月別アーカイブ / 2017年12月

スタッフの櫻井です。

今夜、22:30よりテレビ東京系『ミライダネ』で、11月に行幸通り地下通路で開催したAI×ART『視線で花咲くアート展』の密着ドキュメンタリーが放送されます。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2460.JPG

視線の機微を作品にする過程やコンセプトなど様々な視点から掘り下げられています。

http://www.tv-tokyo.co.jp/miraidane/

【ネイキッドが手掛けるagnes. b青山店のクリスマスウィンドウ 12/25まで公開】
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2426.JPG
12月25日までアニエスベー青山店で、ネイキッドが手掛けたクリスマスのインスタレーションをご覧になれます。

「ランプシェードから漏れる光」を表現した作品『Turning Light Photophore by NAKED』が、アニエスベーからのメッセージ「belles fêtes!!」(素敵な冬の休日を!!)」とともに、アニエスベー青山店ショウウィンドウを温かく彩ります。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2427.JPG

アニエスベーは、村松亮太郎が30年近く愛用してきたブランド。デザイナーのアニエスベーとの初対面から1年後、初のコラボレーションが実現しました。

アニエスからのお題「ランプシェードから漏れる光」を元に、村松が子どもの頃、ランプから出る紐を揺らして遊んだ記憶を着想源に生まれた作品です。ランプのオブジェや映像が浮かんでいるように見える擬似ホログラムによって、柔らかい光の揺れを表現しました。

(スタッフ 櫻井)

詳しくはこちら
http://naked-inc.com/news/2081

スタッフの神崎です。


雑誌『Pen』が今年最も活躍したクリエイター10名を表彰する「Pen クリエイター・アワード 2017」を、村松亮太郎がクリエイティブ・ディレクターとして受賞しました。


121日に銀座 蔦屋書店で行われた受賞式では、agnès b. のセットアップで登壇。

24819159_919036334943938_1360869076_o.jpg


<村松よりコメント>

「このアワードが面白いところは、『クリエイター』という存在の解釈が本当に広いこと。様々な分野で活動している方たちが受賞されている中、こういった賞をいただけて嬉しく思います」。

24650908_919036344943937_2061035685_o.jpg


2018年の目標については、


「まず、これが『マッピング・アワード』じゃなくてよかった(笑)。ネイキッドの活動はプロジェクションマッピングのイメージが強いようですが、今年はレストランやライブエンターテイメントに取り組む中で固定されたイメージから抜け出せたのかな、と。


それと、実はですね、今日、高橋一生さんと10年ぶりの再開を果たしました。僕、元々は映画監督なんです。10年前に撮った映画で、一生さんには主演をやっていただきました。


今日の受賞者には一生さんや、監督の長谷井宏紀さんもおられて、僕もまた映画がやりたいなぁ、と(笑)。2018年も『僕は“マッピングおじさん”じゃないんだよ』と知ってもらう年にしたいですね」。


24726084_919036338277271_129941352_o.jpg
Pen121日発売号(1215日号)では、俳優の高橋一生氏、フォトグラファーのヨシダナギ氏、デザイナーの森永邦彦氏、詩人の最果タヒ氏ら、多彩な10組のクリエイターが選出されています。6ページにわたって村松が2017年の活動を振り返ります。


授賞式当日の模様はこちらhttps://youtu.be/fGwy-G7dWBg

↑このページのトップへ