スタッフの神崎です。


プラントハンター 西畠清順氏による、有名なニューヨーク・ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリーよりも大きな、世界一の高さ(*注)となる生木のクリスマスツリーを運び、神戸のメリケンパークに立てるプロジェクト「世界一のクリスマスツリーPROJECT」に、村松が光の演出で参加することが決定しました。

world-no1-tree_1114_fin.jpg
世界一のクリスマスツリー、会場に制作されるエアプランツトンネルにおいて光の演出を手がけます。


《村松よりコメント》

清順さんとは、今年の春に東京ミッドタウンで富士山をテーマにした屋外インスタレーション作品「江戸富士(えどふじ)」を共同制作した時から仲良くさせてもらっています。世界一のツリープロジェクトの構想を聞いたとき、そのひたむきな姿勢に心を打たれたので何らかの形でご一緒させていただきたいな、なんて思っていたところ、気付いたらすっかり巻き込まれていました(笑)彼の熱い思いが詰まったこのプロジェクトのテーマである「輝け、いのちの樹」を具現化するため、ツリーに宿る生命力や呼吸をテーマにした光の演出を行います。


(*注)世界一のクリスマスツリーとは、人工ではなく、人が届けた生木のクリスマスツリーとして根鉢を含めた鉢底から葉頂点までの植物体の全長が史上最大です。


詳しくはこちらhttp://www.soratree.jp/