稽古している毎日。
始まると楽しいのだが走る前には覚悟が必要。ノンストップラブコメ。キュンとするところもあれば笑えちゃう所もたくさん。けれどその為には今は苦しみながら走って走って答えを探しているとき。もがきにもがけば、美味しい味が出てくることを知っている。そうしてこの作品が完成していくところが見れたら最高だ。お客さんには単純に楽しんでいただけるという事が一番の幸せなのです。
やはり少人数のお芝居は逃げ場所がないからとてつもない闘いになるんだという事を改めて感じた。しんどい…けど、楽しいんだよなぁ。なんだろうこれ。私はマゾなのか?うーん。わからぬ。
とりあえず最終的にはお芝居が楽しいということには変わりないのです。そして今回の作品は面白いという光がさんさんと輝いているのが見えるから、楽しくやれるということもあります。
まだまだこれから、更にブラッシュアップしていきます。