通算80万人を動員してきたネイキッドの夜景体験イベント、今年はあべのハルカスと名古屋テレビ塔で、5周年の特別アニバーサリー企画を開催することが決定!

4b_BrMiN76.jpg


タワーや展望台は、観光スポットというだけてなく、街のシンボルとして地元の方に愛されてきた存在。「CITY LIGHT FANTASIA BY NAKED」はその街ならではの夜景や歴史を生かした演出をタワーの再価値化に繋げ、現在では冬の定番イベントとなりました。




今年は、子供の頃に夢見た未来都市、海、星の世界、近未来など、これまで表現してきた様々な作品世界を融合させた、過去5年間の集大成となる演出を行います。


窓に触れることで夜景の情景が変化したりなど、人の動きに反応して夜景が変化するインタラクション演出も新たに登場!


他にもライティングや香りなど様々な表現で、より没入感が増した演出と夜景が融合する体験を生み出します。


名古屋テレビ塔では10/27(土)から、あべのハルカスでは11/16(金)からスタート。





<開催概要>

名古屋テレビ塔

nagoya2018win-CLF_mv_0915_fin_logonashi_2400_60.jpg

日時:10/27(土)~2019/1/6(日)

時間: 

10/2712/31  18:0022:00 (最終入場 21:30)

2019/1/1(火・祝)~1/6(日)  18:0021:00 (最終入場 20:30)

料金:大人(高校生以上)1名1000円、小人(小・中学生)1名500円、小学生未満 無料



あべのハルカス

harukas2018win-CLF_mv_0924_2400_60.jpg

日時:11/16(金)~2019/3/31(日)

時間:

1116日(金)~19日(水) 17:30~21:40

110日(木)~26日(水)  18:00~21:40

27日(木)~331日(日)   18:30~21:40

イベント料金:展望台への入場料金のみ


(スタッフ 神崎)


大阪・ひらパー×ネイキッド、#インスタ映え菊人形展
10/27(
)から「ひらかたパーク」内・イベントホールⅡで、菊人形展と先進アートをコラボレーションさせた「新・菊人形展-DRESS-」を開催します。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4463.JPG



今回は海、風、空など「自然」モチーフのドレスを形作った菊人形と空間演出を掛け合わせ、フォトジェニックな写真が撮れる展示になっています。


演出では、かつて昭和40年代に行われていた、舞台上で場面がいくつも切り替わっていく舞台展開の手法「段返し」をデジタルで再現することに挑戦。

プロジェクションマッピングや造作美術を取り入れ、菊人形と周りの世界が連動した一つの劇場のような空間を作ります。


会場は時間によって昼と夜の情景が移り変わり、メインコンテンツでは月と太陽を表現したダイナミックなプロジェクションマッピングショーも。


イベント名:新・菊人形展-DRESS-

開催日時 2018¥/10/27(土)~11/25()

実施場所:ひらかたパーク内 イベントホール

実施時間:10:00(終了は閉園時間に準ずる)

イベント料金:観覧無料(入園料金のみでお楽しみいただけます)

公式サイト:https://bit.ly/2PFvl9S

10/16(火)発売「冬Walker首都圏版2019」、10/19(金)発売「冬ぴあ2018首都圏版」にネイキッドのイルミネーション特集が掲載されています。

IMG_1804.jpg

44111012_1882992398422437_6516379279763177472_n.jpg

電飾が中心の“鑑賞型”だったイルミネーションを、プロジェクションマッピングやインタラクションなどの技術を用いて来場者も参加できる“体験型”へと進化させたネイキッド。


今冬は、“体験型”からさらに進化した“没入型(イマーシブ)”のイルミネーション作品を全国
15箇所で発表。

IMG_1807.jpg

41702452_1728465530612256_4744831172834492416_n.jpg

映画制作が原点にあるネイキッドならではのストーリー性のある作品演出に加え、鑑賞者自身がバーチャルとリアルの境目を超えて物語に入っていくかのような体感の“没入型(イマーシブ) ”イルミネーションをお楽しみに。


全国のイルミネーション開催概要はこちらhttps://naked-inc.com/news/4018


Walkerの東海版、関西版でも、NAKEDのイルミネーション特集が掲載されています

※10/25(木)発売 冬ぴあの東海版、関西版にも掲載予定

(スタッフ 神崎)

↑このページのトップへ