muroi20200828_01.jpg


志村高校閉校後に開校した特別支援学校の志村学園(写真:ストライク・ゾーン)


強い日差しを浴びながら歩いていると、ふと若き日の夏を思い出すことはないだろうか。例えば、小学生の時にセミ取りに行った時のこと、高校時代に歩いた通学路……。

ある都立高校を卒業した者たちの脳裏に浮かぶ光景は、大通りから正門まで延々と続く、急な坂道だ。ところが30年以上もの時を経て、その坂道の記憶に事実とは異なる点があることが分かった(全3回)。
[文・取材=室井昌也(韓国プロ野球の伝え手)]

⇒ 中編(2020/08/19)
⇒ 前編(2020/08/14)

間違った名が伝わった時期が明らかに
前編では東京都立志村高校の卒業生にとって通学に欠かせない坂道が、本来の名称の「伝兵衛坂(でんべいざか)」ではなく、「源平坂(げんぺいざか)」と伝わっていることを紹介。1972年に同校を卒業し、テレビ朝日系の人気長寿番組「タモリ倶楽部」でもおなじみのイラストレーター・安齋肇さんも正式名称を知らなかった。

中編には安齋さんの11年先輩にあたる俳優の寺田農さん(77)が登場。寺田さんは坂の名自体を知らなかったが、同校に34年間勤めた寺田さんの恩師は「あの坂は源平坂。誰も伝兵衛坂とは言っていなかった」と話した。

では、いつから校内に「源平坂」という名が浸透していったのか。卒業生からさらに聞き取りを行った。



 
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2020
室井 昌也 論創社 2020-5
 
野球愛は日韓をつなぐ―日本人が韓国紙に書いた取材コラム
室井 昌也 論創社 2016-12
ラジオのお仕事
室井 昌也 勉誠出版 2015-10
 
交通情報の女たち
室井 昌也 論創社 2014-11



muroi20200815_01.jpg

母校の思い出を語る寺田農さん(写真:笠原 良)


強い日差しを浴びながら歩いていると、ふと若き日の夏を思い出すことはないだろうか。例えば、小学生の時にセミ取りに行った時のこと、高校時代に歩いた通学路……。

ある都立高校を卒業した者たちの脳裏に浮かぶ光景は、大通りから正門まで延々と続く、急な坂道だ。ところが30年以上もの時を経て、その坂道の記憶に事実とは異なる点があることが分かった(全3回)。
[文・取材=室井昌也(韓国プロ野球の伝え手)]

⇒ 前編(2020/08/14)

憧れの人に聞きに行く
前編では東京都立志村高校の卒業生にとって通学に欠かせない坂道が、本来の名称の「伝兵衛坂(でんべいざか)」ではなく、「源平坂(げんぺいざか)」と伝わっていることを紹介した。1972年に同校を卒業し、テレビ朝日系の人気長寿番組「タモリ倶楽部」でもおなじみのイラストレーター・安齋肇さんも正式名称を知らなかった。これは脈々と続く「空耳」なのか。安齋さんより上の世代ではどうだったのか。証言のバトンをつないでもらうことにした。

「寺田さんは憧れの存在ですよ。僕らが高校生の時からテレビの青春ドラマに出ていましたから」

安齋さんが話す「寺田さん」とは、11年上の先輩にあたる、志村高校4期生の俳優・寺田農さん(77)だ。洋画家・寺田政明さんの長男として、「池袋モンパルナス」と呼ばれたアトリエ村で生まれ育った。その寺田さんに高校時代の思い出、坂の記憶を東京・池袋で聞いた。

 続きを読む (URL変更。2020/9/18)



 
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2020
室井 昌也 論創社 2020-5
 
野球愛は日韓をつなぐ―日本人が韓国紙に書いた取材コラム
室井 昌也 論創社 2016-12
ラジオのお仕事
室井 昌也 勉誠出版 2015-10
 
交通情報の女たち
室井 昌也 論創社 2014-11



t_01.jpg

(写真:笠原 良)

先日、高校の大先輩で俳優の寺田農さんにお会いし、インタビューをさせていただきました。
安齋肇さんにインタビューした前編は公開中です!

t_02.jpg

(写真:笠原 良)

僕は高校に3年間、嫌々通っていたのですが、卒業から29年後に魅力的な先輩にお会いして、当時のマイナスな印象が少しプラスへと変わりました。寺田さんに伺ったお話、学校の謎解きに関する記事は、中編として近日公開します。


 
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2020
室井 昌也 論創社 2020-5
 
野球愛は日韓をつなぐ―日本人が韓国紙に書いた取材コラム
室井 昌也 論創社 2016-12
ラジオのお仕事
室井 昌也 勉誠出版 2015-10
 
交通情報の女たち
室井 昌也 論創社 2014-11


muroi20200813_01.jpg

母校の坂道について話す、安齋肇さん(写真:笠原 良)


強い日差しを浴びながら歩いていると、ふと若き日の夏を思い出すことはないだろうか。例えば、小学生の時にセミ取りに行った時のこと、高校時代に歩いた通学路……。

ある都立高校を卒業した者たちの脳裏に浮かぶ光景は、大通りから正門まで延々と続く、急な坂道だ。ところが30年以上もの時を経て、その坂道の記憶に事実とは異なる点があることが分かった(全3回)。
[文・取材=室井昌也(韓国プロ野球の伝え手)]

思い出の坂の名前が違う!?
2020年3月、コメディアンの志村けんさんが亡くなった。
そのニュースに筆者は悲しみに暮れながら、かつて出身校を言うたびに耳にした言葉を思い出していた。

「志村けんの母校?」

その高校の名は東京都立志村高校。板橋区の地名を配した校名で、志村さんとは無縁だ。しかし「志村」と言えば「志村けん」。多くの人がそう連想するほど、志村さんの存在は大きかった。

一方の志村高校を象徴するもの、それは坂だった。同高校は、首都高速5号池袋線の高架橋を見下ろす高台に位置。全長170メートル、高低差16.7メートル、平均斜度7.5度の急坂を上らなければたどり着くことができない。生徒たちが呼んでいた、その坂の名は「源平坂(げんぺいざか)」だった。

→ 続きを読む (URL変更。2020/9/18)



 
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2020
室井 昌也 論創社 2020-5
 
野球愛は日韓をつなぐ―日本人が韓国紙に書いた取材コラム
室井 昌也 論創社 2016-12
ラジオのお仕事
室井 昌也 勉誠出版 2015-10
 
交通情報の女たち
室井 昌也 論創社 2014-11



a_01.jpg

(写真:笠原 良)


先日、高校の大先輩でイラストレーターの安齋肇さんにお会いし、インタビューをさせていただきました。
(追記)記事がアップされました!

a_03.jpg

(写真:笠原 良)

僕は高校に3年間、嫌々通っていたのですが、卒業から29年後に魅力的な先輩にお会いして、当時のマイナスな印象が少しプラスへと変わりました。安齋さんに伺ったお話などを掲載した学校の謎解きに関する記事は、全3回の予定で近日公開します。

安齋肇さんは9月13日まで、しもだて美術館(茨城県筑西市)で「安齋肇 えとえのえほん展~ハロルドコミックス危機一髪~」を開催中。最新キャラクター「ハロルドコミックス危機一髪」を中心にした新作絵画と立体作品を展示しています。みうらじゅんさん、宮藤官九郎さん、スチャダラパーさんとコラボした絵本や創作童話も集まったポップでキュートな展覧会です!

a_02.jpg

(写真:笠原 良)


 
韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2020
室井 昌也 論創社 2020-5
 
野球愛は日韓をつなぐ―日本人が韓国紙に書いた取材コラム
室井 昌也 論創社 2016-12
ラジオのお仕事
室井 昌也 勉誠出版 2015-10
 
交通情報の女たち
室井 昌也 論創社 2014-11



みなさん誰もがそれぞれのお立場で、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けていらっしゃるとお察しします。そして人々の生活の為に尽力されている方々、本当にありがとうございます。


そんな中ではありますが、2004年から毎年刊行し、今年が17年目となる僕の編著書、「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑」は例年同様ではありませんが制作中です。


guide2019_fb_m.jpg


(上は2019年版)


韓国プロ野球は開幕を当初予定の3月28日から延期し、来週4月21日に開幕日を決定、発表するとしています。それまでに韓国国内の感染者数が大きく増えず、また球界から感染者が出なければ、5月初旬開幕というのが濃厚です。


「観戦ガイド&選手名鑑」はこれまでと同じく4月中の刊行というのも可能でしたが、現状、再編成される公式戦の日程が発表されていないので、それを反映させるためには4月21日(予定)の発表を待つこととなります。


また日本は4月末から5月上旬にかけてゴールデンウイークとなり、印刷と本の流通がほぼお休みとなることから、本ができあがり、書店さんに並ぶには通常期よりも日数がかかります。ということで本の一般発売は5月下旬を予定しています。


今年は東京オリンピックが予定されていたので、五輪特集ページを8ページ追加作成していました。しかし延期になったためページ数は昨年と同じ176ページです。


僕自身、作ったページがなくなるのはしょうがないと考えているのですが、レイアウトして下さったデザイナーさんには、余計なお手間をかけてしまって申し訳ないなと思ってしまいました。当初発表になり、作成済みだった公式戦日程のページも同様です。


しかし毎回担当してくださるデザイナーさんはとてもいい方、かつプロ中のプロなので、「大丈夫です!」とおっしゃっています(その分の作業報酬は当然、出版社さんからデザイナーさんに支払われます)。そんなチーム(といってもごく少人数)で観戦ガイドを作っています。


韓国プロ野球は5月初旬に開幕したとしても、無観客で実施される見通しです。実際に本を手に現地でご観戦いただくのはしばらく先となりそうですね。ネット中継観戦のお供として、ご活用いただくことになるのかもしれません。


いま僕は、全10球団、約600選手の寸評を一人でこつこつと書いています。その姿を見て、家族は「今年も読むのが楽しみ」とか「待っている人たちがいるものね」と言ってくれます。


3月22日の「東京野球ブックフェア」が延期になり、その「待っている人たち」である読者の方々とお目にかかる機会は減ってしまいました。しかしこれまでにお会いしたみなさんのお顔や、かけて下さった言葉を思い浮かべながら作業を進めています。


現状、本作り優先でYahoo!ニュース個人の記事は間隔が空いていますが、日刊スポーツとスポーツ朝鮮は通常通り、コラムを書いていますのでよろしかったらご覧ください。


コラム一覧


また具体的な本の発売スケジュールなどが決まりましたら、ご案内いたします。


少しでも早く、穏やかな日々が戻ってくるといいですね!

2004年から毎春発刊し今年が17年目になる「韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2020」(編著者:室井昌也 承認:韓国野球委員会、韓国プロ野球選手協会 論創社刊)。いつもご愛顧ありがとうございます。
今回も選手名鑑欄に掲載する、読者の方からの『ファンのいち推し!』を募集いたします。

投稿フォーム

【掲載例】

20180214_m.jpg


例年とは異なり、オープン戦は中止、シーズン開幕戦は延期となって、まだ開幕日は決まっていません。


「観戦ガイド」と入力しようとすると、最初の2文字に最近繰り返し書いている同音異義語が表示されてしまうのが悲しいところですが、毎年同様に準備を進めています!


(関連記事:韓国もプロ野球の開幕延期を決定 無観客試合の検討も。新型コロナの影響で


さて、「ファンのいち推し!」。毎年たくさんご応募いただいていますが、先々まで残る紙媒体として、選考の際にはかなり吟味させていただいています。そして投稿された選手が他の方と重なるなどで、掲載できないこともあり申し訳ありません!掲載出来なかったものの中でも素敵なコメントをたくさん頂戴しているので本当に悩みます。

抽選で本のプレゼントもあります。みなさまのご応募お待ちしております!

日々の試合結果やコラムなどは以下に掲載中です。
Yahoo!ニュース 個人 室井昌也「好奇心はアーチを架ける」


   

2019cover_m.jpg


韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2019
室井 昌也 論創社 2019-5
tunagu_cover_m.jpg

野球愛は日韓をつなぐ
室井 昌也 論創社 2016-12


韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2018
室井 昌也 論創社 2018-5


ラジオのお仕事
ラジオのお仕事
室井昌也 勉誠出版 201510
交通情報の女たち
室井 昌也 論創社 201411




↑このページのトップへ