illust_67303458_20180216_131848.jpg

illust_67303458_20180216_131850.jpg

illust_67303458_20180216_131852.jpg

illust_67303458_20180216_131854.jpg

illust_67303458_20180216_131908.jpg


いずれ描こうと思っていました
昨年の初盆の時の話です。

まさかそんな偶然があるんやねぇ!と
親族一同大変盛り上がりました

気持ちを伝えられるだけでも充分有難い偶然なのに
まさかそんなことまでして下さるとはと、
いとこちゃんもめっちゃびっくりして感動したと言っていました
私たちもめっちゃびっくりして感動しました


たまごには
「悦子おばあちゃんありがとうございました。また生まれ変わってもお会いしたい」と
書いてくださっています。
1494648784895.jpg
氷川さんはファンをものすごい大事にしてはるで有名らしいと
親戚のおばちゃんから聞きましたが、
このような粋なお心遣いからそれは垣間見えました。

お葬式ほどではないけど、
初盆でもやはり寂しさを拭えず
仕方ないねぇ仕方ないねぇと言いながら過ごすあの時間。
そんな中でこんな素敵な心の明るくなる
出来事を作って下さって
氷川さんは、やさしい方なのだなぁと
私は心から思いました。

氷川さん、本当にありがとうございました
氷川さんのおかげで親族一同
ずいぶん心が明るくなりました。

祖母に代わり
親族皆で陰ながら応援して参ります



そして実はこのお話は
私のおばあちゃんエッセイのおまけのお話でございまして、電子書籍のお知らせのためにおまけをツイートさせて頂いた所、
思わぬ反響を頂いたという流れがございます。
もしご興味がございましたら
電子書籍おばあちゃんエッセイ「私はいつか今日のことを思い出す」を読んでいただけたらとても嬉しいです

昨年3月に亡くなったおばあちゃんのお話をその時に書いた日記エッセイをまとめたものになります。全199ページ、描き下ろしとフルカラーのおまけがあります。
ズンドコなお通夜、半次郎な出棺…こんなに笑いのあるお葬式は初めてでした
そんなエッセイです。
配信は新たに更新されたブログにてお知らせしております。
ぜひ、読んで頂きたい一作ですので
何卒よろしくお願い申し上げます