都市型水族館「アクアパーク品川」のドルフィンパフォーマンスが、初夏「FLOWER AQUARIUM by NAKED」が開催中です。

 

村松は2016年冬から、アクアパーク品川にて季節に合わせた新しい演出を、コンセプトや音楽、演出を考え、スタッフの方々と共に水族館のエンターテイメントを実現してきました。
そこでは、イルカのトレーナーやスタッフの方々と念入りな打ち合わせを重ね、コンセプト、音楽、演出を含め、水族館の新しい体験そのものを生み出しています。

entrance_0425.jpg


今季の「FLOWER AQUARIUM by NAKED」演出のテーマは「花」。
美しい花々、森、風、空、そして、海 。 美”の象徴や比喩としても用いられる「花」を中心に、生命の美しさを表現していくパフォーマンスを実現しました。

初めての取り組みとして、音響は12.1chデジタルマトリックスサウンドを採用し、照明はムービングライトと水中LED照明でダイナミックな表現を実現。

さらにはスモークマシンの導入により、プロジェクションマッピングと照明演出による演出の新たな境地を目指しました。

dolphin_fin.jpg


(スタッフ 櫻井)


<FLOWER AQUARIUM by NAKED 詳細>
・会場:アクアパーク品川
・期間:2017 年 4 ⽉月22 日(⼟)〜~7 ⽉2 ⽇(⽇)
http://www.aqua-park.jp/aqua/floweraquarium/index.html#/boards/flower



西武鉄道 所沢駅構内にある「とこてらす」ではプロジクションマッピングで遊べる花火大会を開催中。
 
自分の動きに反応して打ち上がる花火で、一足早くお祭り気分を楽しめます。
 
DSC00025.JPG


万華鏡のようにキラキラと輝くこの花火は、ネイキッドのアートコレクション「FIREWORKS by NAKED」。他にも、東京タワーや名古屋港など全国で展開している花火のアートです。
 
「FIREWORKS by NAKED」は夏なら「貝」を、冬なら「結晶」をモチーフにするなど、季節ごとにテーマを決め、クリエイターそれぞれがオリジナルの花火をデザイン。色や形、動きの様々な花火を生み出しています。
 


sLxuTaPMhA.jpg

(夏の「FIREWORKS by NAKED」デザイン)



Prs4HvL_yt.jpg

(冬の「FIREWORKS by NAKED」デザイン)


今回所沢駅でも春の風物詩である「桜」の花火をマッピング。「FLOWERS by NAKED」の桜のアート「桜彩(おうさい)」の展示と併せてお楽しみください。
 
さらに、同じ西武鉄道の西武秩父駅に今月24日オープンする「西武秩父駅前温泉 祭りの湯」も日本の“祭り”がコンセプトとなっており、夏に向け、西武鉄道の盛り上げています。
 
4月23日(日) 18:00~21:00まで開催「FIRE WORKS by NAKED in TOKOROZAWA Sta.」:http://matsurinoyu-cp.com


東京ミッドタウン・芝生広場にて公開中のプラントハンター西畠清順氏が手がけた富士山のモニュメント(高さ6m、横幅23m)、「江戸富士(EDO-FUJI)」にて屋外インスタレーションのプロジェクションマッピング「aeru」(16日まで)のメイキングムービーをご紹介します。内覧会限定で公開された染五郎さんとのコラボレーションの様子も収録しています。

<内覧会での村松コメント>
「富士山に日本人が持っている意味性とは何かを考えながら制作に取り組みました。ミッドタウンにそびえ立つ"江戸富士"を見てそれぞれの富士山を感じてもらえたら嬉しい。また、今回のチャレンジとして土に映像を投影するなかでの映像調整が難しく色合いには苦労しました。」


歌舞伎舞踊:市川染五郎  協力:松竹株式会社

(スタッフ 白木)

↑このページのトップへ