は?~』

ご来場のみなさんの「楽しもう!」という雰囲気がステージ上に強く伝わってきました。普段、ラジオをお聴きの方々だからでしょうか、次に起きそうなことを想像しながら聴いて笑ってくださる反応の良さにビックリしました。これまで行ったトークイベントの中でもかなり上位の心地よい空気感だったように思います。

20190107_06.jpg


ゲストの白井京子さんは毒蝮三太夫さん譲りのコントロールで盛り上げてくれました。

阿南京子さんがご登場し、即興で交通情報をやってくださった時、みなさんがうっとりした顔で聞いていたのがとても印象的でした。あの恍惚の表情は今後も忘れないと思います。

20190107_07.jpg

ダブル京子はチャーミングです!!


「交通情報~」のみジャンルが異なることもあり、3本すべてご覧になる方はいないと思っていましたが、3本目終了時に問いかけたところお一方いらっしゃり、トゥサンベアーズの30cm大のマスコット人形をプレゼントさせていただきました。丸1日の新宿滞在、約6時間を僕と時間を共有してくださり感無量です。心から感謝申し上げます。

トークイベントは今後も行っていきたいと考えています。ありがとうございました。

そして2016年12月、17年1月に行った「レオ党ノスタルジア」。
なかなか適した会場がなく昨年は実施できなかったのですが、やる意志はありますので引き続き、実現に向けて動きます!


【お知らせ】
・昨年末から各分野の専門家や有識者が個人として意見や提案を寄稿する「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーを務めています。これまで集約できていなかった球界の情報や、日本語で記す機会がなかった記事などを掲載しています。これまで非常に多くの方々にお読みいただいているようです。ありがとうございます。ご興味ありましたら。

室井昌也の記事一覧 - 個人 - Yahoo!ニュース(好奇心はアーチを架ける)

「テーマのフォロー」をするとスマホ使用時にYahoo! JAPANアプリやYahoo!ニュースのトップで記事がまとめて見られるみたいです。


フォローについて(Yahoo! JAPAN)

室井昌也の関連情報 - フォロー(Yahoo! JAPAN)







韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2018
室井 昌也 論創社 2018-5


tunagu_cover_m.jpg

野球愛は日韓をつなぐ
室井 昌也 論創社 2016-12
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑〈2016〉
ラジオのお仕事
ラジオのお仕事
室井昌也 勉誠出版 201510
交通情報の女たち
室井 昌也 論創社 201411

↑このページのトップへ