スタッフの神崎です。

マンガ×現代のアートで、新たなマンガ表現の楽しみ方を日本から世界に発信するプロジェクト『マンガ マッピン!』がスタートします。
『マンガ マッピン!』プロジェクトは、「マンガの世界が現実に現れたら」という村松の着想を元に、日本を代表する作家を生み出してきたコルク代表 佐渡島庸平氏との出会いによって生まれました。

クリエイティブ、出版、音楽の分野でそれぞれ新しい潮流を創ってきたネイキッド、コルク、エイベックスがマンガ表現を通して、現代的なアートのあり方を模索します。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5895.JPG
このプロジェクトでは、平面からなるマンガ表現を立体で体感するアートを定期的に発表していきます。日本から生まれた表現であり、世界中の人々とノンバーバルなコミュニケーションが可能となる「マンガ表現」のアートを、国内だけでなく、欧米、アジアなどの世界各地で展開予定です。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5894.JPG
また、アーティストライブでの『マンガ マッピン!』とのコラボ演出、新人作家とミュージシャンによるマンガ表現開発など、マンガ家だけでなく、ミュージシャンをはじめとする様々なクリエイターとのコラボレーションも予定しています。

空間、web、SNSなど、リアルとwebを超えた「場」から生まれる、マンガ表現の新たな姿にご期待ください。

詳しくはこちら→http://naked-inc.com/comic/

※第一弾の作品発表の詳細は11月上旬に別途発表予定です。

スタッフの櫻井です。

ネイキッドが、先斗町歌舞練場(京都市中京区)で11月12日に開催される、最新ICT技術を用いてリアルとバーチャルを融合させた世界初の歌舞伎、虚実共演伝送舞踊「京結夢現連獅子」(みやこむすびゆめのれんじし)の制作・映像演出にご協力します。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1809.JPG

日本電信電話株式会社(以下、NTT)と松竹株式会社が進める新たな歌舞伎鑑賞の提案をめざした共同実験の一環である本企画には、12月の「吉例顔見世興行」で襲名披露を行う八代目中村芝翫も出演します。宮川町歌舞練場(京都市東山区)で四代目中村橋之助、三代目中村福之助、四代目中村歌之助が演じる映像を、NTTの技術を用いて1.5km離れた先斗町歌舞練場へとリアルタイムに伝送し、先斗町歌舞練場で連獅子(素踊り)を演じる八代目中村芝翫とのバーチャルな共演を行います。リアルとバーチャルが融合した、夢と現実の境界線が溶け合う新体感の舞台を体感いただけます。

素踊りという、身体一つの踊りが生み出す『連獅子』の世界。ここに、ネイキッドによる映像演出を組み合わせ、文殊菩薩の霊山清涼山にかかる石橋をはじめとし、花開く牡丹や戯れる小獅子など、錦絵のように鮮やかな世界が表現されます。

本企画は、京都市による「京都・和の文化体験の日」における「吉例顔見世興行連携イベント『はじめまして 歌舞伎』」内のプログラム。若者が「和の文化」に触れ,伝統産業に親しむ機会の提供を目的としています。

主催 日本電信電話株式会社 松竹株式会社
共催 京都市
協力 西日本電信電話株式会社京都支店 株式会社ネイキッド

京都・和の文化体験の日「吉例顔見世興行連携イベント『はじめまして 歌舞伎』」応募方法は以下よりご確認ください
(京都市ホームページ)

京都市:京都・和の文化体験の日
www.city.kyoto.lg.jp

↑このページのトップへ